2018年6月8日 更新

【京都銭湯めぐり】ちょっと歩けば祇園界隈!古美術店も立ち並ぶエリアで一風呂☆「新シ湯」

祇園エリアより北側。古い店構えの古美術店も立ち並ぶエリア。早い時間帯から営業し、夜は深夜まで。祇園界隈で働く方にも人気の銭湯。

祇園で呑む前に一風呂

 (125910)

この日は祇園界隈で呑もうと。その前に近くで汗を流せる場所はないかと探していて、こちらへ。

祇園白川を越えて北側。古門前通り沿いに。こんなところに銭湯あるって知りませんでした。初訪問。
 (125913)

 (125911)

牛乳石鹸のれんです。わりと早い時間帯から営業していて、14時30分から。
 (125914)

夜は24時30分まで。わりと遅い時間まで営業してます。祇園界隈で働く方も利用されるみたいですね。
 (125912)

現役なんですかね。最近テレカ使える電話に思わず郷愁感じてしまうんですが(笑)
 (125915)

のれんをくぐると、男女共有の下足箱とマッサージチェアのあるスペース。この下足箱の木製の鍵の持ち手部分、それぞれ違った造りになっていてちょっと面白い。銀杏型のやつを使いました。

で、さらに男女共通ドアから入室して番台。浴室と独立したタイプ。で、女風呂へ。
脱衣室には昭和臭する服を入れるカゴ『柳行李』とグルグル竜巻ドライヤー。自販機もあって、デカビタ、ビックル、水など現代版ドリンク類。

さらに浴室へ。中央に浴槽ある典型的京都銭湯スタイルの間取り。アーチ型のくぼみ部分のあるジェットバス、泡風呂、浅深風呂。それ以外に入って手前くすり湯、水風呂、サウナ。さらに奥の隅に電気風呂。浴槽自体はコンパクトサイズながら、いろんなお湯が楽しめました。

こんな祇園界隈へスグ行けるような立地に銭湯があるとは、知る人ぞ知る、かもしれませんね。

新シ湯 へのツイート

詳細情報

住所:京都市東山区古門前通大和大路東入3丁目古西町316
電話番号:075-561-4210
営業時間:14:30~24:30
定休日:金曜日
12 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事

今注目の記事