2019年8月31日 更新

【京都ランチめぐり】府庁前の穴場大衆レストラン!手づくり洋食はリーズナブルで美味◎「ポパイ」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都府庁前にある、穴場大衆レストラン。リーズナブルで温かみある手づくり洋食メニューが人気で、どれも割安。ランチでお邪魔しました。

レトロな雰囲気漂う庶民派洋食レストラン

 (162127)

京都府庁前。向かいには日赤病院もある大通りに面したビル2階。
1階には京都老舗ベーカリーの進々堂があり、ちょっと目立たないエントランスですが。

前から気になっていたお店。以前日赤病院でお世話になっていた時、すでに廃業してしまった手づくり洋食店「手塚」はよく来店してましたが、こちらは初めて。ここも雰囲気的には古そうなお店です。
 (162128)

いかにも昭和レトロな雰囲気のメニューサンプルが並び、これだけ見てもレトロ洋食好きには心躍るメニューぞろい。

階段を上ります。
 (162129)

派手派手しさが皆無の店ドア。一瞬ここであってるのか?と不安になるほど(笑)
 (162130)

中は意外と広いです。
このスペースにもテーブル席が並び、そこそこのキャパありそうですが、さらに奥にもこれと同じくらいのスペースがあり。
 (162131)

窓際カウンター席もあり、向かいの日赤病院も望めます。

店内にはテレビもあり、大衆レストラン的雰囲気。12時前に伺ったので、この時点では空いていましたが、府庁職員風の方やこの近くで働く男性客に人気のようでした。
 (162132)

王道の洋食メニューを1000円前後で提供。
 (162133)

とんかつに至っては3段階のボリュームで、大とんかつはかなりガッツリらしく、大食漢の男性でも十分なボリュームみたいです。

で、今回はいろんなメニューを食べたかったんで、ランチ1000円を注文。ランチにはコーヒーが付きます。
 (162134)

テーブルセッティングにはレトロな紙ナプキンとナイフフォークではなく割り箸。こんなところに気取らない大衆的雰囲気を感じます。

店員さんもフレンドリーに会話してくれて、この日身に着けていたTシャツのことをツッコまれました(笑)
 (162135)

ほどなくして運ばれたランチ。
レトロ洋食好きにはたまらない、ステンレス皿に料理が盛られています。他、ライス、赤だし、お漬物付。
 (162136)

おおよそ、店のオールスターメニューが小さいサイズで盛り込まれた、そんな印象の一皿。
 (162137)

まずは洋食メニューの王様的ハンバーグ。小さいサイズですが、とても丁寧に作られた安定の美味しさ。
 (162138)

焼肉。ご飯がすすむ一品。
 (162139)

これも二口サイズくらいの海老コロッケ。これも手づくりで絶品。デミグラスソースがなんともほっこりする程よい洋食かげんのソース。本格派の店だと赤ワインかなり効かせました~とかありますが、デイリーに食べたくなる優しさかげんと言えばいいですかね。
 (162140)

とんかつ。ヒレ部分ですかね。あっさりしつつ、肉肉しいやつ。
 (162141)

エビフライもちゃんとしたヤツです(笑)プリプリの車エビ系。バナメイ系ではなく。衣のつけ方がいい。タルタルソースを添えて。しっぽもバリバリといただきました。

で、出汁巻玉子も入っていますが、これも手づくりの家庭的な味わい。他、サラダも野菜の種類豊富で盛りだくさん。
 (162142)

食後、濃いめのコーヒーも付いて1000円ぽっきり。これはいい。どれ一つとってもブレのない洋食メニューが一皿に盛り込まれ、侮れない美味しさ。また近くに来た際には立ち寄りたいお店でした。

ヨ~イヤサ~♪

レストランポパイ への口コミ

詳細情報

店名:洋食レストラン ポパイ
住所:京都市上京区釜座通椹木町下る夷川町375
電話番号:075-221-3594
営業時間:11:00〜15:00
定休日:日曜日

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな