2017年1月27日 更新

ミシュラン星付きのお料理とともにダイナミックな紅枝垂れ桜のお花見会へ!【退蔵院 春のお食事付き特別拝観プランが今年も開催】

妙心寺退蔵院では、今年も人数限定(各回約40名)の「お食事付き花見会」が開催されます。池泉回遊式庭園の入口に立つ、見上げるほど大きな紅枝垂れ桜は圧巻。お食事は京都で唯一、精進料理店としてミシュランで星を獲得した「阿じろ」さん。今から楽しみです!

瓢箪となまずが迎える、妙心寺の名刹・退蔵院

禅の精神を表す日本最古の山水画「瓢鮎図」と2つの庭園

室町期の画家・如拙(じょせつ)筆「瓢鮎図(ひょうねんず)」(国宝)は、男が瓢箪でなまずを捕らえようとしている様子が描かれています。
禅の精神を端的に表したこの絵をモチーフにしたものが、境内の至る所に散りばめられています。
また、作庭時期が異なる室町期の枯山水庭園「元信の庭」と昭和期の池泉回遊式庭園「余香苑」が400年の年月を越えて融合。
春には桜や藤、さつきなどの花々、秋には紅葉が彩りを添え、自然豊かで美しい情景を作り出しています。
「瓢鮎図(ひょうねんず)」※国宝模本

「瓢鮎図(ひょうねんず)」※国宝模本

方丈前に掛かる日本最古と伝わる山水画
方丈の枯山水庭園「元信の庭」

方丈の枯山水庭園「元信の庭」

国の史跡名勝。室町期の画聖・狩野元信の作と伝わります。普段は横からしか見ることができませんが、期間中は本堂の中から見ることができます!
紅しだれ桜

紅しだれ桜

退蔵院の紅しだれ桜は樹齢50年余り。京都の桜名所・平安神宮の孫桜にあたるそうです。圧巻です。
高低差のある池泉回遊式庭園「余香苑」

高低差のある池泉回遊式庭園「余香苑」

中根金作氏による作庭。四季折々の彩りとともに楽しむことができます。紅葉もいいですが、桜も最高ですね!
紅しだれ桜

紅しだれ桜

枯山水庭園(陽の庭・陰の庭)に降り注ぐ、紅しだれ桜のシャワーは必見です!

ミシュランも認めた精進料理店「阿じろ」による特別メニュー

精進料理「阿じろ」謹製 春のお愉しみ

このイベントでは、精進料理店として京都で唯一ミシュランの星を獲得した「阿じろ」による、特別メニューを朝は「朝粥」、昼は「点心」、夜は「御膳」を味わうことができます。
全てこのイベントでしか楽しめないメニューとのことで、今から楽しみです
朝のプラン「桜朝粥」

朝のプラン「桜朝粥」

すがすがしい開門前の桜を愛で、朝粥で禅の心にふれる春のひととき。
昼のプラン「紅しだれ点心」

昼のプラン「紅しだれ点心」

通常非公開の書院で楽しむお弁当と囲いの席(隠れ茶室)の特別見学ができます!
夜のプラン「京の春御膳」

夜のプラン「京の春御膳」

ミシュランも認めた春の精進料理と、完全貸切のライトアップ鑑賞会はなんとも特別な時間
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2019京都桜情報】全国的にも知名度急上昇!2大河川の狭間の絶景桜トンネル☆「背割堤(せわりてい)」

【2019京都桜情報】全国的にも知名度急上昇!2大河川の狭間の絶景桜トンネル☆「背割堤(せわりてい)」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は京都府八幡市にある宇治川・木津川の2大河川隔てる桜トンネル。全国的にも知られるようになり人気スポット。3月31日時点の様子。
とっておきの京都の桜「伏見編 ②」名所から穴場、地元グルメまで

とっておきの京都の桜「伏見編 ②」名所から穴場、地元グルメまで

桜の見頃をむかえ、観光トップシーズンの京都。市内全体がにぎわいますが、市内中心部や人気観光地は混雑しすぎるという声も聞かれます。そこで今年は人ごみを避けて、伏見、大原、高雄、山科、西京、京北の、市内周辺部へでかけてみませんか?比較的ゆったり花見ができる「とっておき」のおすすめスポットをご紹介します。
【京都お寺めぐり】白砂壇の砂絵は桜!冬の終わり告げる椿もぽたり☆鹿ケ谷「法然院」

【京都お寺めぐり】白砂壇の砂絵は桜!冬の終わり告げる椿もぽたり☆鹿ケ谷「法然院」

おおきに~豆はなどす☆今回は鹿ケ谷にある法然院。静寂に包まれた雰囲気が人気のお寺。冬の終わりを告げるように、名物白砂檀には桜の絵柄が描かれ、境内には椿が落花。
【2018京都桜情報】市内の中心を流れる鴨川の支流の満開桜並木☆地元民憩いのスポット「高野川~賀茂川」

【2018京都桜情報】市内の中心を流れる鴨川の支流の満開桜並木☆地元民憩いのスポット「高野川~賀茂川」

2018年直近の京都桜情報(3月29日時点)。鴨川の支流で出町柳を境に合流する高野川と賀茂川。それぞれの川沿いには桜並木があり、地元民が集うお花見スポット。
15種・40本の桜が楽しめる車折神社「渓仙(けいせん)桜」が見頃を向かえています【京都の桜】

15種・40本の桜が楽しめる車折神社「渓仙(けいせん)桜」が見頃を向かえています【京都の桜】

ここ最近の陽気で桜が開花している市内各所ですが、右京区・車折神社の名物桜「渓仙桜」も満開で見頃を向かえていますよ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

のぞみ のぞみ