2016年3月25日 更新

世界遺産・二条城激近!まるで映画のセットのような話題のスタンドカフェ「二条小屋」【二条城】

カフェマニアの間で話題のお店。昨年7月オープン。店舗の外観もさることならが、その立地場所も驚きのカフェ。

住宅街の通りの先には二条城

 (24789)

三条会商店街から住宅街に続く通りを北上。わりと閑静な場所。通りの突き当たりには世界遺産の二条城。そして、木製の看板。
 (24791)

ん?駐車場??
そして、その奥に「COFFEE」の文字発見。

これがウワサの「二条小屋」

 (24775)

正直な第一印象・・・ぼろッ!!(笑)
てか、これわざと?ねえ、わざと??まあ誰もがそんなことを感じるんじゃないでしょうか。
まるで、映画セットのような。なんで、こんなところにこの古民家がポツンと残ってしまったのか、そのいきさつのほうが気になります。

そして、人の気配もあまりないので店の周辺ウロウロして、一声かけてみると一応誰かいる様子(笑)
 (24776)

えっとーこれが入り口ですか(笑)まあ、大好きな昭和臭プンプンする建具ではあります。
もう、うれしい半笑い。

内装はスタンド式カウンター

 (24777)

 (24778)

もう完全に昭和です(笑)裸電球がいい雰囲気。
壁際に椅子というより物置目的の棚があり、コーヒーはこちらのスタンディングのバーカウンターで飲むというスタイル。そして、テイクアウトもできるとのこと。

お酒もあります!

 (24780)

裸電球の少し薄暗い雰囲気でピンボケに(笑)
お酒とちょっとしたフードもあるみたい。今回はやはりコーヒー。オススメのサントス深煎をいただくことに。

ひとつひとつ丁寧に。ペーパー式ハンドドリップ

 (24779)

お湯を沸かしてから、最適温度かどうか温度計で測りつつ湯冷ましをされてる様子。
 (24783)

そして、こんなふうにカウンターの目の前で淹れてくれます。
 (24785)

ここ!て時に、お冷にピントが合ってしまいました(汗)
平日の夕暮れ時はわりと狙い目で、このときは私ひとり。土日だとけっこうにぎわうみたいです。

奥にトイレもあり見せてもらいましたが、屋根は波板。便座は洋式。もしやポットン便所かと思いきや、安心(笑)そして、部屋のわきに火鉢。冬は3つ置いて暖をとるそうです。
なんでしょうね、この侘び寂び感・・・そうだ!コーヒー版の茶室だ!!古民家リノベーションでわりといい具合のすきま風の入る自然を感じるお店。火鉢談義を楽しくさせていただきました。ごちそうさまでした!

ヨ~イヤサ~♪

二条小屋 への口コミ

二条小屋 基本情報

■店舗名
二条小屋
■住所
京都府京都市中京区最上町382−3
■電話番号
090-6063-6216
■営業時間
11:00~20:00
■定休日
火曜日
■詳細ページ
https://www.facebook.com/nijokoya

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな