2017年2月6日 更新

創業明治40年の京都老舗洋食店!花街の芸舞妓にも人気の洋食弁当!!「グリル富久屋」【京都宮川町】

京都五花街のひとつ、宮川町にある老舗洋食店。場所柄、芸舞妓にも人気のお店。中でも、昔スタイルに詰められた洋食弁当は花街ならではなおもてなし的メニュー。

宮川町にある創業明治40年の老舗洋食店

 (57547)

今京都最古の洋食店て、どこ?て調べたら、創業明治30年のキャピタル東洋亭。で、その次にここということになるんですかね。創業明治40年の老舗洋食店。
 (57548)

こんな食品サンプルも懐かしい雰囲気。芸舞妓も行き来する華やかな宮川町の一角にひっそりと。
 (57549)

店内にはこの店を贔屓にしている芸舞妓のうちわが。場所柄宮川町の方がほとんどですかね。近所には配達もされてるみたいです。

年季の入ったテーブル席。あと雑誌が充実してて、テレビもありました。ふらっと気軽に入れるお店。この日はランチで。
 (57550)

メニュー。
 (57551)

洋食の王道的メニューがいろいろと。タンシチューもあります。
 (57552)

玉子調理、米飯調理の表示がちょっと老舗なかんじ(笑)
 (57553)

そして、今回は食べませんでしたが、この「フクヤライス」というメニューはここのオリジナル。芸妓さんのリクエストで生まれたメニューらしく、トロトロの卵にトマトやグリンピース、マッシュルームが散りばめられ彩りよく、運ばれてきた瞬間に歓声が上がる華やか。卵の下はケチャップライス。これを目当てに来る客も多いんだとか。
 (57554)

そして、いろいろ迷いましたが、今回は洋食弁当(小)に。

懐かしいラグビーボール型の弁当箱

 (57556)

昔からある洋食店で洋食弁当を出してるお店で、この形の弁当箱をよく見かけます。一応フタは底に重ねて敷いてありますが、閉じれないくらいのうれしいもっこり感(笑)

ヒレカツ2枚、白身魚のピカタ、エビフライ2尾、ハンバーグ2個。下にキャベツの千切りが敷き詰められていました。

お味噌汁も添えられ、赤だしで椎茸、豆腐、三つ葉、あと薬味に粉山椒が。何気にこれ美味しくて感動するレベル。
 (57557)

お上品に小さい取り皿も一緒に添えられてます。これも芸舞妓さんたちのリクエストですかね。
 (57558)

基本味付けが足りない場合は卓上のウスターソースで。
 (57559)

まずはヒレカツ。厚めでやわらか。これは食べごたえある。
 (57560)

ピカタ。衣が滑らかでふっくらと仕上がっています。タルタルソースが添えられたエビフライもいい。
 (57561)

そして、ハンバーグ。小さいのが2個。トマト味強めのデミグラスソース。
 (57562)

これはきっとおちょぼ口の芸舞妓さんに合わせて、小さいのを2個入れてるんでしょうね。1個が2口くらいでした。

あと、ご飯がとくに美味しかった。新米かな。ご飯が美味しいところって大体当りのお店が多いですね。いろいろ洋食のオールスターをチョコチョコとつまめて、バランスのいい洋食弁当。今度はぜひフクヤライスを食べてみたいですね。

ヨ~イヤサ~♪

グリル富久屋 への口コミ

グリル富久屋 店舗情報

住所:京都府京都市東山区宮川筋5丁目341
電話番号:075-561-2980
営業時間:12:00~22:00
定休日:木曜日

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな