2022年1月6日 更新

【京都】路地奥にオープンしたレトロだけど新しい大衆焼肉店「萬正(まんせい)」

三条御池を少し下がった路地奥にオープンした大衆焼肉店「萬正(まんせい)」。使い勝手のいい焼肉・ホルモン屋さん、ご紹介します!

レトロ感ただよう大衆焼肉店

 (216964)

木屋町御池を下がり、路地の奥に注目の焼肉店がオープン。
地下鉄京都市役所前や京阪三条駅から徒歩5分ほどの好立地。
 (216965)

目当てのお店はこの奥。和食屋さん、割烹など、落ち着いたお店が多いエリアですね。
風情ただよいますね。
豆水楼や河久といった名店が並びます。
 (216966)

お店の名前は、「焼肉ホルモン 萬正(まんせい)」

オープンは2021年1月6日。プレオープンの様子をお届けします。
新店なのに外観から漂うレトロ感。これぞ、下町の大衆焼肉、ホルモン屋さんの雰囲気。
 (216983)

店内もレトロ感まんさい。
真っ赤なテーブルに、壁の手書きメニュー、提灯など。新店とは思えないどこか懐かしい雰囲気です。
 (216967)

メニューはこちら。
大衆焼肉なのでホルモン、赤身がメインで、生ものもあり。
ごはんものは、ビビンバ、クッパ、玉子かけごはんなど。

生肉、ホルモン、赤身を堪能!

 (216969)

まずは、店長おすすめの炙りユッケ。
炙られたお肉の上に、濃厚な黄身。もう眉唾もののビジュアルです。
 (216970)

黄身を崩して、お肉とタレを絡めて食べれると至福のとき。黄身とお肉の味が濃厚。
その美味しさに、ついおかわりしそうになりました笑
 (216972)

すこし珍しい、ツラミの刺身。ツラミとはホホ肉のことで京都ではよく天肉と言いますね。
 (216973)

ねぎを巻いて、生姜しょうゆで頂きます。
他の部位にはない、独特の食感と旨味の濃さを感じます。
生姜とねぎが味を引き締めてくれます。
 (216968)

生肉を楽しんだので、つぎは焼肉を。
 (216974)

焼肉のスタートと言えば、タンですよね。
こちらは上タン。自家製のネギダレがめっちゃあいます。
 (216975)

お店の推しでもあるお得なホルモンと赤身のミックス。たっぷりのボリュームです。
 (216985)

萬正では、特製タレと出汁ベースの京都らしい洗いダレでお肉をいただくスタイルです。
部位とタレ、お好みの組み合わせを見つけてくださいね。
 (216976)

タレがすこし焦げて香ばしいかおりが広がります。換気もしっかりしているので、煙もくもくという感じではないです。
洗いダレにつけると割とあっさり。特製タレにつけるとガツンとくる美味しさ、ビールがすすみますよ。
 (216971)

箸休めにもアテにもなるナムル盛り合わせ。
 (216977)

こちらもオススメのホソの塩。いわゆる小腸ですね。
京都ではホソが人気の部位です。
 (216978)

ホソは脂分も多いので、このように火があがります。
びびらず、しっかりと余分は脂はやいちゃいましょう。
新鮮なので、臭みはなし、独特の旨味と食感を存分に味わえますよ。ホソはマストオーダーです。
 (216979)

ほっこりとする玉子スープで〆。

大衆的な焼肉・ホルモン屋さんって、なんだか入りにくい雰囲気ありますが、スタッフの方も若くてフレンドリー接客もいいので、ぜひ足を踏み入れてほしいです。
美味しく、楽しく、つかいやすい大衆焼肉屋さんになりそう。

店舗情報

店名:焼肉ホルモン 萬正(マンセイ)
住所:京都府京都市中京区上大阪町518
電話番号:075-254-8929
営業時間:17:00~23:00 (料理L.O. 22:20 ドリンクL.O. 22:40)
定休日:不定休
関連ページ:https://akr7077783465.owst.jp/
SNS:https://www.instagram.com/mansei_kyoto/
23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン

オススメの記事