2022年10月19日 更新

唯一無二"さば竜田揚げがのっかった“和風ラーメン!北野天満宮近く「なぶら」

2022年8月、35年間、和食店の料理人だったご店主がオープンされた和風ラーメン店「なぶら」なり。

和食の料理人が作る、さばを使った和風ラーメン

 (230977)

今年はどういうわけだか麺類ネタが多いのですが、またまた非常~に美味しいお店に当たりましたので気合を入れてご紹介。
お店の名前は「なぶら」。35年間、和食店の料理人だったご店主が、この8月開店されたラーメン店。過去、レギュラーメニューで出しているお店はまず無いであろう!と思われる「鯖竜田揚げがのっかった和風ラーメン」のお店なのだ。

場所は、北野天満宮の南東方面で、上七軒の交差点を南に100mほど下がったところ。近隣のコインパーキングに車を停め、やってきた12:00少々過ぎ。お店は11:30オープンなのですが、しっかりカップル3組の行列が。 昼営業だけなので、その影響なのか、いやはや既に大人気ですな。
 (230978)

お店の入り口にメニューが張り付けてあるので、さあ何を食べようかということに。基本、ラーメンとつけ麺の2種でご飯物が色々と。唐揚げも美味しい!との情報。悩みますな。。。丁度、お客様の入れ替わりタイミングなのか、5分ほどで我々の順番に。
 (230979)

入り口の前に直ぐミニサイズ券売機が設置されていて、ラーメン並¥880+鯖竜田揚げ増しで¥100、相方はつけ麺並¥900を注文。唐揚げも気になるのですが、ここではこれを食わねば!と「鯖ほぐしご飯」¥350も注文。
 (230980)

ラーメン店とすると、かなりゆったりした作り。坪庭完備の京町屋リノベーション物件。2人掛けテーブル2卓、4人掛けテーブル1卓、カウンターが8席ぐらいかな。
カウンター席の角っこに席確保!
 (230981)

紙製のランチョンマットがなんだかオシャレ。スープが麺に非常に良く絡むので、食べ終わるとお汁の点々だらけになるのが若干悲しいのですが、ランチョンマットの本来の目的は達成されているような。
 (230982)

で、お店のこだわりと、テーブル上に置いてある味変アイテムの説明書きなど眺めつつ、お料理を待つのですが、おろしニンニク、黒胡椒に粉山椒、辛味噌がスタンバイ。

 (230983)

多分、この手のお店で「長文屋」の粉山椒を採用しているのは、非常に珍しいでしょうな。ま、本店がお近くにあるので、そのご縁ではないかと。 で、注文後8分足らずで、お料理がババーンと登場。
 (230984)

こういう佇まいです。先ほどの説明書きにあるように、鯖と昆布がダシのベースで、野菜の粒粒感、それにトロミがある醤油系スープ。鯖の身の刻んだものが入っているようで、たまにコツコツと歯に当たるのが特徴。生臭さはまったく感じず、動物性食材、化学調味料は不使用が売り。しかし塩分が理想的ですな。多分、トロミは野菜由来であろうなあ!と思ってキッチン内を見ていたら、御店主が鯛をさばけそうなでっかい包丁でジャガイモを剥いておられたので、当たっているのでは!と思います。もっと色々と野菜が入っていそうなスープですが。
 (230985)

麺は非常にしっかりと太目の平打ち麺で、そんなに固くない茹で上がりの全粒粉縮れ麺という、これまたあまり無いタイプ。とろんとしたスープを大量に纏うのが特徴。非常に優しい味わいですが、頼りなさはなく、ちゃんとラーメンだよ!と主張するのだ。

で、具材は、醤油ダレ、それに生姜の風味が効いた鯖の竜田揚げ。トッピング追加していますので、沈んでおりますが2つ!というしっかり量。味玉半個に刻み葱、海苔と言う布陣。 魚の中で、青魚が一番好き!と明言している我が家なので、ま、なんの文句があろうかと。まさかの、ラーメンに鯖!ですが、鯖を竜田揚げにしているので香ばしさが加わり、良く合うなあ!という感想。骨も抜いてありますし、誰でも食べやすいと思います。
 (230986)

で、つけ麺もほぼ同時に登場。スープはラーメンより塩分を追加でのせた!という感じで、傾向は同じ。トロミは更に強めかな。
 (230987)

麺はラーメンに採用している一回り細い、つるつるした食感のコシあり中太麺なのだ。これも美味しいですが、先ほどの太い麺もつけ麺で食べてみたいかもですな。つけ麺は、仕上げに割りスープをポットで出してくれるので、ほっこりできます。
 (230988)

で、鯖ほぐしご飯がこちら。砂糖醤油系の甘辛味に炊いた鯖のほぐし身が具材なのですが、これまた旨いじゃーん!という感想。鯖由来でこういう味付けのものを食べたのは初めてだと思うのですが、これまた是非食べてもらいたい一品でした。

接客も万全で、総合力が非常に高いラーメン店。更にこんなメニュー、よくぞ思いつくなぁ、なのですが、アイデアが空回りしていない一品ですな。ま、魚が嫌いな人はどうかなー?なのですが、青魚好きなら、絶対に挑戦する価値アリ!な優れモノ。間違いなく、また、来ると思います。御馳走様でした&大!オススメいたします。

店舗情報

店名:なぶら
住所:京都市上京区笹屋町5-323-2
営業時間:11:30~14:30
定休日:月曜日
TEL:075-432-7587
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。

オススメの記事