2019年10月31日 更新

感動的スパイスカレー「カオススパイスダイナー」【新京極カレー】

大阪堀江発祥、各出版社から出版されるカレー本を総なめにする行かずと知れたレジェンド店が京都に。こだわりの製法で作られるプロフェッショナルな一皿。じわじわ迫り来るスパイスの魔力にぞっこんです。

美味しさ悶絶、病みつきスパイスカレー

 (155773)

大阪堀江発祥、各出版社から出版されるカレー本を総なめにする行かずと知れたレジェンド店「カオススパイスダイナー」ここ、京都の三条寺町に支店があります。
こだわりの製法で造られるプロフェッショナルな一皿は、じわじわ迫り来るスパイスの魔力にゾッコン。

スタイリッシュな店内

 (155775)

ブティックを彷彿とさせる壁には装丁の映えるブックをディスプレイ、アーバンモダンに設えた
ワイドに広がる店内スペースはベンチシートとカウンター、小型のテーブルで構成。
デートにも使えそうなカレー店らしからぬクールかつモダンな空気感。
 (155780)

メンズライクなマガジンラックにはスパイス系雑誌やストリート系の雑誌がランダムに。
無骨な天井にグレィッシュな壁面、アーティスティックさを兼ね備えた天窓から降り注ぐ自然光が店内を明るく照らします。

キッチンには本日のメニューを掲げたブラックボート。
メニューブックとコーヒーアイテムのみの清潔感あるテーブル周り、
お冷はボトルにてテーブルにスタンバイ。
ランチメニュー

ランチメニュー

メニューはカレー三種にライスやトッピングを選ぶことができ、カスタマイズできます。
サイズ感も様々で、万人受けを狙える柔軟性のあるメニュー構成。
平日ランチタイム限定でドリンクがつくタイムサービスもあり。
 (155778)

まずは先出しでお願いしたコーヒーがサーブ。
コーヒーは酸味が強く口当たりマイルド。カレーとコーヒー、最高のドッキング。

ビジュアルも最高

 (168232)

私は、2種類のあいがけ、カオスポークキーマ、アムラタチキンコルマ、とターメリックライスをチョイス。
重厚感あるブラックのプレートに映える彩り豊かな華麗なるカレーアート。

アムタラチキンコルマは一口めから一撃なる深い辛味。ルー自体はさらっとしていますが、豊かなコクとチキンの味わい。

キーマは食べ始めは脂身の少ないあっさりしたひき肉の味わいがダイレクトに、そしてじわじわと迫り来る辛味が印象的。
 (168231)

生のパプリカやトマトが辛味を緩和、脇役達が食感と旨味を引き立てるアイテム。

ターメリックライスは適度な硬さもあり淡白ながらもウコンの香りがふわっと鼻孔をくすぶり一体感ある味わいをクリエイト。
 (155779)

場所柄、個性豊かな客層が集うランチタイム。
スタッフさんの数も多く行き届いたサービス。

無駄な私語はなく、帰りはドアの外までお見送りと決してフランクではないホスピタリティもリピートしたい魅力の一つ。
Free Wifiで通し営業と使い勝手抜群。
夜はシーフードを使ったアラカルトメニューなどカジュアル酒場としても需要がありそう。京都スパイスカレーを盛り上げてくれる繁華街のスタイリッシュなカレーレストランでした。

クチコミでの評判

基本情報

店名:カオス スパイス ダイナー 新京極店
住所:京都市中京区新京極通三条下る桜之町406-28 AIビル 2F
営業時間:11:30~22:00(LO21:00)
TEL:050-5594-0325
関連ページ:http://khaos-spicediner.com/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen