2016年4月15日 更新

北区原谷*今まさに満開!”夢の天国 さくらの園”「原谷苑」【花見】

市内のソメイヨシノはすっかり散ってしまいましたが、今満開で見頃を迎えている「原谷苑」。桜の他にも色とりどりの花が咲き誇り、そこはまるで桃源郷のよう。そんな原谷苑の様子をお伝えします。

満開のさくらの園へ潜入!

 (28556)

 (28557)

龍安寺や金閣寺の更に奥の山手、原谷。
原谷にある「原谷苑」では、毎年春になると桜はじめ色とりどりの花が咲き誇り、観る者の目を楽しませてくれます。

今年の春も見頃を迎えたとの事で友達に誘っていただき、訪問してまいりました。
実は私、原谷苑を訪れるのははじめてなので楽しみ。

こちら年々人気が高まっているそうですが、この日は平日にもかかわらず大勢の人出。
自家用車は進入禁止なので車の場合はタクシー利用なのですが、タクシーの数も半端ない!
私たちは立命館大学あたりから徒歩で向かったのですが、道中歩いておられる方も沢山おられました。

結構お高めな入苑料

 (28558)

入口で入苑料を払い入苑しますが、こちらの入苑料は「変動制」。
300〜1,500円程度の幅があるそうで、一番の見頃の時に最高額1,500円になるそうです。
この時は1,500円で見応えは期待できそう。
しかし1,500円…円山公園などでは無料で観覧できるだけに、楽しみながらも価格に正直違和感を感じつつ(苦笑)入苑。

まるで桃源郷!咲き誇る花々にココロ奪われる

 (28859)

 (28573)

 (28856)

 (28627)

 (28572)

入苑してびっくり。さくらさくらさくら!空がピンクです!!
しだれ桜はじめ20種・数百本の桜を中心に、椿、日向みずき、吉野つつじ、馬酔木、石楠花、やまぶきなど…実に色とりどりの花々が咲き誇り、それはもう素晴らしい世界が広がっています。
カラフルだけど可憐な花達が春の空を染める様は、言葉を失うほど美しい。

チケットに「夢の天国さくらの園」と書かれていて、それはおおげさやろ〜と見下してましたが、それもおおげさじゃない!と思えるぐらいの見事な庭園。
花に詳しくない私ですが、この風景には圧巻。この世に桃源郷があるとするならこんな感じ?とさえ思えてくるのでした。
 (28570)

苑内これほどの花が咲いているそう。桜に目が行きますが、他の花達を愛でるのも楽しく見応えあります。
以下お目汚し画像で恐縮ですが、苑内の花々をご覧ください。
 (28581)

 (28597)

 (28582)

 (28596)

 (28598)

 (28599)

 (28855)

↑友達激写してみました(笑)こういう風景でさえも絵になって素敵です☆

お天気が良かった事もあり、平日なのに人出の多さに驚きましたが、この風景ならわざわざお金払ってでも観に来るのもわかるなぁと納得。
そして友達のように撮影に講じている人も多数。
三脚を立てての撮影は禁止ですが、このようにスナップ撮影は自由ですし絵になるところが沢山なので堪能できますし撮り甲斐もあるので、写真家の方には楽しいスポットかと思います。
というよりどこもかしこも素敵で、どこを撮ったらいいかわからない!スポット多すぎですけど!(笑)

桜を愛でながら料理やお弁当を

 (28595)

 (28584)

予約制ですが、苑内では食事を楽しむ事ができます。
奥内の桟敷席ではオリジナルの紅しだれ弁当や花見弁当をはじめ、牛すき焼きや鳥すき焼きをいただく事も。
満開の桜を眺めながらの食事とは何とも贅沢!
 (28559)

 (28592)

 (28590)

 (28589)

また屋外の床几席でも、幕の内弁当やちらし寿司をいただく事が可能。
売店では桜餅や花見団子の販売などもあって、ちょっと休憩したい時に最適。
和菓子は嵯峨の有名和菓子店「嵯峨嘉」のもので、味は申し分ないはず。
お菓子片手にお花見もオツなものですよね。
(飲食物の持込は禁止ですのでご注意を)

見頃は4月下旬頃まで

 (28600)

今年の桜は見逃してしまった〜って方や、もう一度堪能したい、そして満開のしだれ桜で桃源郷気分を味わいたい方には是非ともオススメしたい原谷苑。
冒頭でお伝えしたように入苑料がかかりますが、私自身は値段の値打ちがあったと思いますし、人の多さはそれを物語っているように思います。
この価格を高いと見るか安いと見るかはあなた次第。
ですがこちらは公共施設ではなく四代目当主、村瀬さんが中心となって手入れされている個人所有の庭園。運営維持にもかなりのご苦労があるかと思いますので、これぐらいの負担は当然かもしれません。

個人的には有料でも訪問して損はないと思いますので、ご興味ある方は見頃な今のうちに是非お越しください!

原谷苑 on Instagram

原谷苑 施設情報

住所:京都市北区大北山原谷乾町36
電話:075-461-2924
春の開苑期間:3月26日~4月24日くらいまで(花の状況により変わります)
開苑時間:9:00〜17:00(入苑受付〜16:30)
入苑料:(おとな)1,500円(小・中学生)500円(小学生未満)無料※梅・もみじのシーズンは無料公開
※桜の開花状況により変動(300円〜1,500円。見頃時期が一番高いようです)
アクセス:
京都市バス 原谷農協前or原谷終点下車 徒歩約2分
わら天神より無料シャトルバスあり(11〜15時の間でピストン輸送)
※駐車場はありませんので、車での来苑はご遠慮ください

徒歩の場合:
市バス源光庵バス停より約2.5km(所要時間:約30~40分)
金閣寺より約2.2km(所要時間:約30~40分)
御室仁和寺より約2.1km(所要時間:約30~40分)

H.P:http://www.haradanien.com/
Facebook:https://www.facebook.com/haradanien/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス