2018年6月18日 更新

新しくも懐かしい酒場 「たいげん」 で昼飲み!名物さば寿司は絶品です!

御幸町御池の角に大衆的な看板が光ってる「たいげん」さん。前を通って気にはなっていましたが、地下ということでハードル高め…黒板メニューに惹かれ、ちょい飲み目当てでいざ来店!

昼から飲める酒場にリニューアル☆

 (125947)

 (125949)

以前は宴会メインの夜から営業でしたが、オープン10年を機に昼から飲める酒場に生まれ変わったとのこと。
 (125950)

地下への階段を下りて中に入ると広々とした宴会場のような店内。酒場にかかせないカウンター席はなく、全席お座敷仕様!ほっこり堀ごたつでくつろげます。
 (125951)

 (125952)


メニューはこちら。
定番から季節のおすすめ50種類ほど。300~700円台と値段もお手頃。
 (125953)

 まずは定番ポテトサラダ。スタンダードなきゅうりやハムタイプではなく、たまごたっぷりタイプでした。そしてなんと燻製たまごで和えてあり、これがまたすごく美味しい!大人の味◎
 (125957)

鶏のからあげ。
好みのラーメン屋さんのからあげに似てるのですが、全く油っこくなく、衣はカリっと、身は柔らかくてジューシー。鶏の旨みを堪能。
 (125956)

カツオだしがきいた、ふっくら出し巻きたまご。たまらない美味しさ。
 (126812)

牛肉ではなく豚肉の肉豆腐。これは、ごはんが欲しくなる美味しさ!
 (125959)

 てことで味噌焼きおにぎりを注文。でてきてびっくり、ばくだんみたいな大きさ。中にはなんと梅肉が!

ふっくら鯖寿司は絶品!

 (125954)

鯖や酢飯が酸っぱすぎたり、ごはんもべっちゃりしてたりとなかなかうなるほどの鯖寿司に出会ったことがないのですが、こちらの鯖寿司はうなりました!!
 (125955)

 アップ画像。さばとシャリの間はワサビではなくカラシが。辛いかと思いきや、ほんのり感じるぐらいの絶妙さ。そしてごはんがしっとりどころかふっくらで軽い食感にびっくり!

 いやぁ、美味しすぎ、居心地良すぎで、ちょい飲みのつもりが長居しまくりでした笑
どれもがお値段以上のクオリティで、丁寧に作られてるのがひしひしと感じる一品ばかりでした!お酒のアテにもちょうどよい量ですし、飲めない人でもごはんセットがあるので定食として楽しめますよ。
テレビもあるので、スポーツ観戦しながら昼飲みとか最高ですね!地下のハードルを抜ければまったり酒場があなたを待っています!

酒場 たいげん クチコミでの評判

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都おでんめぐり】全国区で有名な老舗出汁屋プロデュース店!変り種チーズ必食☆「麩屋町うね乃 」

【京都おでんめぐり】全国区で有名な老舗出汁屋プロデュース店!変り種チーズ必食☆「麩屋町うね乃 」

京都市役所前、御池から麸屋町上がった雑居ビルにある隠れ家的おでん専門店。創業明治で全国的にも有名な老舗出汁専門店が手掛けるお店。わかりづらい場所ながら、客でにぎわう人気店。
【京都酒場めぐり】四条大宮のディープ飲み屋街のタイ屋台!パクチスト必見☆「とき」

【京都酒場めぐり】四条大宮のディープ飲み屋街のタイ屋台!パクチスト必見☆「とき」

四条大宮北アリアの路地裏に小さな飲み屋がひしめき合うように立地する場所。いかにも酒場風情ただようお店ぞろいの中、異色のタイ料理店発見。ハシゴ酒で行ってきました。
【京都酒場めぐり】四条大宮の飲み屋街に4月オープン!話題沸騰中の人気豚串専門店☆「後院上ル」

【京都酒場めぐり】四条大宮の飲み屋街に4月オープン!話題沸騰中の人気豚串専門店☆「後院上ル」

四条大宮の飲み屋街に4月オープンした豚串専門店。すでにその美味しさが評判でSNS経由で来店した誰もが好評価。五条楽園にある「にこみ屋六軒」の系列店。
【京都酒場めぐり】昼間から満員!クオリティの高さ抜群の人気立飲み店☆「柳小路TAKA」

【京都酒場めぐり】昼間から満員!クオリティの高さ抜群の人気立飲み店☆「柳小路TAKA」

京都イチの繁華街・四条河原町の北西、柳小路にある、昼から立ち飲みができるお店。クオリティ高い料理やレアな日本酒を提供することで、不動の人気店。
京都屈指の3大ディープ酒場・四富会館どんつきの名割烹!驚きの安さとクオリティ☆「てしま」

京都屈指の3大ディープ酒場・四富会館どんつきの名割烹!驚きの安さとクオリティ☆「てしま」

四条富小路にある京都3大ディープ酒場『四富会館』の有名割烹。ディープな場所に入居する狭小カウンター店ながら、そのクオリティの高さと安さに驚愕。入店激戦が常ながら、たまたま運よく予約とれて行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

omikan omikan