2017年2月16日 更新

雰囲気がありすぎる中華バル!ランチも使える「夜市的 点心酒場 好(ハオ)」

四条木屋町から徒歩数十秒の好立地、雰囲気たっぷり中華バル「夜市的 点心酒場 好(ハオ)」です。酒場ですがランチも営業していて重宝します。

雰囲気ありすぎる中華バル

 (71363)

四条木屋町の交差点を少し南へ、ご飯もしっかり食べれて、気軽にバル使いもできる「夜市的 点心酒場 好(ハオ)」をご紹介!

台湾の夜市を再現したような外観が目印!本格的すぎて、つい引き寄せられるように入ってしまいそうですよね。
 (71642)

店内はもっと本格的!内装や壁にもこだわりの装飾がたくさん。天井から吊るされているドラにも注目です!(笑)
一人でもサクッとご飯が食べることができるカウンター席と、屋台気分でみんなでワイワイできるテーブル席があります。
 (71644)

カウンター席はライブ感を楽しめる特等席!
料理長の華麗な中華鍋さばきが見ることができます。
 (71646)

お店の雰囲気作りやお料理だけではなく、ドリンクにもこだわりあり!
中国の青島ビールや台湾ビールもラインナップ!中華と言えば紹興酒が欠かせませんのが、少しマニアックな紹興酒の飲み比べメニューもあります!

ランチの麻婆豆腐セットも満足度高し

 (71645)

実はランチも人気上昇中で、この麻婆豆腐セットや週替わりメニューもあり通いつめても飽きません!
旨くて辛い四川麻婆にはご飯がピッタリ!アツアツで肉汁のたっぷり小籠包もセットになっているので満足度の高いランチです。

このエリアってあんまりランチやっているお店がないので、助かりますよね。
 (71647)

アラカルトの白麻婆豆腐とよだれ鶏、牛ホホ肉黒酢ソースを頼んだら、まるで中華パーティー!これはテンションあがるやつです。

絶品アラカルトで中華パーティー

 (71649)

あまり他では見ない、こちらが白麻婆豆腐。お店自慢の一品。
旨味のたっぷりきいた餡は辛くなく、新しい感覚の麻婆豆腐です。中央の香辛料を好みでまぜながら食べると、段々と辛くなってきます。
 (71648)

こちらもお店イチオシのよだれ鶏。その名の通り「よだれがでるほど美味しい」と言われる四川の鶏料理です。
分厚くカットされた鶏は柔らかくジューシー、かつしっとりしてして美味ですが、味の決め手は辛めのソースとパクチー。この絶妙なバランスがクセになること間違いなし!
 (71650)

こちらは牛ホホ肉黒酢ソースです。希少部位の牛ホホ肉をトロトロになるまで長時間煮込んだ一品です。お箸で切り分けるほど柔らかく中まで味がしっかりついていて、口にいれると至福の時。
こちらも残っていたらマストオーダーの一品です。

ランチも営業していて、さくっと飯から気軽なバル使いができる重宝する中華酒場です。立地もバツグンなのでぜひ寄ってみてくださいね!

夜市的 点心酒場 好(ハオ)クチコミ情報

夜市的 点心酒場 好(ハオ)店舗情報情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都ランチめぐり】昨年オープンの注目の本格中華料理!四川麻婆豆腐ランチは高コスパで人気☆「私房菜すみよし」

【京都ランチめぐり】昨年オープンの注目の本格中華料理!四川麻婆豆腐ランチは高コスパで人気☆「私房菜すみよし」

おおきに〜豆はなどす☆昨年3月オープンした人気の中華料理店。すでに雑誌などでも紹介され、平日ランチもあっという間に満席になるほど。コスパいい本格中華ランチは満足度高し。
京都駅近くで美味しい中華ランチ|遅めでもOK「さいか亭」

京都駅近くで美味しい中華ランチ|遅めでもOK「さいか亭」

京都タワーの裏手、ヨドバシカメラとの間にある、美味しく使い勝手のいい中華料理店「さいか亭」に行ってきました。
まろやかな黒胡麻担々麺にハマル!桂の人気四川料理店「瀘川(ろせん)」

まろやかな黒胡麻担々麺にハマル!桂の人気四川料理店「瀘川(ろせん)」

桂にある四川料理店「瀘川(ろせん)」でランチ。ほどよい辛さでまろやかな黒胡麻担々麺に美味しい。
麻婆豆腐が絶品!!美しい眺めを眺めながらゆっくり美味しい中華ランチを頂ける「 中国料理 四川」」

麻婆豆腐が絶品!!美しい眺めを眺めながらゆっくり美味しい中華ランチを頂ける「 中国料理 四川」」

ウェスティン都ホテル京都の3階にある 「中国料理 四川」でランチを頂いてまいりました。
【京都中華めぐり】平野神社スグの予約必須人気中華料理店!ミシュラン掲載店☆「中国酒家黒猫軒」

【京都中華めぐり】平野神社スグの予約必須人気中華料理店!ミシュラン掲載店☆「中国酒家黒猫軒」

おおきに~豆はなどす☆今回は北野白梅町、平野神社にもほど近い場所にある要予約の人気中華料理店。オシャレな雰囲気もまた◎夜にうかがいました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし