2017年8月28日 更新

嵐山特集③「嵐山ちりめん細工館」で京都の伝統に感動♪【お土産】

嵐山特集の第三弾は、「ちりめん細工館」です。こちらは、伝統的なものからユニークなミニチュア品のものまで、ちりめんのお細工小物を集積したお店です。

京都らしいお土産をどうぞ☆

京都市内にも数多く店舗展開されているので、ご存知の方も多いかもしれないのですが、嵐山本店は嵐山の風景や保津峡など、自然に囲まれた地にあり、まわりの環境に溶け込んだ日本家屋の店舗で、より一層京都の風情を楽しむことができますよ(^O^)
 (92333)

京都らしいグッズをお求めの方は、要チェックです。海外の方にもすごく喜ばれそう!こちらは、メインストレート沿いにあり、また嵐電「嵐山」駅からすぐなので便利ですよ(^_^)v

女性なら思わず手にとってみたくなるような、可愛いちりめん小物でいっぱいですよ~♪

京都の思い出におひとついかが?

 (92335)

ちりめん細工館では、特に関西の地で長く愛されてきた”ちりめん素材”に注目し、お細工ものの愛らしさ、ちりめんの魅力が伝えられています。
 (92336)

店内には、天井やドアから吊るすようなちりめん細工がたくさん吊られています。

こちらは「変わり下げ飾り」といって、季節や縁起物をモチーフとした下げ飾りです。四季に合わせて、おうちに飾ってみるもの可愛いですよ(*^_^*)
 (92337)

今の季節は、金魚シリーズがおすすめです。

夏らしくていいですね。お店前にも金魚が泳いでいるので、見つけてみてくださいね♪
 (92339)

 (92338)

お財布などの小物も充実しています。

品揃えが豊富なので、雑貨好きの方なら、見るだけでも楽しいはずですよ~(^_^)v
 (92340)

こちらは「スマホケース」です。

ついにちりめん細工も、スマホの世界に進出ですね!スマホは毎日使うものなので、プレゼントとしても喜ばれそうです♪
 (92341)

こちらは、京都の染職人が手捺染で仕上げた「丹後ちりめん風呂敷」です。

ハンドプリントならではの、深みのある色彩が素敵です。専用のハンドルと組み合わせれば、バッグとして利用できます。風呂敷はいろんな使い方ができるので、オススメです。

自分で組み合わせて、オリジナルのものも作れます

 (92343)

ここからは、2Fスペースのご紹介です。
 (92344)

姉妹ブランド「ハナビラヒトツ。」や「きれのはな」の商品が並びます。

「ハナビラヒトツ。」は、ひとひらの花びらのいとおしさを大切にするように、和のこころでモダンをデザインしているアクセサリーブランドです(*^_^*)

トンボ玉を組み合わせて、自分だけのかんざしなどが作れます。
 (92345)

「きれのはな」は、繊細な手仕事でひとつひとつ作られた一越ちりめん製のブランドです。

作品の和の世界からは、幸せとぬくもりを感じられますよ。細かく丁寧なつくりに感動して、ずっと見つめていたくなっちゃいますね(^^♪
 (92346)

自分でパーツを選んで、お好みの作品に仕上げてくださいね。
 (92347)

 (92348)

ちりめん細工は、見ている人の心を癒してくれます。ぜひ手に取って見ていただければ、職人さんの気持ちが伝わってきますよ。

鮮やかな色やデザインで、日々に華を添えてみてはいかがでしょうか?

嵐山ちりめん細工館への口コミ

嵐山ちりめん細工館 基本情報

名称:嵐山ちりめん細工館
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺造路町19-2
電話番号:075-862-6332
営業時間:10:00~18:00
定休日:不定休
関連URL: http://www.chirimenzaikukan.com/
23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

アリー アリー

オススメの記事

今注目の記事