2016年1月13日 更新

四条 「まいった」想定外?想定内?四条通の渋滞問題 【ニュース】

京都市は「歩くまち・京都」をスローガンに掲げ、人と公共交通の優先を目指した四条通(烏丸通-川端通)の歩道拡幅事業を進めていますが、住民や観光客から不満の声が相次いでいます。

四条通の渋滞に対する口コミ

車線減少に加え多くの一般車両が流入することで慢性的に渋滞が発生し、バスの大幅な遅延も発生しています。市は「周知徹底不足」と釈明しているが、どうも首をかしげいまいます。歩道が広がるのはうれしいのですが、もっとうまいやり方がなかったのか疑問です。

車線減少のため工事中

 (1695)

四条通のいたるところで工事をしています。今秋の完成を目指しているようです。
 (1697)

マルイの前も工事中です。歩道が広がるのはいいのですが、屋根も拡張してくれるのでしょうか。

車線減少のためバス渋滞が発生中

 (1700)

片側一車線の道路をこれだけバスを走らせるのは無理があるような。。
 (1702)

バスが停留所で止めると流れが完全にストップします。片側一車線なので追い抜きもできません。渋滞のそもそも原因のように思います。
京都市が目指す街のコンセプトについて理解できるのですが、現時点で事業の内容についてもう少しいい方法があったのではないかと思います。また工事などが終わっていないのでなんとも評価は下せませんが。。ただ、このままだと歩行者もバス利用者、車利用者すべての人が困惑するだけのような気もします。京都市には徹底した情報の周知と改善を期待したいですね!

マップ

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン