2017年5月3日 更新

【探さない…まつの。】松野醤油 ~まろやかな主張~ @鷹峯 Matsuno soy sauce

京都市北区、鷹峯にあるお醤油専門店、「松野醤油」さんをご紹介します。 I introduce "Matsuno soy sauce" in Takagamine area.

緑に囲まれた地、鷹峯 Takagamine, surrounded with mountains

 (76558)

千本通りが終わる場所、それが鷹峯です。佛教大学を10分も過ぎると空気がガラッと変わり、静かな雰囲気に。同じ市内ですが、ずいぶん遠くへ旅をしているような感覚に包まれます。
Takagamine area locates at the end of Sembon street. It gets quiet after 10 minutes passed the Bukkyo Univ. It makes you feel calm as if you were traveling so far away.

創業1703年!貫禄の外観です。Established in 1703! The exterior has much dignity.

 (76562)

松野醤油ができたのは1703年。実に300年以上も味を守っているのです。
今の建物になったのは1849年。貫禄のたたずまいは、まるでここだけ時が止まっているかのよう。
Matsuno soy sause was established in 1703, they keep their own taste for more than 300 years.
This building was build in 1849. Only this house doesn't get old since that period.

店内へ into the shop

 (76566)

 (76567)

店内に入ると、お醤油のいい香りに包まれます。棚には、お醤油を中心に、みそ、柚子ポン酢などがずらり。3本、5本などパックになっているものもあるので、贈答品として選ぶ方も多いのでしょう。それぞれ試飲も可能です。
It smells soy sauce as soon as you come in the shop. There are some kinds of soy sauce, Miso, Yuzu-citrus soy sauce. You can try most of the sauces.

創業300年の味、いかに。 How does "300 years" taste?

 (76569)

こちらは看板商品の「さしみ醤油」。「麹を塩水に仕込んで一年熟成させた後に、再度麹を加えてもう一年熟成してるんです。」と、奥さんらしき店員さん。
塩分も低めに抑えてあるそうで、さしみ醤油ですが、煮物に使っても合うそうです。
今回はシンプルにお刺身でいただきました。


濃い。
一般的な醤油と比べてかなり濃厚で、醤油としての主張をはっきりと感じます。
「醤油辛い」という感覚はなく、フルーティで、のど越しがいい(醤油にこの表現は適切かわかりませんが)とさえ感じました。
ただ、口の中にしつこく残らず、スッと消えていく感覚。初めての体験でした。
それゆえに中毒性があり、何度も口に運びたくなるお味です。

これほどの濃厚さを持ちながら、溜まり醤油の製法ではないそう。
んー、不思議。
ですが、300年間変わらない製法と、完成まで2年の歳月を思うと、納得のお味です。

常に冷蔵庫に置いておきたい。
おみやげに買うものがパターン化している人におすすめしたい。
そんなお醤油でした。

This is a "Sashimi soy sauce"
A staff said it takes 2 years to make this. It's salt-reduced, so it's not only okay for sashimi, but every dish.
The taste is...RICH.
Comparing to usual one, it express the taste of soy.
I don't feel salty, it's fruity and smooth.
But it doesn't stay in the mouth long, it vanish soon.
This is the first experience for me.
It makes me eat it again and again...

300 years make this awesome taste.
Try it if you're interested in it:)

Daichi

松野醤油 SNSの反響

松野醤油 店舗情報

店名:松野醤油
住所:京都市北区鷹峯土天井町21
電話番号:075-492-2984
営業時間:9:00~18:00
定休日:木曜日
店舗HP: http://www.matsunoshouyu.co.jp/
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都中華めぐり】上賀茂神社スグの穴場的名店!皮から手づくりの名物餃子必食☆「中国料理ワンワン」

【京都中華めぐり】上賀茂神社スグの穴場的名店!皮から手づくりの名物餃子必食☆「中国料理ワンワン」

上賀茂神社スグの場所にある、夜しか営業してない比較的古い、知る人ぞ知る中華料理店。皮から手づくりの餃子はこちらの名物。久々に行ってきました。
【京都銭湯めぐり】京都銭湯界の真打!国の登録有形文化財に登録されるレトロ感☆電気風呂パイオニア「船岡温泉」

【京都銭湯めぐり】京都銭湯界の真打!国の登録有形文化財に登録されるレトロ感☆電気風呂パイオニア「船岡温泉」

京都銭湯界の真打登場です(笑)鞍馬口通り沿い。大正、昭和と受け継がれた歴史風情を感じる銭湯建築は国の登録有形文化財。そして、日本初の電気風呂を設置した銭湯。
【京都ランチめぐり】週末だけ営業の隠れた名店!30年の年季とコスパいい手打ち蕎麦◎「綱道」

【京都ランチめぐり】週末だけ営業の隠れた名店!30年の年季とコスパいい手打ち蕎麦◎「綱道」

地下鉄北大路駅スグの場所にある隠れた手打ち蕎麦の名店。といいつつ、最近は手打ちうどんが有名なんだとか。コスパいいメニューは今も健在。久々に食べてきました。
【京都土産】皇室御用達の御菓子!素朴な味わいのロングセラー銘菓『白川路』はとまらない美味しさ☆「田丸弥」

【京都土産】皇室御用達の御菓子!素朴な味わいのロングセラー銘菓『白川路』はとまらない美味しさ☆「田丸弥」

紫竹エリア、大徳寺にほど近い場所にある創業江戸時代で十七代続く昔ながらの製法にこだわる、手焼きせんべいの老舗。素朴な味わいの『白川路』は皇室御用達の煎餅。
【京都パンめぐり】絶滅危惧種!幻のレトロパン『ニューバード』発見!地元民御用達の老舗店「バード新町」

【京都パンめぐり】絶滅危惧種!幻のレトロパン『ニューバード』発見!地元民御用達の老舗店「バード新町」

たまたま北大路新町界隈を歩いていて発見。今はなき老舗パンチェーン店「バード」の支店。そして、京都発祥パンともいわれている名物レトロパンも発見。食べてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Dai Dai