2016年3月6日 更新

本場イタリア ジェノバ仕込みの「大扇食堂」 味もボリュームも大満足! (伏見区淀)

食堂、と命名されているのは、元々シェフのご両親がやっておられたお店の名前をそのまま引き継いだから。

シェフは、烏丸高辻のイタリアン「ラットンゾーロ ドーロ」のオーナーで、先斗町で人気だった「カヴァリーナ」から、こちらに2年ほど前に移転されたようだ。

住宅街の中にぽつんとあるお店なのだが、2人掛けテーブルが4、高いカウンター席が8、立ち呑みスペースもある。カジュアルだが、なかなかお洒落。結構大音量でユーロなのかイタリアンなのか系洋楽BGMが元気で良い感じ。
 (19687)

ロッソのタイル壁が目立つ外観。ちょっと路地に入るのだが、看板もでているので見落とさないでしょうな。
 (19689)

ランチメニューを押さえてくるのを忘れたのですが、ワンプレートランチが¥1000、パスタランチは前菜にパン、パスタ6種からチョイスのプリフィックス、しっかりデザートにお茶、という布陣で¥1600なり。 デザート無しで¥1200、という構成。
 (19691)

で、実はあまり咽喉は乾いていないのだが、ついつい条件反射でノンアルビールを2つお願いしてお料理を待つのだ(汗)。¥600なり。

前菜はてんこ盛り盛り!の驚きのボリューム!

 (19693)

皿がでてきて、嫁と思わず笑ってしまったボリューム大!且つ凄い盛り込みの前菜。野菜類を中心に盛られていて、これ1皿で確実に20種類以上の食材が頂ける。野菜類以外はフリッタータ(これもジャガイモ入りとほうれん草入りの2種)、ミートボールに鳥ハム、鰯のマリネなどついつい冷えた白ワインが頂きたくなる構成なのだ。
 (19695)

で、間髪入れずに出てきた、これまた笑っちゃう量のパン。バゲット1本!などは他店でも見かけることはあるが、塩味の効いたニンニクとローズマリーのフォカッチャ、バゲットに胡麻パンなどなど計5種というのは、こういう個人店ではほぼ見ないですな。。。

当然全部は食べられないのだが、残ったのはちゃんとお持ち帰りにしてくれます。(きっちり、晩御飯になりました。。だはは)

こだわりのパスタ&リゾット

 (19697)

私チョイスは、+¥250加算の自家製麺のタリアテッレ。海老とズッキーニのオイル系。チキンブイヨン的な旨みを感じるタイプ。ズッキーニをこういう風に薄切りにしてパスタに合えると良いのだ~という発見。軽やかなお味で美味しい。
 (19699)

嫁チョイスはチーズ超!たっぷりなリゾット。コメの芯は残していない万人向け。なんとも愛想の無い見た目に反して、チーズ味濃密で非常に美味しい。これはチーズ好きなら絶対ハマるお味ですな。嫁はこれは正解だ!とニッコリ。

パスタ・リゾットともかなりシッカリ量で、パンは1/3しか食べられなかったのだが、デザートは別腹!!と甘いものを待つ。
 (19701)

これも¥1600ランチとするとむちゃくちゃ頑張っておられますなぁ。。カボチャプリンにパンナコッタにベリー系のジェラート、奥はチーズケーキにキャラメルソース、フルーツしっかりという鉄板的構成。嫁ともども、これは食べ過ぎだよ~と嬉しい悲鳴。
 (19702)

で、珈琲を頂いて充実ランチ終了~。


家の近所にこういうお店があると外食ライフが充実しそう。ランチ時は前菜3品にパン、それに白赤グラスワインで¥2000!という立ち飲みセットもある。競馬のあとにしゃらっと呑みに来るのも良いかもしれませんな。

御馳走様でした、近隣に近寄ったら確実に再訪します!

大扇食堂 へのクチコミ

大扇食堂 店舗情報

■店舗名
大扇食堂(だいせんしょくどう)
■住所
京都市伏見区淀池上町136-14
■営業時間
11:30~14:00 18:00~21:00(L.O) 水休
■定休日
水曜日
■電話番号
075-925-7988

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。