2022年9月30日 更新

日本酒の街 "伏見"で愛される町中華「中国料理 揚子江(ようすこう)」

伏見区、中書島駅から徒歩すぐの場所に佇む地元民ご用達の中華料理店「中国料理 揚子江(ようすこう)」。長年愛されてきた街の名店です。

地元民でにぎわう街の名中華

 (229898)

日本酒の街 京都市伏見区。

最寄り駅は京阪の中書島駅。特急停車駅なので京都市内中心部、宇治、大阪へのアクセス拠点とし便利なエリアです。

中書島駅前は昭和な雰囲気が漂うエリアなんですが、今回は地元民ご用達の中華料理店「揚子江(ようすlこう)をご紹介します。
ほんと地元の人たちでにぎわう人気のお店なんです。
 (229900)

1階はカウンターのみで2階にもお席があります。行列なんてことはありませんが、入れ替わりながらずっと満席みたいな状況。
メニューは壁に。どれも美味しそうな一品系が並びます。
 (229901)

こちらは定食メニュー。終日OKなので、夜ご飯に来られるお客さんも多数。
 (229899)

ビールを頼んで、お料理の到着を待ちます。
ランチの中華もいいですが、やっぱり飲みながらの中華は最高ですよね。
 (229902)

中華のド定番、かつ大好きなメニューの麻婆豆腐。
きょうりが入った少し珍しいタイプです。
 (229903)

 (229905)

辛味もそれほどなく、うま辛って味わい。豆腐もたっぷりでよきビールのアテになります。日常使いしたい美味しさ。
またきゅうりの食感がおもしろくて、これはこれでいいかもしれません。
苦手な方は、きゅうり抜きで注文してくださいね。
 (229904)

みんな大好きな餃子も。ごはんにもビールにもよく合います。
 (229906)

皮はパリッと。割と軽い食感で、何個でも食べられそう。
ビールが進みます。
 (229907)

唐揚げはハーフで。揚げたてアツアツ、火傷に注意してください。
 (229908)

大ぶりで、皮ごと揚げていてジューシー。
鶏の旨味が広がります。唐揚げにはハイボールで。

通し営業で、夜定食もあり重宝する町の愛される中華料理店。

わざわざ行ってほしいとまでは思いませんが、
伏見に来られたら、ふらっと立ち寄ってみてください。地元の町中華めぐりも楽しいもんですよ。

店舗情報

店名:揚子江
住所:京都市伏見区西柳町545-2
電話番号:075-622-5507
営業時間:11:30~23:00(L.O.22:30)
定休日:火曜日
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン

オススメの記事