2018年7月11日 更新

京都三条エリアの愛され食堂|和洋、海鮮、麺類なんでもありのラインナップ!「京味菜 わたつね」

三条柳馬場を少し上がったところにある、町の食堂「京味菜 わたつね」。安くて美味しいのはもちろん豊富なメニューと通し営業という使い勝手の良さで、評判のお店です。

三条エリアの愛され食堂

 (128569)

三条柳馬場を少し北へ、ビルの一階にたたずむ趣のある食堂「京味菜 わたつね」
柳馬場と言えば、河原町と烏丸のちょうど中間あたり。安くて美味しいことはもちろんメニューも幅広く、通し営業とあって使い勝手も良好、周囲で働く方々の定番の食事処として愛されています。
 (128570)

ところどころに昭和感を残す店内は、なんだか落ち着きますねぇ。
テーブル席がメインですが、見ての通り席間は広くとられているので、ゆったりと食事ができるのもこちらの魅力のひとつです。
席間が狭いとなんだか落ち着きませんもんね。
 (128571)

メニューの一部。
和洋、海鮮、麺類、揚げ物と本当に豊富でとりあえず「わたつね」に来ておけば、間違いのないラインナップ。定食やどんぶり、十割そばも評判です。

その日のオススメなどは店頭や、壁にペタペタ貼っていますので、そちらも要チェックですよ。

海鮮メニューもハズせない!

 (128572)

海鮮の気分だったので、刺身定食を。
刺身5種、小鉢、味噌汁、ご飯、香物で1000円はオトクじゃありませんか?
 (128575)

お気付きの方もおられよう。
ご飯は並なのはずなのに、他店では特盛くらいのボリューム感!
女性なら少なめ推奨です。
 (128573)

お刺身の内容は、季節や仕入状況にもよって異なりますが、
この日は、マグロ、ひらめとエンガワ、アジ、そして生シラスと5種類の贅沢なラインナップ。
薬味にみょうがを使っているのも、高ポイントです。
 (128574)

プリプリのひらめ。
どれも鮮度のいいお刺身で、全部で10切れ以上とボリューム満点。
まぐろもアジも美味でした。

お刺身いっぱい食べたぁと満足感のある定食でした。
 (128576)

こちらは別日で頂い海鮮丼(1300円)
海鮮丼もすっごいボリュームで、評判のどんぶり。
天ぷらや煮込み、おばんざいなどもメニューにあり、それらをアテに昼間から一杯やっている殿方も(笑)

長年、三条界隈で愛されてきた食堂「京味菜 わたつね」、通し営業という使い勝手の良さも魅力です。
そのアットホームな雰囲気、豊富なメニュー、美味しいご飯で癒されてください。

京味菜 わたつね クチコミでの評判

京味菜 わたつね 店舗情報

店名:京味菜 わたつね
住所:京都市中京区柳馬場通三条上ル油屋町94 綿常ビル
電話番号:075-221-5957
営業時間:11:00~20:00(L.O)
定休日:日曜・祝日
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都大衆食堂めぐり】創業明治のレトロな哀愁漂う名物食堂でポッカポカの粕汁うどん!関西人大歓喜☆生そば「常盤」

【京都大衆食堂めぐり】創業明治のレトロな哀愁漂う名物食堂でポッカポカの粕汁うどん!関西人大歓喜☆生そば「常盤」

昔からある三条、寺町商店街の大衆食堂。創業はなななんと明治11年。見るからにレトロな雰囲気漂うお店で、うどんそばを始め、定食類もあり、しかもどれも割安で庶民派。そんなお店で冬にうれしい粕汁うどんを食べてきました。
【京都ランチめぐり】山科駅前の昔ながらの人気大衆食堂!800円破格定食!!持ち帰り品も充実「千成餅食堂」

【京都ランチめぐり】山科駅前の昔ながらの人気大衆食堂!800円破格定食!!持ち帰り品も充実「千成餅食堂」

京都山科駅前にある、昔ながらの大衆食堂的風情のお店。気取らない雰囲気が人気で昼時ともなると、客でにぎわう。通し営業で食事時間を選ばずに利用できるのも魅力の一つ。CPよく、味も驚きの美味しさ。
【京都四条烏丸】選べる京のおばんざいでチョイ呑み!オフィス街で通し営業がうれしい☆「京菜味のむら」

【京都四条烏丸】選べる京のおばんざいでチョイ呑み!オフィス街で通し営業がうれしい☆「京菜味のむら」

烏丸蛸薬師、オフィス街にある手軽にファーストフード感覚で京都のおばんざいを中心とした朝食やランチが食べられるお店。夜営業も開始されてて、しかもお得なちょい呑みセットも登場。
京都 河原町エリアの隠れ家まったりカフェ★time piece cafe(タイムピースカフェ)

京都 河原町エリアの隠れ家まったりカフェ★time piece cafe(タイムピースカフェ)

河原町エリアにて人気をキープし続けている隠れ家的カフェ。繁華街のど真ん中とは思えぬリラックス感あり。北欧家具と音楽が奏でるヒーリングスポットです。
京都のレトロオシャレビル★ボリューム満点のクロックムッシュ「アンデパンダン」【京都カフェ】

京都のレトロオシャレビル★ボリューム満点のクロックムッシュ「アンデパンダン」【京都カフェ】

三条通のランドマークともいえる1928ビル。今や新しいライバルカフェが次々とオープンされるなか人気の衰えを知らないアンデパンダン。その魅力は個性豊かなメニューとカジュアルな使い勝手オンリーワンのかっこよさにありました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし