2022年7月15日 更新

京都初?! 生姜をコンセプトにしたハイセンスレストラン「by GINGER(バイ ジンジャー)」オープン!

三条西洞院にオープンした生姜をコンセプトにしたカフェレストラン「by GINGER(バイ ジンジャー)」。ランチからディナー、ドリンク、スイーツまで趣向を凝らした生姜料理が揃います。

三条西洞院にオープンしたジンジャー料理店

 (225802)

三条西洞院に注目のカフェレストランがオープン。その名も「by GINGER(バイ ジンジャー)」
そう、ジンジャー、生姜をコンセプトにしたお店なんです。
世界中で愛されている生姜ですが、メインコンセプトにしたレストランはありそうでなかったかも。おそらく京都初ではないかと。
 (225803)

店舗はビルの2階。
生姜をコンセプトにしたお店とは思えない、スタイリッシュな空間です。
テーブル席とカウンター席を完備。みんなでワイワイから、一人でカウンター席に座って、スタッフさんと生姜談義に華を咲かせるのもあり。
 (225804)

前菜には、大山どりを使った蒸し鶏生姜ソース添えをチョイス。

スチームコンベクションオーブンで仕上げる、いわゆる鶏ハムにたっぷりの特製生姜ソースを。
 (225805)

あっさりとジューシーな鶏むね肉に、優しい辛味と旨味の生姜ソースがベストマッチ。
よき前菜です。
きゅうりとの食感の違いもまたいいですね。
 (225807)

生姜と梅肉を使ったお肉巻き揚げ。
薬味には白ネギを。
 (225806)

サクサクの衣にお肉の旨味、生姜の優しい辛味、そして、梅肉のほどよい酸味があわさった、おかずにもアテにもなる1品。人気です。
 (225813)

生姜料理の代表格、ポークジンジャーです。

生姜をコンセプトにしたお店が作る、本気のポークジンジャー。
お肉と生姜の旨味をダイレクトに感じることができる逸品です。

マストオーダーですよ。
 (225812)

もちろん、生姜を使ったドリンクも。
やっぱりジンジャーエール。手作りです。
 (225808)

うれしい〆は、炊き込みごはん。
生姜をたっぷり使ったあっさり仕様。

ストウブでじっくりとごはんを炊き上げます。オーダーが入ってから、炊きますので早めに注文してくださいね。
 (225809)

ごはんを混ぜると、お米とお出汁、三つ葉、生姜の香りがあたりに広がり、食欲を刺激されます。
 (225810)

お茶碗にうつして頂きます。1.5合、お茶碗で4杯くらいです。2人でも食べきれる量です。

香り豊かであっさりとした最高の〆です。お腹いっぱいでも食べられます!
 (225811)

こちらのお店、実はきなこスイーツやパフェで一世風靡した吉祥菓寮の創業者が立ち上げたお店なんです。なので、スイーツ系も絶品。

こちらはミルフィーユタタン。それぞれの食感の違い、甘味と酸味などが重ねあわさった唯一無二のスイーツです。
甘いものが苦手な方にも、ぜひ食べて頂きたい一品です。

「え?生姜?」って思われるかもしれませんが、生姜の良さをうまく引き出し緩急つけたお料理の数々。ぜひ色んな方に伺ってほしいなと思います。

店舗情報

店名:by GINGER
住所:京都市中京区釜座町4-1 京都三条スクエアビル2F
電話番号:075-708-6123
営業時間:11:30~14:00 / 18:00~22:00
定休日:水曜日
関連ページ:http://www.byginger.jp/
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン

オススメの記事