2018年2月18日 更新

”癖になる喫茶店カレー” 変わらぬ美味しさ、外せない定番カツカレー「喫茶チロル」【二条城】

赤と黒のクラシカルレトロな佇まいが皆んなを引き付けてならない古き良き喫茶店。素朴でありながら、受け継がれた特製カレーのレシピにもとづいた特製カレーは家庭では再現できかねる代物です。

喫茶店カレーの真骨頂

 (84974)

二条エリアにある老舗喫茶店。
白壁にコーヒー、ストライプのひさしが印象的な外観は
テレビドラマのロケ地として使われたことでも有名です。
 (112923)

まず入り口の看板。
スパゲティではありません。

スパゲテイです。テの文字が小さく薄くイの文字は大きく発音するのは難解です。
こんな愛嬌のあるメニューシグナルがなかなか乙であります。
 (84966)

数年前に改装されて小綺麗になりパワーアップした古空間。
京都の街並みを写したモノクロ写真のパネルや昭和を彷彿とさせるレトロアイテムなど残したいトラディショナルスタイルは健在です。
肩肘張らない大衆的な空気感とオーセンティックな喫茶空間が融合したなんとも落ち着く店内です。
メニュー

メニュー

スパゲティやサンドウィッチなどフードメニューが充実、中でもカレーは一番人気のよう。
カレーはビーフカレー一種ですが、カツのバリエーションが豊かで、かなり特化した印象。
カツカレー ¥780

カツカレー ¥780

私は一番スタンダードなカツカレーをチョイス。
楕円型の無地のお皿でサーブされたあつあつカレー、スタンダードなカツを選びましたがこちらもなかなかボリュームあり。

玉ねぎの甘味を活かしたフルーティなルー

 (86893)

ふっくら炊いた白ごはんに玉ねぎの風味を活かした甘めのフルーティなルー。
小さめのビーフは柔らかく、素朴な味わい。
かつはサクサクの厚めの衣がルーと合わさり、ルーにコクをプラス。
後半はじんわりと押し寄せるソフトなスパイス感がありリピートしたくなるやみつきになりそうな一皿。
 (84969)

見た目にはヘヴィーに感じますが、卓上の福神漬けがよい箸休めになり、さらっと完食できてしまいます。
家庭的なようで家では再現できない、これぞ喫茶店カレーの真骨頂。
 (84968)

常連客から修学旅行まで皆が集える和みの喫茶店。
これからも京都の街を盛り上げてくれる名喫茶店として愛され続けていってほしいです。

喫茶チロル クチコミ情報

喫茶チロル 店舗情報

名称:喫茶チロル
住所:京都市中京区御池通大宮西入ル門前町539-3
営業時間:6:00~19:00
定休日:日曜・祝日

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen