2019年2月23日 更新

京都産クラフトビールと炭火焼イタリアンの組み合わせ「Kyoto FOOD HUB & LABO」

地下鉄十条駅近く、京都産のクラフトビールの京都醸造とイタリアンが楽しめるお店「Kyoto FOOD HUB & LABO」なり。

十条でクラフトビールとイタリアン

 (145782)

地下鉄十条駅でエレベータでしか上れない4番出口を出て、西に向かうとすぐ、住宅街の中に大きくてお洒落なお店が見えてくる。お店の名前は「Kyoto FOOD HUB & LABO」、十条にあるビール醸造所「京都醸造株式会社」のクラフトビールが必ず飲める炭火焼イタリアン的なお店。
 (145783)

おほー、まさかこういう雰囲気とは!なしっかりBar的にも使える店内。十条周辺には最近、ホテルやゲストハウスが沢山出来ておりますので、そこから流れてくるお客さん狙いなのでしょう。 
 (145784)

巨大オープンキッチンにはシェフが1人。フロア担当のおねえさんからお好きな席にどうぞ!と言われ、隅っこの全体が分かる位置に座るのだ。カウンター席が10席ほど、1Fだけで30席強はありますかねえ。2階にも10名以上入れるパーティスペースがある巨大店。
 (145785)

平日はワンプレートランチやパスタランチがスタンバイしているのですが、土日祝はランチも夜メニューと同じ、というシステムのようです。メインメニューは、US産牛のTボーンステーキで700gから!というダイナミック!なメニューなのですが、今日は軽ーくビールを呑もう!という作戦なので、そういうのに合わせたアテを数種、パスタで仕上げよう!という作戦。
 (145786)

で、ドリンクメニューのほんの一部のビール部門。京都醸造は西九条にある会社でウエールズ・カナダ・アメリカからやってきた三人の男たちが作ったクラフトビール醸造所。西九条の醸造所にも直営のビール試飲スペースがあるのですが、ま、アテ重視派な我々は、しっかり系アテを頂けるこちらを見つけたわけで汗汗
 (145787)

で、3種類の呑み比べセットが¥1000であったので、まずはそれを注文。合計600ccほどですかねえ。右がベルギーストロングダークエール「強くあれ」、中央がアメリカンアンバーの「夕暮れにほえろ」、左が黒ビールの「夜の帳(とばり)」なり。なんだか詩的なネーミングを考えられますな。どれも旨いのですが、一番先に無くなったのは「夜の帳」でした。
 (145788)

まずは、牛ホルモンのトマトとプッコチの煮込みで¥900なり。韓国産の辛い唐辛子「プッコチ」を使っているのですが、そんなに激辛でなくて程よい刺激。ハチノスのみを柔らかーく仕上げていて、これは超ウマですな。ビールがめっちゃすすみます。
 (145789)

ソースが美味しいので根こそぎ頂くためにパンを注文。自家製のふわふわ系フォカッチャでした。
 (145790)

今日は豚のパテが切れていまして鴨のパテがあります!、とお聞きしたのですがパテというよりリエットのような。これも非常にパンに好相性な¥700なり。(これは柔らかいフォカッチャよりもバリバリのバゲットのほうが好相性かな。) 程よいハーブ類の香りが食欲を倍化!させる効果。いやー、気に入りました。
 (145791)

で、追加でビールのSサイズを。スコットランドのブリュードックなる作り手で、パンクIPA¥550を薄張りの上品なグラスで。さらりと呑みやすい感じで。
 (145792)

相方は再び「夕暮れにほえろ」を。これがアルコール5°で、一番軽いもの。京都醸造の他の2種は8°以上もあるので、ちびちび頂く用のお腹にたまるコクしっかりビールという感じ。
 (145793)

自家製のソーセージがあったのでつい注文。焼けるのに30分ほどかかりますが!とのことでしたが、先のお料理を摘まみながら丁度いい時間配分でした。これはにんにく&ハーブ味で¥800なり。他にも面白いソーセージが計4種。ゴルゴンゾーラとビーツ、グリーンカレー、トマトと菊菜というどういう味かな?と気になる布陣。
 (145794)

結構大きいもので1人1本でランチ用メインの皿なら十分かもです。つい白グラスを追加し、更にいい気分に。ちゃんとグラスワインメニューが別にあり、白3種類。たしか、南アフリカのシャルドネ¥750をチョイス。
 (145795)

で、パスタは4種類ほどあり、ショートパスタのリガトーニをお願いする。自家製パンチェッタと玉ねぎのトマトソースで、概ねアマトリチャーナなのですが、程よい甘まろやかさで固めのパスタ茹で加減とマッチしてなかなか美味しいです。量もしっかり!な¥1400なり。

以上で¥7000ほどと、お手頃価格ではないですが、上等クラフトビール付き軽呑みランチなら納得価格かな。クラフトビール好きなら覚えておくと良い一軒(しっかり呑むと高くつきますが!)
 ご馳走様でした、実は、インスタで見かけた平日のワンプレートランチがなんだか非常に旨そうだったので気になっております。次回は平日休みの際にぜひ。

クチコミでの評判

基本情報

Kyoto FOOD HUB & LABO (キョウト フード ハブ & ラボ )
住所:京都市南区東九条南河辺町57-3
営業時間:【平日・土・日】ランチ 11:30~14:30 (L.O.14:00)
【火~土】ディナー 17:00~23:00 (L.O.22:00)
【日】ディナー 17:00~22:00 (L.O.21:00)  月休 ・ 第3火休
TEL:050-5596-3340

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都酒場めぐり】キリンビール監修の京町家でクラフトビールランチ!造りたてのホップ香る☆「スプリングバレーブルワリー京都」

【京都酒場めぐり】キリンビール監修の京町家でクラフトビールランチ!造りたてのホップ香る☆「スプリングバレーブルワリー京都」

オープンから1年。すっかり人気定着の大手ビールメーカー・キリンビールが手掛けるクラフトビール店。京町家リノベーションの落ち着いたたたずまいのお店。昼呑みで行ってきました。
ランチタイム過ぎても夕呑みできるパラダイス人気店!アテの高クオリティにまた感動☆「柳小路TAKA」【四条河原町】

ランチタイム過ぎても夕呑みできるパラダイス人気店!アテの高クオリティにまた感動☆「柳小路TAKA」【四条河原町】

いいお店というのは、自ずとリピート率高し。中途半端な午後3時過ぎ。それでも美味しいお酒とアテを求めるならここ。いつもは立ち呑みが多いんですが、今回は2階のテーブル席でゆっくりと堪能。
【京都モーニングめぐり】伏見の話題沸騰クラフトビール新店で茶がゆ朝食!おばんざい付で充実☆「家守堂」

【京都モーニングめぐり】伏見の話題沸騰クラフトビール新店で茶がゆ朝食!おばんざい付で充実☆「家守堂」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都の酒処・伏見に6月9日オープンしたクラフトビール醸造所。すでに話題沸騰店で先日夜に伺いましたが、今回は朝食をいただきに行ってきました。
【新店】京の酒処・伏見に新名所!古い茶舗リノベーションの京町家クラフトビール醸造所「家守堂(やもりどう)」

【新店】京の酒処・伏見に新名所!古い茶舗リノベーションの京町家クラフトビール醸造所「家守堂(やもりどう)」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都の酒処・伏見に6月9日オープンしたクラフトビール醸造所。すでに話題店で店内は平日ながら大盛況。行ってきました。
【新店】京都駅南エリアに4月オープンの注目店!日本酒も呑めるスペインバル☆「アブラモス(Hablamos)」

【新店】京都駅南エリアに4月オープンの注目店!日本酒も呑めるスペインバル☆「アブラモス(Hablamos)」

おおきに~豆はなどす☆今回は4月1日にオープンしたスペインバル。スペイン料理とスペインのお酒を楽しめるのはもちろんだが、日本酒の品ぞろえも抜群。スペイン料理と日本酒の新たなマリアージュも楽しめそうな注目店。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。