2017年11月11日 更新

行ってきました「PHOTO FOREST 2017」夢のような空間での素敵すぎる写真展【上京OPENWEEK】

11/3,4の2日間、地下鉄今出川駅近くの「バザールカフェ」で行われた写真展示イベント「PHOTO FOREST 2017」。先日紹介した「上京OPENWEEK 2017」のひとつとしても開催されたのですが、とっても素敵だったのでご紹介します!

「上京OPENWEEK 2017」関連行事として開催

 (102525)

先日京都新聞で報道されていたこちらの記事、ご覧になった方もおられるのでは。
先にご紹介の「上京OPENWEEK 2017」https://kyotopi.jp/articles/noBNC
のものですが、一番大きく写っている写真が、これからご紹介する「PHOTO FOREST 2017」の様子。
 (102526)

”写真の森”と名付けられたこのイベントは、カフェの敷地内が写真で埋め尽くされた新しいカタチの写真展で、今までに見たことのないような何とも素敵な空間。
写真好きな人はもちろんですが、そうでない人も目を奪われるであろう光景が広がっていました。

PHOTO FORESTって!?

 (102552)

2日間「Bazaar Cafe(バザールカフェ)」を借り切って開催された「PHOTO FOREST 2017」は、東山二条にある「Photolabo hibi」http://labo-hibi.com/ というお店が主催のイベント。
今では数少なくなった写真現像をメインとする写真屋さんで、確かな技術力と細かなリクエストに答えてくれると、フィルムカメラ愛好家に大人気のお店。京都だけでなく他府県からもお客が訪れるほどで、今お願いすると現像に1週間かかるぐらいの人気ぶり。
 (102583)

とても素敵なご夫婦が切り盛りされているのですが、ご夫婦の人柄も愛されている素敵なお店「Photolabo hibi」さんについては、また改めてご紹介いたします。

ふわふわキラキラくるくる…夢のような「写真の森」

 (102529)

門から入場し、店内や庭に続くアプローチがすでにかわいくてフォトジェニック♡
この先にどんな世界が広がっているのだろうと、ワクワクしながら足をすすめます。
 (102577)

「自分達で写真体験をつくろう(Do It Yourself Photo!)」をテーマに、自分達の作品で作る、写真を楽しむ空間を体験する写真展示イベントとして開催。
当日は300㎡近い広さの庭に、庭の形状を生かしいっぱいいっぱいに展示されていました。なので会場全体がまさに「写真の森」!
展示方法も個性的で、Tシャツに写真がプリントされたTシャツ枠、うっすら透ける布のプリントされたタペストリー枠、アクリルフレームに写真をはめて、木に吊るし展示されたフォトツリー枠の3種で構成されていました。
 (102579)

木から木へはわすように、まるで洗濯物のように干された【Tシャツ枠】
青空だったらより映えたのでしょうけど、くもりでも風を受け軽やかに舞っていて爽やか。
Tシャツはよく見るとドライ素材のものが使われていて、色の乗り方が独特。

展示終了後はこのまま出品者に渡されるそうなので、自分で着たりプレゼントに使ったり、いろんな使い方ができるのも、この写真展のおもしろいところ。
 (102585)

【タペストリー枠】は薄く透け気味な布に写真がプリントされていて、風が吹くとふわふわ揺れて美しい。
プリント面が一番大きい作品なので目につきますし、揺れるとはっと目を奪われるほど印象的。
そして時折指す逆光で透けると、また違った作品に見えるのがニクイ演出!(笑)
 (102578)

そして、バザールカフェのシンボル的な大きな夏みかんの木に吊るされた沢山のフレームからなる【フォトツリー枠】。
風を受けるとくるくると回り、光が当たるとミラーボールのようにキラキラ光ってなんてキレイなんでしょう!
常に動いていて表情が変わるので、ずっと見ていても飽きませんでした。
この演出もニクイしずるいしシビれる!(笑)

作品は縦長1枚のものもあれが、横長を前後に組合せた組作品のものもあり、それぞれが味があり引き込まれるものばかり。
展示終了後、風や光が当たる場所に飾っておいてもいい感じでしょうね。

テーマは自由でいろんな写真があったのですが、どれもがその場に馴染んでいてとても自然。どれひとつとして違和感があったり不自然なものがありませんでした。
ダークな色合いであっても、どれもが優しく柔らかく、時には涙が出そうになる…そんな素敵な作品ばかりで心が温かくなりました。
そして、ふわふわ・キラキラ・くるくる…どの作品もそんな形容がぴったりな感じで、そんな動きをまとっていてとてもかわいかったです♡
 (102576)

またイベント当日はカフェも営業しておられ、展示を見ながら飲食も楽しめました。
しかも用意されていたのはイベント限定メニュー。
ケータリングや食にまつわる活動をされている「円卓」さんとのコラボで、徳島県那賀町産の食材を使った料理が用意されていてプレートを注文したのですが、里芋のコロッケや大根と柚子のナムルなど、野菜の旨みが感じられてほっこり。めっちゃおいしくて幸せでした♡

また11/3の夜には、ライトアップやライブと共に楽しめたそう。
夜は昼とは違った幻想的な雰囲気で素敵だったでしょうね。
 (102587)

作品だけでも十分魅力的なのですが、会場全体がかわいくコーディネートされていて、どこを撮っても絵になるところばかり。
集まっているのは出品者や写真好きな人がほとんどなので、あちこちで撮影する人がいっぱい(笑)。
 (102527)

それでもって皆さんオシャレでかわいくてセンスある方ばかりでうらやましい〜オバハンな私はなんとなく場違い(笑)
今どきの写真好きな方は、男子も女子もセンスいいのですね〜参考になります☆
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都カフェ文化的にはもはや老舗「かもがわカフェ」☆何気ない日常感が格好良過ぎ【荒神口】

京都カフェ文化的にはもはや老舗「かもがわカフェ」☆何気ない日常感が格好良過ぎ【荒神口】

自家焙煎の珈琲、お洒落で美味しいフード、癒しの空間…カフェとしての魅力はいろいろですが、長く続く人気のカフェというのは言葉では表現出来ない何かが…あるんですよね☆こちらもそういうお店です
金魚が織りなす絢爛豪華な水槽アート!二条城で開催「アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~」

金魚が織りなす絢爛豪華な水槽アート!二条城で開催「アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~」

累計入場者数は800万人超!アートアクアリウム城が京都・二条城で開催中です!絢爛豪華な金魚が織りなす水槽アートに心奪われること間違いなし、連日大盛況のイベントです。その様子をレポートします。
知らない上京に出会えるかも「上京OPENWEEK 2017」で魅力再発見【11/12まで】

知らない上京に出会えるかも「上京OPENWEEK 2017」で魅力再発見【11/12まで】

古くからの伝統的な街であり観光地であり、だけど新しい風も吹いている「上京区」。現在上京区各所にて開催されている「上京OPENWEEK 2017」では、まち歩きや魅力的なイベントが盛りだくさん!気になるものに参加して、新しい上京を探してみませんか?
京都府庁旧本館 恒例行事「観芸祭(かんげいさい)」で芸術・文化の秋に浸ろう【11/12まで】

京都府庁旧本館 恒例行事「観芸祭(かんげいさい)」で芸術・文化の秋に浸ろう【11/12まで】

10/21からスタートしている「観芸祭」。京都府庁旧本館の秋のイベントとしてすっかり定着、今年も数多くの催しが用意され盛り上がっています。会期はあと少しですがまだまだ楽しめますよ!
祝一周年★ヒノキの香りとハートフルな珈琲時間★LIGHT UP COFFEE(ライトアップコーヒー)【出町柳】

祝一周年★ヒノキの香りとハートフルな珈琲時間★LIGHT UP COFFEE(ライトアップコーヒー)【出町柳】

瞬く間に人気珈琲店へと駆け上がった出町柳にあるサードウェーブ系コーヒー専門店「LIGHT UP COFFEE(ライトアップコーヒー)」 10月に一周年を迎え、味も空間も磨きがかった光に満ちたコーヒー処をご紹介。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス