2018年12月6日 更新

京都の絶品サンドウィッチ|肉汁したたるグルメハンバーグサンド★タナカコーヒ河原町店

個性が光る喫茶店のサンドウィッチ事情。洋食の定番ハンバーグを挟んだボリューム満点サンドは庶民派グルメと呼ぶにふさわしい素朴でくせになりそうな美味しさ。

木屋町の空腹救世主

 (115717)

四条と三条の中間あたり、河原町通から少し中へ入った木屋町にある京都で数店舗展開されているタナカコーヒ。
諸行無常の御時世、ずっと変わらぬ佇まいで年中無休と安定感のある店舗。
 (105969)

ドレッシーな装飾が施され、
夜の街らしからぬクラシカル和みの空気感につつまれます。
 (115718)

店内は吹き抜け二階建。
シーリングファンが緩やかに回転しくつろぎムードが充満。
古き良き昭和テイストを残した店内は、純喫茶の世界観を表現されているよう。
メニュー

メニュー

サンドウィッチセット(¥1000税込)

サンドウィッチセット(¥1000税込)

ハンバーグサンドとアイスティオレをチョイス。
サンドは手の平サイズのものが三切れ、サイドにはざく切りにしたキャベツの千切りと半分にカットされたミニトマト。
ぎゅっとした重量感

ぎゅっとした重量感

お皿の比率からやや小ぶりに見えたサンドは
重量感たっぷり。
パンは軽くトーストしたアメリカンスタイル。
ハンバーグはとても柔らかく
玉ねぎの甘み、噛むとじんわり肉汁がしたたる
美味バーグ!
中はオニオンスライス、レタス、トマト、マスタードがほんのりアクセントとなりスーパーティスティ!
アイスティオレ

アイスティオレ

細長いグラスに注がれたアイスティオレも
シロップで甘さを調節しつつ美味しくいただきました。
 (105968)

木屋町らしからぬクラシカルな居心地。
マスターも物静かながらも細やかな配慮に恐縮してしまう場面も。
営業は深夜2時まで、週末はなんと24時間。
木屋町の憩いの喫茶店でした。

口コミでの評判

基本情報

店名:タナカコーヒ 河原町店
住所:京都市中京区北車屋町267
電話番号:075-223-0524
営業時間:
[日~木] 7:00~翌2:00
[金/土] 24時間
定休日:なし
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都穴場カフェ|ふわふわトーストモーニング「クラークハウス」【京大近く】

京都穴場カフェ|ふわふわトーストモーニング「クラークハウス」【京大近く】

京都大学近くに佇む喫茶店。エレガントさてアカデミックな空気感はまさに京都カルチェラタン。ふかふかの山形トーストモーニングは必食です。
”木屋町のおすすめモーニング”さくさくハムトーストと微睡み空間「タナカコーヒー河原町店」

”木屋町のおすすめモーニング”さくさくハムトーストと微睡み空間「タナカコーヒー河原町店」

京都のトラディショナルな喫茶店の一つの、タナカコーヒー。各店舗毎にそれぞれ特色がありますが、河原町店は13時までモーニングがいただかけます。
“素通りできぬ強烈インパクト”渋すぎる落武者×ジャスで朝食を『珈琲陣(コーヒーじん)』【堀川大宮】

“素通りできぬ強烈インパクト”渋すぎる落武者×ジャスで朝食を『珈琲陣(コーヒーじん)』【堀川大宮】

素通りし難い強烈に渋い落武者喫茶店。微睡みの世界はジャズの調べにボンボン時計、地域の皆様に愛されるアットホームな喫茶店でした。
ほんわかのんびりモーニング「喫茶れもん」【東福寺カフェ】

ほんわかのんびりモーニング「喫茶れもん」【東福寺カフェ】

京都の街並みを映し出す二階席のパノラマ台が魅力。サンルームの様な太陽の光が降り注ぐ空間は一足早い春の誘い。
京都喫茶の代表格|ほっこりまったりカフェラテ☆小川珈琲 京都三条店【三条木屋町】

京都喫茶の代表格|ほっこりまったりカフェラテ☆小川珈琲 京都三条店【三条木屋町】

木屋町三条に位置する京の顔的な喫茶店「小川珈琲」。一流のバリスタが表現した艶やかなラテアートと秀逸な味わい、身も心もほっこり。清水焼の艶やかなカップにも注目です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen