2017年11月10日 更新

【2017京都紅葉最新】大本命の絶景スポット!紅葉グラデーション始まってます!!激混み前にチェック☆「東福寺」

11月10日時点の京都随一の紅葉スポット・東福寺。そろそろあの赤く染まるもみじの雲海が出来てるかな?と紅葉パトロールへ。

あの絶景の赤い雲海を求めて

 (102705)

東大路から南下して東福寺へ。
もう、言わずとしれた京都随一の紅葉の名所・東福寺。日本最古にして最大級の伽藍。この日は平日ということですかね。思ったよりも空いてます。
 (102718)

中でも、一番の絶景ポイントがこの臥雲橋から見渡す通天橋。こちらは、缶コーヒーのCMでタモリさんも通った場所。もちろんJR東海「そうだ京都行こう」のポスターにもなってます。
 (102706)

そしてご対面。
オォ!美しい!!臥雲橋から眺める通天橋。すでに先端が赤く色づき、通天橋は赤い雲海の中に浮かんでるような光景。
 (102707)

まだ黄色、緑色のグラデーションもあり、徐々に最高潮へ向かっている、まさにその途中といった感じ。

なお、11月11日(土)〜30日(木)迄は通天橋、臥雲橋の上での撮影はNG。
 (102708)

日当たりがあまりよくない場所は清涼感すら感じる緑な世界ですが、紅葉ピーク時になると、橋から見下ろす赤絨毯が広がります。
 (102709)

いや~もうこれだけでもかなり満足ですが(笑)
 (102710)

境内も。三門。
応永32年(1425年)に足利義持が再建し、現存する禅寺の三門としては日本最古。上層に釈迦如来と十六羅漢を安置する折衷様の五間三戸二重門。
 (102711)

「五間三戸」とは正面の柱間が5つ、うち中央3間が通路になっているという意味。「二重門」は2階建ての門だが、「楼門」と違い、1階と2階の境目にも軒の出を作ったものを意味し、他の三門にはない独特の様式。見応えがあります。
 (102712)

 (102713)

意外と空いてますね。ピーク時だとここも行列だと思いますが。通天橋拝観入り口。拝観料は400円。
 (102714)

本堂まわりには露店も。
 (102715)

ちりめん山椒、しば漬、ゆばなどお土産にも最適な商品が並んでる中、とても落ち着く香りが漂ってくるなぁと思ったら、お香の老舗・松栄堂さんも。
 (102716)

 (102717)

拝観の合間の休憩には、こちらも境内にある前田珈琲の御茶席も。

今年は紅葉の進行が早い早いとは聞いてましたが、けっこう見頃とも言えます。来週あたりがピークかもしれませんね。

ヨ~イヤサ~♪
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2017京都紅葉最新】まぶしい黄金と紅葉の絶景コラボ!ワールドワイドな観光スポット「金閣寺」

【2017京都紅葉最新】まぶしい黄金と紅葉の絶景コラボ!ワールドワイドな観光スポット「金閣寺」

言わずと知れた京都観光スポットの筆頭的存在。とにかく外国人観光客に人気。唯一無二の存在。ちょうど休日の晴れを狙って行ってきました。
【2017京都紅葉最新】京都随一の観光名所・嵐山渡月橋の紅葉パトロール!燃ゆる山々はもう間もなく☆【嵯峨嵐山エリア】

【2017京都紅葉最新】京都随一の観光名所・嵐山渡月橋の紅葉パトロール!燃ゆる山々はもう間もなく☆【嵯峨嵐山エリア】

休日の朝。曇天の中、京都随一の観光名所の嵯峨嵐山へ。渡月橋まわりの紅葉パトロールへ行っていました。
【南禅寺】京都人気紅葉名所!2017カウントダウン開始!!小さい秋の気配をパトロール☆

【南禅寺】京都人気紅葉名所!2017カウントダウン開始!!小さい秋の気配をパトロール☆

京都人気紅葉スポットの南禅寺。朝晩の涼しさもすっかり秋の様相。そこで、まだまだピークは先ですが、小さい秋の気配を探しに行ってきました。
京都随一の紅葉スポットは新緑も天下一品!青もみじの海に浮かぶ通天橋必見☆「東福寺」

京都随一の紅葉スポットは新緑も天下一品!青もみじの海に浮かぶ通天橋必見☆「東福寺」

紅葉シーズンは大人気スポット・東福寺。臥雲橋から見渡す紅葉の海は缶コーヒーのCMになるほどの絶景。そんな秋の名所を初夏に訪れてみました。
【2017京都紅葉最新】最終章!洛東エリアを紅葉パトロール☆南禅寺~安楽寺~法然院

【2017京都紅葉最新】最終章!洛東エリアを紅葉パトロール☆南禅寺~安楽寺~法然院

師走も中盤。すっかり終了ぎみの2017年紅葉。今シーズンの総括として、洛東エリアの紅葉の名所を最終パトロール。12月10日時点の様子です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな