2017年3月24日 更新

石清水八幡宮の麓で”濃い目”のカレー中華を頂く!「小谷食堂」

石清水八幡宮で有名な男山の真東の麓あたりにある「小谷食堂」でカレー中華のランチなり。

食堂の名物は「カレー中華」

 (75900)

お店の名前は「小谷食堂」なり。石清水八幡宮で有名な「男山」の真東の麓あたりにあります。

町の定食屋さんで、なぜだか「カレー中華」が大人気なお店。観察しているとお客さんは殆どそのカレー中華か、セットの定食ものを食べているのだ。ちゃりちゃりとやってきたら、我々と同じような本格自転車乗り一同や、ご近所の常連さん、石清水八幡宮帰りなのか叔母さん軍団ご一行などで結構盛況。
 (75901)

雰囲気は果てしなく町の定食屋さん~、ですな。小上りもありますが、そちらの席には予約札を並べていて、ランチ時はテーブル席に案内される模様です。
 (75902)

5年ぶりにメニュー確認。基本ほぼ変化なし!なのですが、玉子丼とカレー中華のセット¥1100が¥1000に値下げされていたこと! それにから揚げ定食¥900が追加されたこと!に気が付いたのだ。
今回のミッションは前回食べられなかった+¥200コストアップの「濃い目」に挑戦しようということに。注文を聞きに来てくれたおかあさんに「濃い目で!」とお願いすると「本当に濃いですよ、大丈夫ですか!」と念を押されたのだが、当然無問題。 わくわくと濃い目を待つ。
 (75903)

暫しの後登場した唐揚げ定食は\1100なり。嫁はカレー中華の濃い目単品なので写真割愛の¥900なので、値差¥200で唐揚げとサラダ、白ご飯がついてくるのはサービス良好なり。
 (75904)

すでにカレーだしではなくて、小麦粉しっかりの和風カレールーがかかっているという趣向。が、あくまでカツオ昆布だしの和風カレーなのだ。 京都で類似の濃度のカレーというと「日の出うどん」のカレーうどんがありますな。中華麺はやわやわの腰砕け麺なのですが、懐かしくもいい感じ。
 (75905)

ノーマル版写真と比較すると、これぐらいのさらっとさ加減。濃い目のほうもカマボコや青ネギ、豚バラ肉などが入っているのですが、沈んじゃうと視認出来なくなるほどのポッテリさ。
 (75906)

手羽元チューリップのから揚げもちゃんと旨し。濃い目の場合はキャベツごとカレー出しにばさっと投入するのも美味しいかも。
 (75907)

当然白ご飯付きなので、和風カレーライスとして〆るも良し!なのだ。 ま、あまりお安い!とは言えないのですが、ダシまでたべちゃうと本当におなか一杯になります。なんてことない普段使いのお店ですが、なんだか、我々の心の琴線に触れる味で。ご馳走様でした~。

小谷食堂 店舗情報

店名:小谷食堂
住所:京都府八幡市八幡山本2-1
営業時間:11:00~20:00
定休日:水曜日・第3木曜日
TEL:075-981-0221

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都ランチめぐり】創業60年余の昔懐かしい激渋大衆食堂でさっぱり冷麺☆力餅食堂「前田商店」

【京都ランチめぐり】創業60年余の昔懐かしい激渋大衆食堂でさっぱり冷麺☆力餅食堂「前田商店」

おおきに~豆はなどす☆今回は鞍馬口通りにある古いお店。創業60年余のうどんそば丼一式そろう大衆食堂。猛暑の中、ランチにさっぱり冷麺をいただきました。
【保存版】京都オススメの庶民派食堂!朝食豚汁名物店からコスパ最強定食店まで☆【厳選6店】

【保存版】京都オススメの庶民派食堂!朝食豚汁名物店からコスパ最強定食店まで☆【厳選6店】

おおきに~豆はなどす☆今回は京都の庶民派・町の食堂を集めました。朝から営業する豚汁名物店からコスパ最強定食の提供店まで。
【京都ランチめぐり】石清水八幡宮門前のテレビや雑誌でも紹介される名店!名物鯖寿司は必食☆「朝日屋」

【京都ランチめぐり】石清水八幡宮門前のテレビや雑誌でも紹介される名店!名物鯖寿司は必食☆「朝日屋」

京阪八幡市駅前にある創業100年以上の老舗。名物メニュー・鯖寿司はたびたびテレビや雑誌でも紹介されるほど。ランチで利用しました。
【京都ランチめぐり】山科駅前の昔ながらの人気大衆食堂!800円破格定食!!持ち帰り品も充実「千成餅食堂」

【京都ランチめぐり】山科駅前の昔ながらの人気大衆食堂!800円破格定食!!持ち帰り品も充実「千成餅食堂」

京都山科駅前にある、昔ながらの大衆食堂的風情のお店。気取らない雰囲気が人気で昼時ともなると、客でにぎわう。通し営業で食事時間を選ばずに利用できるのも魅力の一つ。CPよく、味も驚きの美味しさ。
京都三条エリアの愛され食堂|和洋、海鮮、麺類なんでもありのラインナップ!「京味菜 わたつね」

京都三条エリアの愛され食堂|和洋、海鮮、麺類なんでもありのラインナップ!「京味菜 わたつね」

三条柳馬場を少し上がったところにある、町の食堂「京味菜 わたつね」。安くて美味しいのはもちろん豊富なメニューと通し営業という使い勝手の良さで、評判のお店です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。