2017年10月14日 更新

【京都カレーめぐり】ラーメン激戦区一乗寺の創業30年余の名物店!二代目でさらに進化のスパイスカレー「ガラムマサラ」

北白川では有名なスパイスカレーのお店。先代の強烈なキャラクターから二代目に代替わりして、インドカレー色強まり、さらにバリエーションが増え進化。久々に行ってきました。

先代の印象が今も残るカレー店

 (98236)

白川通り。向かいには京都ラーメンの代表格・天下一品本店。ちょっと年季の入ったウッディーテイストの店構え。

この界隈、というかその昔京都のカレー店ではかなり有名で、私もかつて何度か来ました。とてもアクの強いキャラのおばちゃんの、これまた個性的な味のカレーだったことを記憶しています。印象深く味覚として残ってるのは、フルーティーでバナナ味がしたような。
 (98237)

時を経て、今では二代目に代替わりしたとウワサを聞きつけて、久々に食べたくなって。先代が8年前お亡くなりになられてそれ以来だそうです。
 (98245)

以前はもっと広い店内だったように思いましたが。カウンターのみの店内。壁で隔ててタンドールのある調理場。通りからガラス越しにテイクアウトできるみたいです。この日はやってませんでしたが。
 (98246)

店内にはスパイス類も販売。カレー味のおかきやピーナッツも好評なんだとか。
 (98247)

お米は国産みたいです。「安心・安全で、からだにやさしい料理を食べてほしい」との想いから、
店で使う食材やスパイスはできるかぎり無添加の物を使用。
 (98240)

タンドリーチキン入りのバターチキンカレー。一押しみたいです。そして、ナンもあります。先代のころはなかったように記憶していますが、代替わりしてインドカレー色が強くなったみたいです。二代目は先代の娘さんで、インドで修行を積まれたんだとか。
 (98242)

 (98241)

 (98244)

他にもいろいろ。南インドのカレーも。
 (98243)

で、今回はちょっと最近の暴飲暴食で胃腸が弱ってたんで、ガラムマサラオリジナル野菜カレー1130円を注文。ナンをチョイスして。
 (98248)

程なくして、野菜カレーが登場。どこのお店もそうですが、ナン主張が強いです(笑)
 (98249)

わりと薄めに伸ばして香ばしく焼かれ、ギーですかね。バター風味の油が塗られて香り立つナン。
 (98250)

カラフル野菜がどっさり。エリンギ、パプリカ、ヤングコーン、ズッキーニ、さつまいも、人参がゴロンと入ってます。パクチー天盛りで。
 (98251)

大根のピクルスにはホールクミン。一見甘納豆風なのは、赤紫蘇風味のらっきょう酢漬け。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都ラーメン激戦区の本格スパイスカレー店!ランチはあいがけで高コスパ☆「三代目カレー舎、NANDI。」【一乗寺】

京都ラーメン激戦区の本格スパイスカレー店!ランチはあいがけで高コスパ☆「三代目カレー舎、NANDI。」【一乗寺】

一乗寺、京都ラーメン激戦区にある本格スパイスカレーのお店。ランチはとくに高コスパで、あいがけカレーが楽しめるお店。
辛いもの好きはメロメロになるスパイスカレー!元田中の「やぐ羅食堂」

辛いもの好きはメロメロになるスパイスカレー!元田中の「やぐ羅食堂」

元田中駅から東へ住宅街の中にポツンと佇む「やぐ羅食堂」。辛いもの好きはメロメロになるスパイシーカレーなり。
【殿堂入り】非凡なる蒐集家はハワイアンスタイル★あなたは知っていますか?北白川の小宇宙を「ミュ~」【京都造芸大前】

【殿堂入り】非凡なる蒐集家はハワイアンスタイル★あなたは知っていますか?北白川の小宇宙を「ミュ~」【京都造芸大前】

北白川にタイムレスコンフォートな小宇宙があることをご存知だろうか? こちらで頂ける、オリジナルトーストは南国の楽園を回想させるオサレミール。 独自のスタイルをつらぬくノンフィクション完全保存版。
京都のラーメン激戦区 一乗寺で絶品のトンカツを!ソースが旨い!「とん吉」

京都のラーメン激戦区 一乗寺で絶品のトンカツを!ソースが旨い!「とん吉」

京都のラーメン激戦区 一乗寺には、ラーメン店でけではなく、美味しい食事処が集結しています。その中でも評判のトンカツ専門「とん吉」をご紹介!トンカツが美味しいのはもちろんですが、オリジナルの絶品ソースがたまりません!
【京都大学スグ】マニアックなカレー好き必見!緑色のフレッシュハーブカレーは神秘味☆「アンダンテ エ カンタービレ 」

【京都大学スグ】マニアックなカレー好き必見!緑色のフレッシュハーブカレーは神秘味☆「アンダンテ エ カンタービレ 」

京都大学の東側。吉田山裾野にある住宅街にある隠れ家的お店。恐らく、ここを目指すつもりで行かないとたどり着けないような。女性店主がつくる名物のフレッシュハーブカレーを食べにランチで。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな