2018年2月20日 更新

職人が握る寿司が食べ放題で3500円!まさに天国のような寿司店「大ちゃん」

京都・伏見にある日本酒のテーマパーク伏水酒蔵小路にオープンした本格寿司店「大ちゃん」。平日夜限定の目玉メニュー、寿司食べ放題(3500円)を堪能してきました!まさに天国のような寿司店でした!

神戸の人気寿司店が京都・伏見に

 (81451)

伏見区の伏見桃山にある日本酒好きのテーマぱーくのような集合施設「伏水酒蔵小路」にオープンした話題の寿司店「鮨大 立ち喰い部 大ちゃん」。前回は、大好評の平日限定の 寿司食べ放題3,500円(税別・ワンドリンク)を体験できなかったので、リベンジしてきました。60分一本勝負、単品メニューから好きなネタを好きなだけ食べることができる、この目玉メニュー率直に言って最高でした!
 (81452)

お店の雰囲気はこんな感じ。カウンターメインの寿司店で、目の前で若き職人が一貫ずつ丁寧に寿司を握ってくれます。伏水酒蔵小路にはエッジの効いたご飯屋さんが9軒連ねています。
 (81453)

にぎり寿司食べ放題は、2名様から3500円(税別・2名様以上・ワンドリンク・カウンターのみ)で平日の16時から21時までの受付(金曜は18時半までの受付)限定の夢のようなメニューです。
60分でラストオーダーですが、60分あれば十分すぎるほど、お寿司を堪能できます。食べ放題専用メニューがあるわけではなく、通常の単品メニューから好きなネタを注文できるという夢のような食べ放題です。なので中トロとウニのループも可能なわけです(笑) 
最初から好みネタをオーダーするのもいいのですが、職人さんに任せて一通り食べて、好きなネタをリピートオーダーするのをオススメします。

夢のような寿司食べ放題!

 (81454)

まずはイカから。ねっとりと甘味を感じます。
 (81455)

ヒラメはコリコリと。シャリは少し大きめですが、その分ネタも多くて食べ応えたっぷりです!
 (81456)

ホタテ、甘エビ、サーモン。いずれも安定の美味しさです。目の前で、職人さんがテンポよく寿司を握ってくれます。
 (81457)

中トロ、ぼたん海老、鯵。もちろん中トロのような高級ネタも食べ放題に含まれていて、再度オーダーすることもできます。割とフレンドリーな職人さんなので、トークも弾みます。
 (81458)

プチプチした食感のあとには、濃厚ないくらの旨味が口の中に広がります。
 (81460)

旨味が詰まったマグロと海老、カニ身とハマチは安定の美味しさ。美味しいのでまだまだいけます(笑)
 (81461)

ふわふわで身が柔らかな穴子とうなぎも絶品。アテにもいける柔らかく炊かれた穴子が特にオススメです。
 (81462)

高級ネタのウニは濃厚でとろけます。この日のウニは北海道厚岸産、そりゃ美味しいわけです。惜しみなく盛られたとぴっこもプチプチと美味しい。
 (81463)

コリコリと美味しいあわびもオーダーすることができます。売切れ御免の高級ネタです。
 (81464)

シャキシャキとした食感と独特の辛味が美味しいカイワレ大根と、自家製の玉は少し甘めの味わいです。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

本格寿司食べ放題が3500円!神戸の人気寿司店が京都・伏見に初出店!「鮨 大ちゃん」

本格寿司食べ放題が3500円!神戸の人気寿司店が京都・伏見に初出店!「鮨 大ちゃん」

京都・伏見区にある日本酒のテーマパーク伏水酒蔵小路に神戸の人気店「鮨 大ちゃん」がオープン!今回は楽しめませんでしたが、目玉は平日夜限定の職人が握る本格寿司の食べ放題です!
【京都の新名所】17蔵の利き酒はマスト!うまいもんと日本酒が揃う「伏水酒蔵小路」

【京都の新名所】17蔵の利き酒はマスト!うまいもんと日本酒が揃う「伏水酒蔵小路」

京都・伏見の新名所、日本酒と美味しいアテが揃う酒好きのテーマパーク「伏水酒蔵小路」。その魅力を存分にご紹介します!
京都 伏見の住宅街に佇む、若い大将が営む"攻める"寿司屋「志げる鮨」

京都 伏見の住宅街に佇む、若い大将が営む"攻める"寿司屋「志げる鮨」

京阪丹波橋駅からすぐ住宅街の一角に佇む、お若い大将が営む評判の寿司屋「志げる鮨」。季節ごとに伺いたい寿司屋なり。
わかりにくーい路地にある地元民ご用達の蕎麦店「伏見 藪そば」

わかりにくーい路地にある地元民ご用達の蕎麦店「伏見 藪そば」

伏見区の納屋街商店街の東側のわかりにくーい路地にある蕎麦店「伏見 藪そば」なり。
さすが酒処 伏見!蔵元が選べる酒粕鶏白湯らーめんが美味い!「門扇 伏水酒蔵店」

さすが酒処 伏見!蔵元が選べる酒粕鶏白湯らーめんが美味い!「門扇 伏水酒蔵店」

伏見の新名所「伏水酒蔵小路」内にある「門扇 伏水酒蔵店」です。祇園や木屋町で評判の鶏白湯らーめんを頂け、また酒の街ならではの蔵元を選べる酒粕らーめんが伏見の新名物になりそうです!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン