2017年7月1日 更新

【京都岡崎】日本で二番目に古い動物園がキレイになった!リニューアルして快適フレンズたち☆「京都市動物園」

2年前全面リニューアルオープンを果たした市民憩いの場・京都市動物園。キレイになってよくなった!とのウワサは聞きつつも、まだ入園してなかったんで、かなり久々に行ってみました。

日本で二番目に開園した動物園

 (85119)

岡崎。地元民にはおなじみ中のおなじみスポット。小学校の遠足といえば、もれなくついてくるスポット(笑)そして、ファミリーには困った時にはココ!というあるあるスポット。

2年前に全面リニューアルを果たし、とてもよくなった!というウワサはいろんな人から聞きつつも、まだ行ったことなく。たまたまぽっかり1時間この岡崎界隈で時間つぶすことになり、じゃあ入ってみるか!と。閉園時間の17時ギリギリまで。

まあ、エントランスからして全然違うんですが(笑)ビュッフェレストランとグッズ店が手前に。昔は一番奥に古い古いうどん、そばを出すお店がありましたが、今は図書館カフェが東側出口にあります。
 (85120)

もう見違えるほどです。動物園とは思えない(笑)あ、以前を知ってるだけに。これはベビーカーの子連れファミリーには、相当快適に押せそう。
 (85121)

動物舎と動物舎を結ぶ、空中の通路があります。高い位置からも動物が見れるんですね。以前はなかった仕掛け。
 (85122)

キリン舎。かなり近い位置から見れます。そして見上げるように。
 (85123)

それを上の観覧スペースからも。顔が近くから見れて、葉を喰む様子がよくわかります。
 (85124)

そして、キリン舎だけに、キリンの広告(笑)
この他、ゾウ舎には地元ぞうさんタクシーの広告やら、それぞれの動物にスポンサーがついてたり。動物園も京都市の財政だけでなく、そんな方法で運営資金集めたりしてるんですね。どこの動物園もエサ代やら赤字で大変という話を聞きますからね。
 (85125)

動物舎の屋上にはこんな畑も作られ、動物のエサとなるサツマイモを栽培してたり。いろんな試みがなされてるんですね。

以前の風景が残る場所も

 (85126)

この辺りはあまり変わってません。懐かしい(笑)
 (85127)

飼育員さんにゴリラもオススメされたんで。キレイになってます。
 (85128)

もうお食事に夢中でこっちには全然振り向いてもらえませんでしたが。ゴリラ。
 (85129)

ここも変わってません。サル山。夕方ともなると、どの動物もわりと緩慢というか(笑)
 (85130)

ちょっと最近人気者のフクロウ。ガン見してはグルングルン首をまわしてました。
 (85131)

ゾウも食事に夢中。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都イベント】参加費無料!初めてのバードウォッチング@岡崎疏水☆12月15日開催【日本野鳥の会京都支部】

【京都イベント】参加費無料!初めてのバードウォッチング@岡崎疏水☆12月15日開催【日本野鳥の会京都支部】

ちょうど冬鳥のシーズンイン。京都を満喫するには、神社仏閣観光だけじゃありません!そう、今なら野鳥が熱い!というわけで、今回は全くの初心者でも気兼ねなく楽しめるイベント企画
【京都のキセキ】来春から本格乗船スタート!ふるさと納税者は乗船招待も☆琵琶湖疏水通船復活☆京都⇔大津【ニュース】

【京都のキセキ】来春から本格乗船スタート!ふるさと納税者は乗船招待も☆琵琶湖疏水通船復活☆京都⇔大津【ニュース】

来年で明治元年から節目の150年を迎えます。そんな年を記念するプロジェクトが動き出そうとしています。京都、大津間を琵琶湖疏水を船で行き来してみよう!というもの。来春からスタート。
【京都伏見】休日は公共の体育館でスポーツ三昧!いい汗流して気持ちのいい時間を☆「醍醐地域体育館」

【京都伏見】休日は公共の体育館でスポーツ三昧!いい汗流して気持ちのいい時間を☆「醍醐地域体育館」

京都市内にある地域体育館、運動公園でスポーツを楽しみながら休日を過ごすというのはどうでしょう?市内には施設が数多くあり、利用しない手はない!で、連休中に久々に利用してみました。
【京都朝活観光】第2・4日曜日開催の南禅寺無料座禅会!見頃間近の紅葉を借景に座禅体験☆

【京都朝活観光】第2・4日曜日開催の南禅寺無料座禅会!見頃間近の紅葉を借景に座禅体験☆

京都屈指の観光名所。紅葉シーズンは特に人気のスポット。そんな南禅寺で毎月第2・4日曜日に開催される無料で参加できる暁天座禅会。深まる紅葉を借景に座禅を組む、素晴らしい体験。
【京都国立近代美術館】日本国内で唯一開催!総合芸術学校創立100年を記念した展覧会☆「バウハウスへの応答」

【京都国立近代美術館】日本国内で唯一開催!総合芸術学校創立100年を記念した展覧会☆「バウハウスへの応答」

日本では巡回なしの唯一開催になります。岡崎・京都国立近代美術館で絶賛開催中の展覧会。会期中、無料観覧日を設けていたり、週末には夜間開館も実施され、避暑観覧も。初日に行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers