2016年4月27日 更新

【京風居酒屋】使い勝手良好!日本酒でしっぽり~、肴も美味しい激ウマ居酒屋5選

京都で割烹、懐石?それは予算に合わないよ~という方に、気軽に日本酒に合う美味しい肴が頂ける、カップル、少人数向けのほっこり居酒屋をご紹介!

アテ良し酒良し!日本酒好きの楽園 楽酒菜 まゆめ

 (29061)

新町通をのんびりと上がると三条通のすぐ下にある居酒屋。最寄駅は烏丸御池。

店内は、カウンターが8席、小上りのテーブル席が4×4、それ以外に個室(6人分ぐらい?)もある結構大き目の箱なのだ。こちらも非常に使いやすい1軒。
 (29063)

日本酒マニア 垂涎もののメニューには、両面でびっしり26種類以上がスタンばっている。

どちらかというと近畿圏(滋賀・京都・奈良など)が多めだが、こちらで一押ししているのは出雲の十旭日(島根)! 1合¥930という良心的且つわかりやすい料金体系も嬉しい。

で、本日はあまり呑んだことのないもの!と滋賀の喜楽長 純米吟醸生酒、石川の遊穂 無濾過純米吟醸生原酒、奈良の櫛羅(くじら)純米一回火入れ原酒と、日本酒好きなら堪らないラインナップ。
 (29065)

更に日本酒に合う肴が豊富で、魚も肉もバランスよく揃っているのが嬉しい。

頂いた、生秋刀魚の刺身。スダチの超薄切りスライスを挟んであり、種をとってそのままスダチと一緒に食べるのもなかなか乙な感じ。旨い~!とうっとり状態。
 (29067)

これはイイなぁと大感心した、牛しぐれ煮のピザで¥1000なり。青ネギスライスに甘辛く炊いた牛しぐれ煮、それにたっぷりなチーズを合わせたアテ系ピザだ。

ピッツアならナポリな方なら眉をひそめそうな明らかに冷凍生地(汗)なのだが、アテピザとすると非常にGOOD。何が旨い!と言っても、添えてある自家製ラー油が凄い。 多分干し貝柱など海鮮系な旨み満載の食べるラー油的なもので、それをちょっと甘い牛しぐれ煮とチーズたっぷりなこのピザに乗せると、もうたまりませんなぁ。。。。いやぁ、これには降参。

カウンターで1人でも良し、小上りで8人ぐらいでわいわいやるのもOKという非常~に使いやすそうな一軒。日本酒好きにお勧めしますです!

楽酒菜 まゆめ お店情報

店名:楽酒菜 まゆめ
住所:京都市中京区三条町327
営業時間:18:00~翌2:00
定休日:日曜日
TEL:075-241-9966

旨い魚料理に厳選日本酒! 夢処 漁師めし 雑魚や

 (29049)

内陸部の京都市内で、美味しい魚なんてあるのかよ!と言うあなたにこそ試してほしいお店「夢処 漁師めし 雑魚や」のご紹介。

四条烏丸からほど近く、ごらんのように風情のある京町家。カウンター席で2人でまったり、2階席でテーブルでわいわい、と使い勝手も良好なのだ。
60 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【保存版】京都ディープ酒場『四富会館』の個性派オススメ店!昭和レトロに酔いしれる☆【厳選4店】

【保存版】京都ディープ酒場『四富会館』の個性派オススメ店!昭和レトロに酔いしれる☆【厳選4店】

京都ディープ酒場としておなじみの四条富小路にある『四富会館』。昭和風情漂う空間に居酒屋が雑居するレトロスペース。その中でも個性派の人気オススメ店を集めました。
【京都酒場めぐり】祇園のど真ん中!知る人ぞ知る有名老舗居酒屋!!〆には名物とろろ鉄火めし☆「山口西店」

【京都酒場めぐり】祇園のど真ん中!知る人ぞ知る有名老舗居酒屋!!〆には名物とろろ鉄火めし☆「山口西店」

祇園でも一際華やかな界隈にある細い路地・豆六小路入った場所にある隠れ家的名店。祇園に詳しい人なら誰もが知ってる有名な老舗居酒屋。久々に行ってきました。
【京都酒場めぐり】有名料亭仕込みの本格割烹!絶品のアテにハズレなし「和食晴ル」

【京都酒場めぐり】有名料亭仕込みの本格割烹!絶品のアテにハズレなし「和食晴ル」

四条高倉にある、元理容店をリノベーションした昭和レトロな佇まいの割烹。使い込まれた感がいい味出してるカウンターテーブルには、京料理の名店・和久傳出身のご主人の間違いないアテが並ぶ。
【京都酒場めぐり】昼間から満員!クオリティの高さ抜群の人気立飲み店☆「柳小路TAKA」

【京都酒場めぐり】昼間から満員!クオリティの高さ抜群の人気立飲み店☆「柳小路TAKA」

京都イチの繁華街・四条河原町の北西、柳小路にある、昼から立ち飲みができるお店。クオリティ高い料理やレアな日本酒を提供することで、不動の人気店。
伏見・丹波橋駅周辺で貴重な居酒屋さん「囲酒家 赤おに」

伏見・丹波橋駅周辺で貴重な居酒屋さん「囲酒家 赤おに」

京阪丹波橋駅北口から徒歩1分圏内の居酒屋、赤おにのご紹介なり。特に駅前商店街など無い京阪丹波橋駅前で、数少ない晩御飯が食べられる一軒なのだ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。