2019年2月17日 更新

京都極上のホテルビュッフェモーニング!夢見心地なラグジュアリー空間☆フォーシーズンズホテル京都【東山七条】

長編ですよ(閲覧注意)まだオープンして半年経ってないんで「ニューオープン」でセーフということで(笑)昨年10月東山七条にオープンしたホテル内にあるレストランでなんとも贅沢なビュッフェモーニングをいただいてきました!

東山七条に昨年10月オープン!

 (75418)

オープン当初かなり話題になってて、ずっと偵察に来たいと思いつつ、ようやく。
世界各国に展開しているカナダの国際的なホテルチェーン、フォーシーズンズホテルズ&リゾーツ。東京・丸の内にもあり、昨年10月、ここ京都・東山七条にオープン。日本には現在その2つ。
 (75384)

この日、早朝の神社仏閣観光後、こちらで朝食をとろうと予約を入れて。宿泊客じゃなくても空きがあれば利用できますが、この日は100人が朝食利用されるとこのとで早めにお越しください、と7時頃訪問。て、世の中どんだけ好景気やねん!と。
 (75385)

朝ということもあるのか、とても静かで壮観なアプローチ。一旦ここで車を止め、ホテルの方にキーを渡して。こういうエントランスの屋根の感じも、木のあたたかみとスタイリッシュさが同居するような。
 (75386)

広めのロビー。そして、こんなディスプレイ。ここまで来ると、「和」は素材として活用される感じですかね。多少リゾート色も。

こちらのホテルはマレーシアの企業が出資してることもあってか、どこか南国テイストな部分を随所に感じられます。
 (75387)

そして、今回朝食をいただくレストラン「ブラッスリー」。150席 ある広々空間。
 (75388)

高い吹き抜け天井と朝の光がふんだんに差し込む大きな窓。
 (75390)

庭園を望むオープンテラス席56席あり。
 (75391)

ストーブも完備され、こんなカップルチェアも。
 (75392)

平安末期から現存する貴重な庭園「積翠園」。その先に東屋があり、そこで夜はバー営業してるんだとか。ステキすぎるロケーション。
 (75394)

テーブルもいろいろ演出ちがい、気分に合わせて選べます。窓際もよかったんですが、リゾート風竹籠様のパーテーションあるテーブルをチョイス。ランプシェード、着物の絞りをアレンジしたもの。こんな使い方もステキ。
 (75393)

で、朝食メニュー。ブレックファーストビュッフェ4800円を。他にも和朝食などありましたが。そして、卵料理はこの中から、エッグベネディクト、トリュフ風味の温泉卵をチョイス。

いざ、ビュッフェモーニングスタート!

 (75395)

保温ヒーターに乗ったストウブ製鍋がズラリ。ソーセージやベーコン、焼き野菜が。見るからに美味しそう。

とにかく、全般通してディスプレイ、盛り付けの美的感覚が素晴らしく、朝食に訪れた客は日本人、外国人問わず皆思わず画像撮ってしまうほど。
 (75396)

ハムやサラミなどシャルキュトリー、スモークサーモン、和食の惣菜たち
 (75397)

チーズも何種類かあり、フレッシュ野菜とドレッシング。あと、カットされた色とりどりのスティック野菜のバーニャカウダ風の盛り付けがセンスいい。
 (75398)

パン、デニッシュ系やらバゲット、マフィンもいろいろ。
 (75399)

フレッシュなフルーツたちも色々充実
 (75400)

ドリンク類。なんとも色鮮やか。フレッシュジュース、飲むビネガードリンク。あと、水にライムが入ってるところにリゾート感。
 (75401)

エスプレッソマシーン。3種類から豆選べます。
 (75402)

で、カップアンドソーサーも好きなデザインのものを。
 (75403)

和食は他に比べてそれほど種類多いというわけではありませんでしたが。ご飯、おひつに入ってていかにも美味しそうで、日本的。これ、外国人の方が皆写真撮ってました。あと、ご飯の共としてちりめん山椒やお漬物。
 (75404)

豆腐、海苔類にかけるお醤油。さすが!て思いました。燻製醤油まであります。
 (75405)

お粥も。トッピング剤がかなり充実してるのと、どれもクオリティ高い!XOジャン、自家製か?てくらいホタテどっさり入ってました。
 (75406)

で、1回では網羅しきれないのはわかりつつ、いろいろお皿に盛って。欲張り気味に(笑)ベーコンもフツー焼きとカリカリ焼き2種類とか、メニュー構成にとても気配りが。グリル野菜として、京野菜の堀川ごぼうや金時人参もあり。
 (75407)

パンも最初からペース考えず、手前のチョコデニッシュを取ってしまいました(汗)リッチなデニッシュでしたが。
 (75408)

で、テーブル専用のコーヒーポットも。いちいち足を運ばなくていいように。
 (75409)

全てセッティング完了したころに、卵料理。こちらはトリュフ風味の温泉卵。2個あるのでシェアできていい。
 (75410)

エッグベネディクト。こちらもたっぷり2個。
 (75411)

で、全て揃ってようやく開始。というか、この画像で婦人雑誌系の表紙飾れるようなラグジュアリー感(笑)「春の京都で極上のモーニング」みたいなタイトルで(爆)
 (75412)

で、恒例の玉子画像。ねっとりと舌にまとわりつく柔らかさ。何より、トリュフの風味が強い!
 (75413)

エッグベネディクト入刀。ナイフがなめらかに入り、それと同時に溢れ出す黄身汁。今年ナンバーワンのエロ玉子画像(今のところ笑)こちらもマフィン、ハム、玉子とオランデーズソースの一体感がいい。というか、フツーならこの一皿で十分満足!くらいな。
 (75414)

ご飯の共いろいろ。あと取り忘れたバーニャカウダ風サラダ。
 (75415)

で、お粥にもいろいろトッピング。ささみやら揚げパンやらあれこれ。
 (75416)

こんな小さな蓋付き瓶に入ったヨーグルト様のもの3種あり、これは豆乳ベースでグラノーラがミックスされたもの。
 (75417)

で、仕上げにエスプレッソ。量設定を間違い、ナミナミモードに。この後、もう1杯2倍濃縮のやつにしましたが(汗)

今回、消費税、サービス料込みだと5851円のモーニングでしたが、このラグジュアリーな空間と料理、ホスピタリティーを考えると、けっこうコスパいいんじゃない?ていうくらい満足度大。小市民なんで、しょっちゅうは来れませんが何かの節目の朝食にまた利用したいと思いました。私もこれまでいろいろ朝食食べてきましたが、ホテルビュッフェ系ではここが最強じゃないですかね。こんな夢見心地な朝食、一度味わってみてはいかがですか?

ヨ~イヤサ~♪

フォーシーズンズホテル京都 への口コミ

フォーシーズンズホテル京都 基本情報

住所:京都市東山区妙法院前側町445-3 (レストランブラッスリー)
電話番号:075 541 8288
詳細サイト:http://www.fourseasons.com/jp/kyoto/dining/restaurants/brasserie/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都モーニングめぐり】利便性良しの老舗喫茶!自家焙煎コーヒー付のワンコインホットケーキモーニング「喫茶アマゾン」

【京都モーニングめぐり】利便性良しの老舗喫茶!自家焙煎コーヒー付のワンコインホットケーキモーニング「喫茶アマゾン」

おおきに~豆はなどす☆川端七条通りを東へ。国立博物館や三十三間堂にもほど近い場所にある、1972年創業の古めの喫茶店。厚焼きのタマゴサンドが名物でもあるが、手軽に食べられるワンコインモーニングも人気。
【京都モーニングめぐり】非会員でもラグジュアリーなビュッフェ朝食が食べられる!エクシブ京都八瀬離宮「ジョバーノ」

【京都モーニングめぐり】非会員でもラグジュアリーなビュッフェ朝食が食べられる!エクシブ京都八瀬離宮「ジョバーノ」

おおきに~豆はなどす☆八瀬にある会員制リゾートホテル『エクシブ京都八瀬離宮』。その中にある非会員でも利用できるイタリアンレストランのビュッフェ朝食。ラグジュアリーな空間の中いただいてきました。
【京都お寺に泊まる】早起きは三文の得!朝のお勤めと国宝観賞にお茶菓子接待も☆2日目「智積院会館」【東山七条】

【京都お寺に泊まる】早起きは三文の得!朝のお勤めと国宝観賞にお茶菓子接待も☆2日目「智積院会館」【東山七条】

智積院宿坊2日目。早朝のお勤めに始まり、普段有料拝観エリアの国宝を観賞しつつ、終了後は滋味あふれる朝食。
【京都発酵食品めぐり】300年以上続く京漬物老舗!青うり漬は夏の風物詩☆「赤尾屋」

【京都発酵食品めぐり】300年以上続く京漬物老舗!青うり漬は夏の風物詩☆「赤尾屋」

川端七条から東へ。元禄12年(1699年)から続く京漬物の老舗。宮内庁御用達のお店でもあり有名店。ちょうど夏の暑いシーズンにふさわしい漬物を求めて行ってきました。
【京都ランチめぐり】国宝展帰りにアットホームな洋食が人気!大ぶりカキフライがうれしい☆「本町亭」【京都国立博物館スグ】

【京都ランチめぐり】国宝展帰りにアットホームな洋食が人気!大ぶりカキフライがうれしい☆「本町亭」【京都国立博物館スグ】

京都国立博物館の国宝展帰りに立ち寄った洋食ランチ。この辺りでは有名な老舗洋食店。アットホームな雰囲気で人気。行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな