2017年3月15日 更新

【保存版】京都オススメの熱々京うどん!寒の戻りにまだまだ湯気が恋しい☆【厳選5店】

三寒四温とはよくいったもので、一週間のうちでも気候の変化めまぐるしいこの時期。ポカポカ陽気でもう春は来たか!と思ったら真冬を思わせるような寒の戻りがあったり。そんな寒い日にはまだまだ湯気が恋しいですね。そこで、熱々のオススメうどん店をまとめてみました。

京都屈指の行列大人気店!熱々の天とじうどんは必食「岡北」

 (75192)

 (75193)

 (75194)

岡崎界隈の常に行列をつくる店として有名なうどん店。昭和15年創業。どのメニューも冬場食べたくなるラインナップだが、特に一番人気の天とじうどんがオススメ。あの京料理界のレジェンド・菊乃井のご主人村田さんも大絶賛。贅沢な大海老の天ぷらとたっぷり2個使いの玉子とじの出汁、そして柔らか京うどんは優しい味わい。完食する頃には額に汗するほどポカポカ。そして、また食べたくなる満足感。

カスジルスキーの関西人大歓喜の鍋焼きうどん「てんぐ」

 (75196)

 (75197)

 (75198)

河原町荒神口にある、地元に溶け込む気取らないうどん屋さんといった風情。昼時ともなると、常連客中心に行列を作ることもある人気店。そして、冬場だけ限定メニュー「霜ふりうどん」は関西人が大好きな粕汁の煮込み鍋うどんという夢のような逸品。麺は全て自家製で「ささめん」と呼ばれる中華そばを使った「大人のカレー肉ささめん」もまた名物。惜しげもなく牛肉が入ったリッチなカレー中華も冬場に食べたくなるメニューの一つ。

創業明治36年老舗だし専門店のお葱うどん「仁王門うね乃」

 (75200)

 (75201)

 (75202)

三条京阪駅にほど近い、仁王門通り沿いの創業明治36年老舗だし専門店が営む人気うどん店。こちらも週末には行列をつくるほど。そして、寒い時期美味しくなる京野菜・九条ねぎを使ったお葱うどんはたっぷりの九条ねぎとおろし生姜、関西風の薄い色の上品な出汁に柔らか細めの京うどん。はんなりとした滋味深い味わい。たっぷりの出汁も完飲してしまう美味しさ。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【保存版】底冷えの冬の京都で温まる~♡京都オススメの美味しい粕汁のお店【厳選6店】

【保存版】底冷えの冬の京都で温まる~♡京都オススメの美味しい粕汁のお店【厳選6店】

今週に入り、毎日小雪ちらつく京都。そんな寒い冬に欠かせないのが粕汁。酒処伏見の酒蔵の良質な酒粕も豊富にあり、とりわけ美味しい粕汁が食べられる京都。そんな京都でオススメの粕汁が美味しいお店をまとめました。
【保存版】京都オススメの寒い冬に熱々ぽかぽか朝食☆ちょっと変わり種で京都通!【厳選4店】

【保存版】京都オススメの寒い冬に熱々ぽかぽか朝食☆ちょっと変わり種で京都通!【厳選4店】

年明けて、雪も積もり本格的に寒さ増す京都。暦では大寒でもアリ納得(笑)特に冷える朝は身体を温めるものが欲しいですよね。そこで、今回はちょっと変わり種の熱々ぽかぽかのオススメ朝食をまとめてみました。
【保存版】京都オススメの絶品冷麺!冷麺の超有名店から個性あふれる変り種冷麺まで☆【厳選9店】

【保存版】京都オススメの絶品冷麺!冷麺の超有名店から個性あふれる変り種冷麺まで☆【厳選9店】

京都オススメの冷麺をまとめてみました。通年食べられる有名店から昭和風情ただよう大衆中華料理店、さらに四川系有名店の冷麺まで。全9店まとめました。
【京都大衆食堂めぐり】創業明治のレトロな哀愁漂う名物食堂でポッカポカの粕汁うどん!関西人大歓喜☆生そば「常盤」

【京都大衆食堂めぐり】創業明治のレトロな哀愁漂う名物食堂でポッカポカの粕汁うどん!関西人大歓喜☆生そば「常盤」

昔からある三条、寺町商店街の大衆食堂。創業はなななんと明治11年。見るからにレトロな雰囲気漂うお店で、うどんそばを始め、定食類もあり、しかもどれも割安で庶民派。そんなお店で冬にうれしい粕汁うどんを食べてきました。
【京都文化博物館スグ】創業明治の4代続く老舗蕎麦屋さん!通し営業で普段使いがうれしい☆「大鶴」

【京都文化博物館スグ】創業明治の4代続く老舗蕎麦屋さん!通し営業で普段使いがうれしい☆「大鶴」

三条堺町にある明治38年(1905)創業の老舗のお蕎麦屋さん。この日はランチタイムを逃して難民になり、通し営業しているこちらへ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな