2019年1月9日 更新

こだわり卵のふわトロ感がたまらない!絶品デミグラオムライス「綴(つづれ)」【荒神口】

荒神口通にあるご飯カフェ。こだわりの卵で作るオムライスメニューは技あり!癖になる美味しさ。

荒神口のやすらぎキッチン

 (119867)

大学病院近く荒神口通にあるご飯カフェ「綴(つづれ)」
モルタルの外壁にモスグリーン色のひさしのシックな佇まい。
軒先に散らした観葉植物が風で優しく揺らぎます。
自然光が降り注ぐ柔らかな店内

自然光が降り注ぐ柔らかな店内

綴さんは岡崎の丸太町通りにある店舗とこちらの二店舗を展開しており、リーズナブルに家庭的な洋食を頂けるカフェレストランとして、地元の方々に愛されています。
 (119868)

シンプルかつ清潔感のある木目とアイボリーを取り入れた
アーバンカジュアルに設えた店内。

手前のゾーンのお席はカウンターに、ベンチシートで統一。
奥には小上がりの和室も用意され団体利用にも対応。
 (119869)

BGMにはサザンオールスターズや久保田利伸など90年代の懐かしのメロディとJapaneseR&B
雑誌は若者向けの漫画や各種新聞。
フレンチレトロなフェミニンテイストの雑貨が店内を優しく彩ります。

洋食メニューがズラリ

 (119871)

店頭のメニューボード。
オムライスメニュー

オムライスメニュー

洋食メインのラインナップですが、こちらは養鶏場から直送された拘の卵を使用しており、卵を使ったオムライスメニューが充実。
とろとろ卵のチーズオムライス ¥780

とろとろ卵のチーズオムライス ¥780

とろとろ卵のチーズオムライスをチョイス。
ランチにはお味噌汁とサラダ付き。メインのオムライスは
センターに渦だかく山を描いたまんまるフォルムのオムライス。
サイドはデミグラスソースの艶々の海。
 (119874)

サラダはコールスロー、レタス、紫キャベツに
トマトにごまドレッシングをかけたスタンダードタイプ。
お味噌汁は割と濃いめで、ワカメとお麩がin。
 (119872)

卵は厚く卵の白身は火を通さず生のままの部分があり、ふわとろとつるっと食感もプラス。
上部にはプロセスチーズを散らしコクと塩味をアップ。

適度にぱらっとしたご飯は
玉ねぎとベーコンとシンプルな具材のケチャップライス。
ごはんの量も適量、
濃い目のデミグラスソースが白身の淡白さがマイルドに仕上げます。
 (119876)

お手すきの時間もお冷をまめにチェックされたり気の利く、お綺麗なウェイトレスさん。
老若男女に対応したメニューや空間。
通し営業かつランチは16時までと学生さんや近隣の方に愛されるアットホームなごはんもいただけるとカフェでした。
 (119878)

クチコミでの評判

基本情報

店名:ごはんcafe 綴(つづれ)
住所:京都市上京区上生洲町211-31
電話番号:11:00~22:30
営業時間:京都市上京区上生洲町211-31
定休日:日曜日

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【新店】住宅地に佇む大人の洋食屋☆「まるさか洋食堂」一乗寺

【新店】住宅地に佇む大人の洋食屋☆「まるさか洋食堂」一乗寺

お昼のみ営業、不定休なので開いてたらラッキー!一乗寺に2019年3月にオープンしたばかりの洋食屋「まるさか洋食堂」さんへ行ってきました!
【昭和レトロ喫茶】オリジナリティ抜群のメガオムライス★翡翠(ひすい)【北大路堀川】

【昭和レトロ喫茶】オリジナリティ抜群のメガオムライス★翡翠(ひすい)【北大路堀川】

京都市民の胃袋をささえる、万能な老舗カフェレストラン。規格外グルメとして推奨したい、一押しオムライスはここでしか味わえない魅惑のオムライスです。
麗しの洋館カフェでいただく絶品オムライス☆ カフェレストラン「カムシン」【長岡京】

麗しの洋館カフェでいただく絶品オムライス☆ カフェレストラン「カムシン」【長岡京】

長岡教習所の南に位置する三角屋根がシンボルのクラシックスタイルの名喫茶店。非日常感を演出する重厚なアンティーク空間でいただくグルメな洋食。受け継がれるさりげないおもてなし精神、オムライスはここにしかないオリジナリティのある逸品です。
【京都老舗喫茶グルメ】とろプル卵とリッチソースがドッキング 「前田珈琲 室町本店」

【京都老舗喫茶グルメ】とろプル卵とリッチソースがドッキング 「前田珈琲 室町本店」

西京味噌を用いたコクのあるハヤシソースにフワプル卵のオムライスがドッキング。深みのあるどこか懐かしい味わいは喫茶店のお宝メニューの一つです。
蘇るアカデミックな喫茶店「文化堂珈琲店」【同志社前】

蘇るアカデミックな喫茶店「文化堂珈琲店」【同志社前】

同志社前に佇む一見、硬派なコーヒー専門店。中はまったり、ゆったり流れるアカデミックな空間でこだわりのサイフォンコーヒーでほっこりリラックス。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen