2019年9月19日 更新

限定6食?1000円のお値打ち蕎麦弁当ランチ!隠れ家的名店☆「京そば処 夷川 つるや」【河原町二条】

リッツカールトン京都裏にひっそりと佇む小さなお店。家族経営でご近所さん御用達店ながら、本格派。

まえまえからウワサを聞いて気になりつつ・・・

 (36966)

昼時、河原町丸太町界隈で取材。で、そういえばこの近くに評判のお蕎麦屋さんがあったな、と。
初訪。リッツカールトン京都裏。以前記事でも取り上げた銅駝美術工芸高等学校のすぐ向かい。

こじんまりとした店内

 (36968)

店内はわりとこじんまりとした雰囲気。
 (36970)

カウンター6席と小上がりの座敷席。落ち着いた雰囲気。
12時過ぎでしたが、カウンターは大体お客で埋まり、皆ご近所さん、常連さんのような雰囲気。中には銅駝校の教員らしき方も。

どれもこれもそそられるラインナップ

 (36971)

昼限定メニュー(現在、一部金額改定されています)。カウンターに座ってる他のお客さんは皆このどれかを食べてました。
 (36972)

十割石臼せいろ、ちょっと気になります。町のお蕎麦屋さん的でありながら本格派。
 (36969)

こち天丼や石鯛天丼、あとめひかりの天ぷらなど、ちょっとマニアックなバリエーションもまたそそられます。夜用の酒のアテ的メニューが充実してそうな雰囲気。

で、今回は迷いに迷ってつるや弁当を注文。あとで聞くと、限定6食の激戦弁当。ギリギリセーフでありつけました。そして、小そばは冷たいやつをチョイス。

これで1000円?

 (36973)

2段重の弁当とともに運ばれてきました。
で、ザ☆オープン!こんなにバラエティーに富んで、デザートにメロンまでついて1000円!

えぇえぇ、くわしく説明していきますよ(笑)

 (36974)

彩り豊かな鶏の南蛮漬け、出し巻玉子、香の物。このお漬物に日の菜漬入ってるところに、本気度を感じるんですけど(笑)
 (36975)

これはプロの仕事ですね。ふわふわでふんわりと出汁感ある出し巻玉子。ちゃんと巻き簾あともあるし、焼き上がりの成形もちゃんとされてることがわかります。
 (36976)

甘エビ2尾、椎茸、ししとうの天ぷら。もちろん揚げたてで衣加減もいい。
 (36977)

小そば。こちらは更科系の白いお蕎麦。手打ちです。
 (36978)

田舎系とはちがい、上品。そして、この蕎麦の薬味のわさび、ちゃんとおろしたての本わさび。すごい!これはお値打ちすぎる!!

ご飯もいい米を炊き立て。甘みを感じる。
とにかく、どれもぬかりない仕上がり。これは他メニューも期待できそう。また来るな。これは。つるや弁当狙いの方はお早めに。

ヨ~イヤサ~♪

京そば処 夷川 つるや への口コミ

京そば処 夷川 つるや 基本情報

■店舗名
京そば処 夷川 つるや
■住所
京都府京都市中京区土手町通夷川上る鉾田町299−3
■電話番号
075-212-3561
■営業時間
12:00~14:30
18:00~20:30
■定休日
木曜日
■禁煙・喫煙
分煙
(ランチタイム禁煙)
■駐車場

■詳細ページ
http://www10.plala.or.jp/kyoto/tsuruya/
https://www.facebook.com/ebisugawatsuruya

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな