2019年3月30日 更新

【最新】ぐるっと京都紅葉ダイジェスト!「哲学の道~詩仙堂~圓光寺~曼殊院~修学院離宮」

おおきに~豆はなどす☆もう京都紅葉情報がネット上ではあれこれ出回っていますが、一番リアルな紅葉情報はここにあり。11月2日時点の京都有名紅葉スポット最新情報をお届けします。今回は洛北エリア中心に。

哲学の道

 (61013)

 (61014)

 (61015)

多くの作家、文人に愛される憩いのスポット「哲学の道」。平日の午前中。銀閣寺道から少し南下して散策。天気もよく、紅葉風景をスケッチする人も多数。桜の木が中心なので、色づき、落葉とも他より少し早め。ゆったり歩くには最適なスポット。

哲学の道 への口コミ

詩仙堂

 (61001)

 (61002)

いつも手入れが行き届いた見事な庭園と紅葉の名所として名高い「詩仙堂」。若干色づき始めています。立地場所がわりと山間にあって、こじんまりとしたスペースだからか閑静な雰囲気。

詩仙堂 への口コミ

圓光寺

 (61003)

 (61004)

徳川家康ゆかりのお寺で、日本文化の発展において大きな役割を果たした洛陽学校開設の地「圓光寺」。紅葉の名所としてもよく知られ、以前は夜のライトアップ拝観もなされて、観光客で行列を作るほどの人気。現在は行われていませんが。水琴窟もある庭園は見どころたっぷり。少し紅葉も始まっています。

圓光寺 への口コミ

住所:京都府京都市左京区一乗寺小谷町13
電話番号:075-781-8025
拝観料:大人500円、中・高校生400円、小学生300円
拝観時間:9~17時

曼殊院門跡

 (61006)

 (61007)

 (61008)

 (61010)

洛北屈指の名刹である曼殊院門跡。庭園は雄大な自然を表現した仏教的な枯山水。勅使門に続く白壁と石垣に連なる紅葉もこちらの名物。少しグラデーションがはっきりしてきました。こちらは夜間拝観も実施中。

曼殊院門跡 への口コミ

住所: 京都府京都市左京区一乗寺竹ノ内町42
電話番号:075-781-5010
拝観料:拝観600円、茶室1000円要予約
拝観時間:通常拝観 9~17時(受付は~16時30分) 夜間拝観 日没~19時30分受付終了

修学院離宮

 (61011)

 (61012)

後水尾上皇が比叡山麓に造営した広大な山荘「修学院離宮」。修学院山をバックに広がる秋の棚田風景は、市内を一望できるパノラマ感。昨年までは事前予約が必要でしたが、今年から当日申込が可能に。平日昼過ぎに行って、意外と3時からの参観枠がほとんど空いていたので、狙い目。若干紅葉の進み具合早め。

修学院離宮 への口コミ

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2017京都紅葉最新】洛北の古刹もすっかり散紅葉!小さな桂離宮とも称される☆「曼殊院門跡(まんしゅいんもんぜき)」

【2017京都紅葉最新】洛北の古刹もすっかり散紅葉!小さな桂離宮とも称される☆「曼殊院門跡(まんしゅいんもんぜき)」

洛北エリア、修学院離宮の南側。東山が連なる丘陵に立地する紅葉の名所。おそらくピークは過ぎているだろうと思いつつ、行ってきました。
【京都銭湯めぐり】洛北観光の合間に一汗流してさっぱり!雄大な景観を背景に☆「雲母湯(きららゆ)」

【京都銭湯めぐり】洛北観光の合間に一汗流してさっぱり!雄大な景観を背景に☆「雲母湯(きららゆ)」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は洛北の観光名所の集中するエリアにある銭湯。山登り感覚の観光の後、一汗流しに利用しました。
【京都苔めぐり】苔マニア必見!有名寺院の庭園が苔アートに☆洛北エリアの紅葉の名刹「圓光寺」

【京都苔めぐり】苔マニア必見!有名寺院の庭園が苔アートに☆洛北エリアの紅葉の名刹「圓光寺」

JR東海『そうだ京都行こう』の企画。京都の有名寺院5か所で苔アート作品展示。今回は京都洛北、紅葉の名所としても知られるお寺。
【京都発酵食品部】日本唯一!発酵を司る微生物を供養する珍スポット!!京都洛北曼殊院門跡境内「菌塚」

【京都発酵食品部】日本唯一!発酵を司る微生物を供養する珍スポット!!京都洛北曼殊院門跡境内「菌塚」

京都にはいろいろな供養塔、塚がありますが、こちらはちょっと珍しいスポット。洛北にある古刹・曼殊院門跡。その境内にある微生物を供養するために建立された菌塚。発酵作用を司るのもまた菌。ということで、行ってきました。
【南禅寺】京都人気紅葉名所!2017カウントダウン開始!!小さい秋の気配をパトロール☆

【南禅寺】京都人気紅葉名所!2017カウントダウン開始!!小さい秋の気配をパトロール☆

京都人気紅葉スポットの南禅寺。朝晩の涼しさもすっかり秋の様相。そこで、まだまだピークは先ですが、小さい秋の気配を探しに行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな