2022年10月2日 更新

【京都・長岡京】スパイスカレーが美味しい住宅街に佇む人気定食屋「まるか食堂」

長岡京市の駅近くにあるトンテキがメインの定食屋「まるか食堂」さん。近年、マニアックなスパイスカレーが評判なんですが、ご紹介します。

地元人気の高い食堂でスパイスカレー

 (230095)

大阪に隣接する長岡京市の住宅街にあるよくある街の定食屋さんなんですが、スパイスカレーが美味しいと近年話題になっている「まるか食堂」さん。
JR長岡京駅、阪急長岡天神駅からも徒歩圏内。店の前に駐車場も2台分あります。
 (230096)

メインはトンテキ定食のお店で、味は3種類。トンテキ、ポークケチャップ、そして麻辣とありました。
また日替わり定食もあり、この日は豚キムチ炒め定食でした。

お客さんの6~7割がトンテキか日替わり、残りがカレーといった感じで人気を分けています。
感覚的には若いお客さんの8割くらいはカレーを注文されていました。
 (230097)

人気上昇中のスパイスカレーはこんな感じ。カレーの種類はおおよそ2週間ほどで変わっていくそうです。
あいがけができ2種、3種盛りと選べます。またラーメリックライスからバスマティライスに変更ができたり、ハリームを追加できたり、街の定食屋さんとは思えない構成。
 (230098)

今回のお目当てはカレーだったので、3種盛り、バスマティライスに変更に。

特徴的な盛り付け方のMARUKAカレー。甘いミニデザートもセットに。
 (230099)

MARUKAカレーは向かって
右 チキンアチャーリ
真ん中 フィッシュマサラ
左 牛すじカレー

副菜に、
キクラゲのアチャール
パパイヤのポリヤル
ジャガイモのクミン炒め
切り干し大根のアチャール

想像以上に本格的なカレーにビックリしました。本格派というよりマニアックな域。
 (230103)

バスマティライスとは、インディカ米の中の高級種のひとつ。香り豊かで、パラパラと軽い食感が特徴的。最近、カレー屋さんでも見かけることが増えてきました。
もちろんカレーとの相性バツグンなので、ぜひ変更されることをおすすめします。
 (230100)

鶏肉ごろごろのチキンアチャーリ。
 (230101)

こちらは牛バラのすじを使ったカレー。
 (230102)

スズキを使ったスパイシーなカレー。

全体的に食材の出汁や具材を活かしたスタイルで香りは豊かであるものの、辛味は控え目。それぞれの食感の違いや、あわさったときの相乗効果を楽しめる仕上がりで美味。

街中に出店してほしいくらいの仕上がり。
 (230125)

甘いミニデザートをいただいて充実のスパイスカレーランチは終了。

スパイスカレー店は増えている京都ですが、どうしても市内中心部に固まっています。長岡京市でこのレベルのスパイスカレーが頂けるのはうれしいですね。

近隣の方、市内へ行かなくても十に分美味しいスパイスカレーが頂けます。おすすめです。

店舗情報

店名:まるか食堂
住所:京都府長岡京市一里塚2-14
営業時間:11:30~14:00(LO)17:30~21:30(LO)
定休日:日曜日、月曜の祝日、不定休あり
SNS:https://www.instagram.com/maruka_shokudou/
14 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン

オススメの記事