2016年9月13日 更新

烏丸松原から路地裏に迷い込むと出会える。器と道具・喫茶室 「木と根(kitone)」

四条烏丸からちょっと下がって松原通を東に行くと、因幡薬師。その奥の細い路地に「木と根(kitone)」があります。

木と根(kitone)にはじめて訪れたのはもう10年も前のこと。
当時はこういった雰囲気のお店はまだ少なかったように思います。
カフェというよりは、器を中心とした雑貨店の傍らでお茶もいただけるという感じ。一人、もしくは数人で静かに過ごす場所なんです。
 (42280)

器と道具

kitone(木と根)は、2005年3月 春 京都最南端の鉾町である燈籠町の路地裏にある古い倉庫をお借りしてはじまりました、とても小さな店です。

多くの作り手の方による日常道具を主に扱っています。

それぞれは、いろんな場所からやってきます。
器を中心に、木工雑貨や日常の道具類、織物、布小物、青竹細工、あけび籠、山葡萄細工、金物等。
  
是非、実際の道具らをご自身の手にとってご覧下さい。
 (42286)

 (42287)

ちいさな空間でいただくお茶とお菓子

 (42284)

喫茶スペースでは、他店にはないこだわりのスイーツがいただけます。
夏場にはかき氷が有名なお店なのですが、その他のスイーツも美味しいです。
氷の苦手なわたしは、本日のデザート「甘夏わらび」と、無農薬栽培の紅茶の焙じ茶「べにほうじ」を注文しました。
「甘夏わらびもち」は甘夏の果肉と果汁のわらびもちで、ほんのり甘くほろ苦く、食べたことのない美味しさでした。「べにほうじ」は、紅茶の焙じ茶なので牛乳が添えられています。そのままでも牛乳を入れてもなかなか良かったです。
 (42285)

友人が注文した「アイスコーヒー」はおおきめのカフェオレボウルが印象的。
 (42283)

「木と根 kitone」への口コミ

「木と根 kitone」の店舗情報

店名:木と根 kitone
住所:京都市下京区燈籠町589-1 1階
電話番号:075-352-2428
営業時間:午後12時~日暮れまで。喫茶室ラストオーダー5時頃。
定休日:毎週水・木曜日定休。※臨時休業あり
店舗HP:http://kitone.jp/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

癖になる方続出!洗練されたカオス空間*居座れる雑貨屋!カマタ店【北大路】

癖になる方続出!洗練されたカオス空間*居座れる雑貨屋!カマタ店【北大路】

巷で話題のギャラリーであり、喫茶でありバーでもあるかなり個性的なラボ空間。塩系なのにスーパージェントル、「呪っちゃう」そんなノリの空間を創り上げるのは支配する主にあり。カマタワールドへようこそ。
京都2店舗目は街ナカ!しかもナミイタアレのあの喫茶も併設「ホホホ座 三条大橋店」

京都2店舗目は街ナカ!しかもナミイタアレのあの喫茶も併設「ホホホ座 三条大橋店」

北白川の異彩を放つ個性派ショップ「ホホホ座」。この度2店舗目が三条大橋たもとにオープン。浄土寺ホホホ座に比べるとこじんまりしていますが、個性的で手作り感溢れる店構えはやっぱり魅力的。そして今度は喫茶や立ち飲みも楽しめますよ!
御前御池 ちいさな喫茶店「喫茶ムギ」でやさしい時間を過ごす

御前御池 ちいさな喫茶店「喫茶ムギ」でやさしい時間を過ごす

御前御池を少し下がった住宅街の一角に素敵な一軒家、それが「喫茶ムギ」です。
【京都パンめぐり】創業70年余の老舗卸売製パン手がける街のベーカリー!モーニングあり☆「山一パン総本店ムーラン」

【京都パンめぐり】創業70年余の老舗卸売製パン手がける街のベーカリー!モーニングあり☆「山一パン総本店ムーラン」

おおきに~豆はなどす☆今回は伏見区墨染にある老舗卸売製パンが手がける街のベーカリー。イートインスペースもあり、昔からある街のベーカリー。
【丸太町カフェ】ゆったりと過ごせる『カフェ ビブリオティック ハロー』【ブックカフェ】

【丸太町カフェ】ゆったりと過ごせる『カフェ ビブリオティック ハロー』【ブックカフェ】

二条通の住宅に溶け込むカフェ♪外国の利用者も多く、ゆったりとした時間が過ごせます♪
m.m

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

camecame camecame