2017年10月31日 更新

京都で絶対食べたい「美味しい豚カツ(とんかつ)」厳選7店!定番から穴場まで【まとめ】

意外に豚カツが好きな京都人。全国区での人気店や地元民に愛されてきた名店から話題の新店まで、美味しい7店をご紹介します。

サクサクの衣に包まれたジューシーなお肉。みんな大好きと豚カツ(とんかつ)、京都で一度は味わいたいお店はココ!厳選して7店ご紹介します!

京都生まれのとんかつ専門店「かつくら」

 (100687)

 (100688)

 (100689)

京都のとんかつと言ったら、この店は外せません。関東でも人気!京都、三条生まれのとんかつ専門店「かつくら」。さくさくのトンカツはもちろん、赤ワインをたっぷり使い、りんごなどの果実を加えたまろやかさとコクのあるオリジナルソースも絶品。

名物かつくら膳(1980円)は、大海老フライと柔らかいヒレかつがセットになった、少し贅沢なメニュー。
麦ごはんとお味噌汁のおかわり自由も嬉しいポイント。

地元支持率の高い人気とんかつ店「勝裕(かつひろ)」

 (100694)

 (100695)

 (100696)

西大路七条近くにある地元支持率の高い人気のとんかつ店「勝裕(かつひろ)」。肩ロースを使った定番のメニュー、とんかつ膳180g(1430円)は、お皿からはみ出しそうなボリュームたっぷりのとんかつが自慢!
ご飯、とん汁、小鉢、お漬物もセットになって、ご飯はおかわり自由。

チキンカツやミンチカツ、ささみチーズなどメニューも豊富。アットホームな雰囲気も、地元支持率の高い理由です。

京都の揚げ物好きが通う「とんかつ食堂 熟豚」

 (100707)

 (100708)

 (100709)

2017年10月にリニューアルオープンした「とんかつ食堂 熟豚」のとんかつは、ジューシーさに圧倒される絶品とんかつ!熟成肉で有名な精肉店「京都中勢以(なかせいにくづき)」の熟成豚肉を扱っていて、京都の揚げ物好きには有名なお店です。
ぶあついお肉は食べごたえ充分。具だくさんの豚汁もついて、おなかいっぱいになる満足なセット。

とんかつ好きなら、一度は行ってみたいお店です。

行列必至の人気とんかつ店「おくだ」

 (100717)

 (100719)

 (100721)

安くて美味くてボリューム満点!ランチ時には行列になることしばしば、京都元田中の名店「おくだ」。地元民御用達のお店で、昔ながらの雰囲気にほっこり。ロースかつ定食が880円と、価格もとてもリーズナブル。
イチオシは、ビーフかつ!京都では昔、トンカツよりビフカツがポピュラー。デミグラスソースのかかったビフカツは、今も地元民に愛されています。

ご飯、味噌汁、たくわん付き。ジャンボロースカツなどメニューも豊富です。

甘めの特製デミソースが自慢「とんかつ・洋食の店 とんが」

 (100729)

 (100730)

 (100731)

西陣にある、レトロな雰囲気の老舗洋食店「とんかつ・洋食の店 とんが」。ちょっと甘めの独特のソースがサックサクのとんかつと絶妙にマッチします。
カツカレーやエビフライカレーなど、洋食のメニューも豊富で、何を食べようか迷ってしまうことも。

ランチメニューが夜も食べられてお得。何度も通いたいお店です。

ラーメン激戦区 一乗寺の絶品とんかつ「とん吉」

 (100736)

 (100737)

 (100738)

西日本最大のラーメン激戦区 一乗寺の隠れた名店、とんかつ専門店「とん吉」。
とんかつとコロッケがセットになったこんびエル定食は、1080円ととってもリーズナブル。ドーンと迫力満点のトンカツの上には、たっぷりのオリジナルソース。ネタケースに厚切りにされた豚肉をオーダーのたびに取り出し調理するので、揚げたて衣もサクサク。

昔ながらの美味しいとんかつを、ぜひ味わってみてください。

昭和感溢れるレトロ洋食店「とんかつ一番」

 (100744)

 (100745)

 (100747)

店内の雰囲気も懐かしい昭和感あふれる「とんかつ一番」。メニューも、とんかつ+たっぷりのキャベツの千切り+まろやか酸味のポテトサラダ+ケチャップ焼きそば系スパゲティという、昭和的洋食店ならおきまり!の構成。
トマト系のデミグラスソースも、昔なつかしの昭和テイスト。

とんかつだけでなく、昭和を楽しみたい人にはオススメのお店です。
いかがでしたか?一口に「とんかつ」と言っても、様々なバリエーションがある京都のとんかつ店。その日の気分に合わせて、色々なお店に足を運んでみてください。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

キョウトピ編集部 キョウトピ編集部