2019年4月15日 更新

タダカフェは普通じゃない!広告を見たらドリンク無料【京都】

三条に型破りなカフェが誕生しました。学生のアイデアで誕生したタダカフェは、広告を見ることでドリンクが無料というスゴいカフェです。

タダカフェのドリンクが無料になるワケ

三条に「タダカフェ」というカフェが誕生しました!でもこのタダカフェはタダのカフェではありません。タダカフェのタダは「普通の」という意味ではなく、「無料の」という意味。つまりタダカフェとは無料のカフェ!

「え?カフェが無料?」。2018年11月に誕生したタダカフェは、広告を見るとドリンク無料となる、世界初の試みの究極のカフェ。行かないと損しちゃいますよ?
 (149401)

オシャレなカフェの多い京都の街にまったく新しいタイプのカフェが誕生!三条にオープンしたタダカフェは、ある意味で究極のカフェとなっています。その最大の特徴は、なんとドリンクメニューが無料だということ。
 (149402)

カフェなのにドリンクが無料という、今までの概念に縛られない、まったく新しいビジネスモデルは「これまでにないカフェを作ろう」、「あったらいいな」という学生のアイデアが元になって誕生しました。
 (149404)

タダカフェが無料でドリンクを提供できる、気になる理由は広告収益。来店した人は、電子端末に表示される企業からの広告や行政からのお知らせが掲載された動画を、お店に入るとまず見ます。

その広告の対価としてドリンクが無料で提供されるという画期的なシステムとなっています。

気になるタダカフェのメニュー

 (149408)

ドリンクが無料のタダカフェ。値段の次に気になるのはドリンクの内容。やっぱりタダでも美味しい物を飲みたいですよね?

でも心配は無用。定番となるホットコーヒーを始め、オレンジジュースや各種ソフトドリンクも揃っていて、充実のラインナップとなっています。
 (149410)

広告を見ることでドリンクが無料となるタダカフェですが広告を見ないという選択肢も、もちろん可能。その場合には通常のカフェと同じようにお金を支払うことになっていて、値段は1杯300円となっています。
 (149412)

「タダでコーヒー飲めるカフェを見つけた!」と自慢するためにも、やっぱり見た方が断然お得です!

設備も充実のタダカフェ

 (149415)

タダでドリンクを飲めるタダカフェですが、店内には旅行情報誌など設置。無料で閲覧できるので県外からの京都旅行の休憩にも最適。また店内には無料のWi-Fiや電源使用も可能。電子機器の休息やSNSの閲覧や投稿にもピッタリ。

ほかにはトランプやダーツも置いてあるので、さまざまなカフェタイムを過ごせます。
 (149417)

またタダカフェが提供する広告は英語バージョンも用意されているので、インバウンド対応もバッチリ。

国内観光客やインバウンダーに利用されているタダカフェですが、平日の昼間には地域の住人や学生の利用も多く、旅の醍醐味の一つである地域の人との交流も可能となるかも。
 (149419)

また学生のアイデアによって誕生したタダカフェは、運営スタッフも全員京都の学生。若い人たちから、今まさに京都で話題になっている生の観光情報を聞くことも可能となっています。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

摩訶不思議な美味しさのロースカツパフェ『からふね屋珈琲 本店』【河原町三条】

摩訶不思議な美味しさのロースカツパフェ『からふね屋珈琲 本店』【河原町三条】

今や京阪神の至る所でお見かけする京都発祥のコーヒー店。どの店舗も圧巻バリエのパフェメニューですが、こんなキワモノ派メニューは本店限定です。
喧騒から逃れて優雅すぎる珈琲タイム*喫茶葦島(きっさあしじま)【三条河原町】

喧騒から逃れて優雅すぎる珈琲タイム*喫茶葦島(きっさあしじま)【三条河原町】

三条河原町の交差点のビル5階。究極の隠れ家は街中の喧騒からエスケープ、そして紡ぎ出されるリッチネスな珈琲処をご紹介。
チョコに溺れる!満足保証!なジャンボサイズパフェ「からふね屋珈琲 本店」【河原町三条】

チョコに溺れる!満足保証!なジャンボサイズパフェ「からふね屋珈琲 本店」【河原町三条】

京都が誇るパフェ界の王様、からふね屋珈琲。豊富すぎるパフェメニューは一種のドリーミングかも知れない★
ねぎ山盛りで安定の美味しさ!木屋町で飲んだ〆麺にもオススメ「魁力屋 河原町三条店」

ねぎ山盛りで安定の美味しさ!木屋町で飲んだ〆麺にもオススメ「魁力屋 河原町三条店」

河原町三条にある「魁力屋」です。味はご存知の通り、ねぎたっぷりの安定した美味しさの京都ラーメンです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

けいたろう けいたろう