2020年1月16日 更新

【京都ランチめぐり】本場の味を京都で!オリジナルメニューも豊富☆長崎ちゃんぽん・皿うどん専門店「尚」

おおきに~豆はなどす☆今回は右京区花園にある本場長崎ちゃんぽんの味が楽しめるお店。創作性も加わり、さらに店独自のメニューもバラエティ豊か。ランチでお邪魔しました。

メニュー豊富な長崎ちゃんぽん・皿うどん専門店

 (175375)

右京区花園。この日は休日に友人と温かいものが食べたい、と思い、前から気になっていたお店へ。個人店では珍しい長崎ちゃんぽん・皿うどん専門店。車でやってきました。駐車場完備。
 (175376)

店の入り口からして、情報量多め(笑)そのメニューの多さに驚くんですが。
なんか、いろいろとカスタマイズできるみたいです。その一例。
 (175377)

丼物メニューも豊富にあります。さらにベビーカー歓迎、ベビーチェアもあり、と。
とにかく、お店の熱量を感じます(笑)
 (175384)

店内はカウンター中心。奥に調理場があり、時折ご主人が見え隠れ。
 (175379)

最初からちゃんぽん一択でしたが、メニューの多さにちょっとブレそうになる意志(笑)
 (175380)

皿うどんあり、さらには太麺タイプも。
 (175381)

餃子や焼きめしも。
 (175382)

丼物も。
 (175383)

ラーメンもあります。お店で一番調理に時間がかかるとか(笑)

まあ、最初から決めていたちゃんぽん、野菜多めで950円、友人は皿うどん太麺大1050円をチョイス。
 (175387)

注文完了後、ふと壁にある新作メニューをみると、ちゃんぽんのあんかけもあり。これはさらに温まるだろう、と途中変更。+50円。とにかく、メニューオプションが豊富です(笑)
 (175385)

待ってる間カウンター上のアメニティーを物色。こちらは本場長崎の地ソースみたいですね。皿うどんにかけるみたいです。
 (175388)

芸能人も来られる有名店みたいですね。ちょうど太秦の撮影所にも近いということか、かつて俳優・松方弘樹さんも来られてたみたいですね。
 (175389)

しばらくして登場のあんかけちゃんぽん。ぽってりとした盛り上がりを見せています。
 (175390)

まずは麺。本場の長崎ちゃんぽんらしく、麺は太めのかん水効いた黄色い麺。食べごたえあり。
 (175391)

スープと一体化する具材たち。豚肉、イカ下足、キャベツ、もやし、きくらげ、かまぼこなど野菜たっぷり。

スープは本場長崎のちゃんぽんらしく、濃厚でクリーミー。鶏ガラ、白湯系のコクがあり、まさしく本場の味わい。そして、スープはあんかけにしたので、固形感あって飲み物というより、完全に食べ物化してて、けっこうなボリューム(笑)
 (175392)

友人の皿うどん太麺。
 (175393)

麺はちゃんぽんと同じ仕様のソフトな太麺。それを思うと、あんかけちゃんぽんと限りなく近いような(笑)味見しなかったのでわかりませんが。
 (175394)

あんかけのスープの全部食べ干し、いや飲み干し、完食完汁ゴチ!けっこう大きなちゃんぽん鉢だったので、かなり満腹に。そして、身体もあんかけ効果でポカポカに。特に、大食漢の方や学生さんにはうれしいお店。気取らない雰囲気もいいお店でした。

ヨ~イヤサ~♪

尚 への口コミ

詳細情報

住所:京都市右京区花園八ツ口町7−15
電話番号:075-811-8938
営業時間:11時30分~14時30分 17時00分~20時30分
定休日:水曜日
関連サイト:http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/hissy/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな