2019年4月15日 更新

【驚愕】2016祇園祭後祭密着!山鉾巡行くじとらずの先頭・橋弁慶山の山建て、曳き初め風景を徹底解剖!!【四条烏丸】

おおきに~豆はなどす☆今回は祇園祭後祭の山鉾巡行の先頭・橋弁慶山の様子を保存会のご協力で、間近で取材させていただきました!もう、大変すぎる作業で驚愕。

早朝から山建て開始

謡曲「橋弁慶」より取材、弁慶と牛若丸が五条の大橋で戦う姿をあらわしている。弁慶は鎧姿に大長刀を斜にかまえ、牛若丸は橋の欄干の擬宝珠の上に足駄で立ち片足を曲げ右手に太刀を持っている。橋は黒漆塗で特に牛若丸の人形は足駄金具一本でこれを支えている。弁慶と牛若丸の人形には、永禄6年(1563)大仏師康運作の銘があり、また牛若丸の足の鉄串には、天文丁酉(1537)右近信国の銘がある。前懸は中国清頃の雲龍波濤文様の綴錦であったが、昭和58年から新しく富岡鉄斎原画の椿石図綴錦が用いられている。胴懸の加茂祭礼図綴錦は円山応挙(1733~1795)の下絵と伝えられており、近年復元新調された。水引は唐子嬉遊図の綴錦、後懸は雲龍文様の刺繍である。なお、この山は古来くじとらずで、後祭巡行列の先頭を行く。
 (45849)

早朝から保存会の方総出で山建て開始。ちょうどいい天気でよかったですね。
 (45850)

通りの表からは見えませんが、保存会の建物の裏にある蔵に山関連のグッズが仕舞われています。それを取り出し、いったん2階へ上げて組み立てます。こちらは弁慶人形。
 (45851)

こちらは牛若丸。てっきり、出来上がってる人形を蔵からそのまま取り出せばいいもんだと思ってましたが、一から組み立て。ちょっと驚き。
 (45853)

そして、人形が差してる刀もこんなバラバラ状態。これを一つ一つ組み立てます。こんなところから!!
 (45854)

甲冑も分解されてるものを一つずつ着せて。
 (45855)

そして、台に差し込みます。

いよいよ、山へ乗せます

52 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2016祇園祭ダイジェスト】後祭山鉾巡行、花傘巡行に行ってきました☆

【2016祇園祭ダイジェスト】後祭山鉾巡行、花傘巡行に行ってきました☆

朝、スタート地点からスタンバイ。後祭開始からその様子を追跡取材。途中、花傘巡行にスイッチして祭は最高潮。その様子を早速ダイジェストでお届けします!
「AWOMB(アウーム)」の祇園祭グルメは見た目だけじゃない味とクォリティー【7/23まで】

「AWOMB(アウーム)」の祇園祭グルメは見た目だけじゃない味とクォリティー【7/23まで】

現在市内では、祇園祭・後祭が開催されていますが、23日宵山まで楽しめる「AWOMB(アウーム)の祇園祭フードを紹介します。
【2018京都祇園祭】ゆったり夜の後祭をぶらり!夜の山鉾めぐりは快適で狙い目!!風情漂う祇園囃子☆

【2018京都祇園祭】ゆったり夜の後祭をぶらり!夜の山鉾めぐりは快適で狙い目!!風情漂う祇園囃子☆

祇園祭後半。前祭に引き続いて後祭。猛暑続く中、山鉾建て、曳初めも無事終わり、各山鉾町内には後祭の山鉾が全て出そろっています。そんな夜の後祭山鉾町をぶらり散策してきました。
【2018京都祇園祭】前祭・山鉾巡行のくじとらずの先頭長刀鉾を間近で見学してきました☆

【2018京都祇園祭】前祭・山鉾巡行のくじとらずの先頭長刀鉾を間近で見学してきました☆

祇園祭の山鉾の中でも一番人気の長刀鉾。前祭、山鉾巡行では毎回先頭を走ることが決まっている、くじとらずの長刀鉾。厄除けとなる粽を購入すると鉾の見学ができるということで登ってきました。
【日本三大祭】2018祇園祭☆職人の技が光る伝統技法『山鉾建て』始まりました!

【日本三大祭】2018祇園祭☆職人の技が光る伝統技法『山鉾建て』始まりました!

日本三大祭、京都三大祭の一つである祇園祭。7月から始まり、1か月の長きに渡る祭で、その間いろいろな行事、神事が執り行われています。そして、本日から祭りの主役でもある山鉾を組み立てる『山鉾建て』開始。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな