2020年11月12日 更新

【京都モーニング】『Amazon』間違い電話で話題の老舗☆絶品玉子サンド必食「喫茶アマゾン」

おおきに~豆はなどす☆今回は東山区七条にある老舗喫茶。ちょっと変わった理由から全国的にも知られるようになったお店。モーニングに玉子サンドをいただきました。

顧客満足度は『Amazon』に負けず劣らず(笑)

 (196103)

東山区、川端七条通りを東へ。国立博物館や三十三間堂にもほど近い場所にある、創業40年を超える古めの喫茶店「喫茶アマゾン」。この日は朝活の途中、モーニングをいただきにやってきました。

これまでにも、何度か訪れたことのある老舗喫茶店ですが、少し前にあることでも話題になり、地元新聞やローカルニュースでも紹介。
 (196102)

というのも、店名に注目。看板に『Amazon』とあります。なんとなくお察しでしょうか(笑)

じつはこちらの喫茶店、2~3年前からインターネット通販大手「Amazon」の利用者の間違い電話に悩まされることしばしばで、多い時には月10回ほど。

その話が「Amazon」にも知られることとなり、広報担当者がこちらに謝罪に訪れ和解に至ったとか。アマゾン違いで全く業種の異なる両者が歩み寄った、なんとも珍しいエピソードが話題に(笑)
 (196105)

そんな話はさておき、私としては以前から喫茶店として利用しています(笑)

店舗は1、2階とあり、1階は満席だったので2階へ。七条通りを望む窓際カウンター席、その背後にテーブル席があり、コンパクトながら十分なキャパあり。
 (196094)

朝はこんなコスパのいいモーニングメニューが4種。以前ホットケーキセットをいただいたことがあります。
 (196106)

こちらは以前食べた時の画像ですが、ホイップクリームとメープルシロップが添えられていて、今回もこれを食べたくなったりもしましたが。
 (196091)

 (196092)

 (196093)

それ以外の単品メニューもかなり充実している中、もう一つの名物メニューとして玉子サンドが挙げられ、中にはさらにアレンジを加えたものも。

で、今回は玉子サンドハーフサイズ500円とドリンクセット350円でコーヒーを注文。
 (196095)

窓際から差し込むやわらかい朝日を浴びながら、車が行きかう七条通をぼんやり眺めて待ちます。
 (196096)

まずはコーヒー。『Amazon』と書かれたカップに並々と注がれています(笑)
 (196097)

その後を追って、玉子サンドハーフサイズが登場。
 (196098)

玉子サンドをコーヒーも、朝日を浴びて美味しそうな陰影をつくっています。幸せの黄色い玉子サンド的画。
 (196099)

まずは玉子サンド。ハーフサイズですが、朝食としては十分なボリューム。ふわふわ食パンと厚焼きの玉子焼き、ハムが挟まっています。
 (196100)

崩れないように摘み上げ、慎重に口へ運びます。
 (196101)

ケチャップ、マヨネーズ、いいアクセントのマスタードが塗られた食パンに分厚い玉子焼きが口の中でほろりと崩れ、それを合図に全ての味が口中調味。ウマッ!で、意外とハムの旨味が効いてて、通常の玉子サンドよりさらにリッチな味わいに。ふわふわ故の、軽い流動感というか飲み物感で、あっという間に口に収まりゴチ!

モーニングメニューあり単品メニューも充実で、『Amazon』に負けず劣らずの顧客満足度大。ちなみに創業はこちらの方が先なので、ある意味元祖。京都が誇るアマゾンです(笑)

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:喫茶アマゾン
場所:京都市東山区鞘町通七条上る下堀詰町235
電話番号:075-561-8875
営業時間:7:30~17:30(L.O.17:00)
定休日:木曜日
関連サイト:http://cafe-amazon-kyoto.com/
19 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな