2019年9月12日 更新

【京都ラーメン】厳選区 一乗寺の老舗・中華そば専門店「珍遊 一乗寺本店」

言わずと知れた京都の超有名ラーメンストリート、一乗寺。その中でも老舗のザ・中華そば、珍遊。創業昭和25年。“見た目はこってり、後味さっぱり”のスローガンよろしく、昔ながらの懐かしい味のラーメンでした。

ラーメンストリート一乗寺の老舗・中華そば専門店

 (163108)

叡山電鉄一乗寺駅より西へ徒歩5分ほど、有名なラーメンストリートがあります。ラーメン好きなら誰もが一度は行きたいと思うであろうラーメンの聖地。お店からすると激戦区。その一角にある、中華そば専門店・珍遊。創業昭和二25年、まさに老舗です。
 (163110)

入り口前の看板。そそられます。単品からセットまで色々ありますね。
 (163116)

お昼を回った時間帯なのと、写真を撮ったのが帰り際で人が少なそうに見えますが、平日の13時過ぎに入ったときはほぼ満席でした。
 (163111)

個人的に、気になったのがマンガ。「北斗の拳」と「蒼天航路」が置いてある!どちらも大好きなのでテンション上がってしまいました。ラーメン来るまで読みふけりましょう笑

“見た目はこってり、後味あっさり”の絶妙なザ・中華そば

 (163112)

今回は、半チャンセット(880円)をオーダー。ラーメンは、麺の硬さ、ネギの量、背油の量を選べます。写真は、麺ふつう、ネギ多め、背油多めです。見た目からしてめちゃくちゃうまそう!!
 (163113)

スープ。背油多めにしていますが、ホームページのキャッチフレーズより、まさに“見た目こってり、後味あっさり”。口に含むと濃厚な味わいが広がりますが、スーッと、後に引かず、さっぱりとした食感と風味が残ります。
 (163114)

麺はストレート、もちもち。黄色がかったザ・中華そば。
 (163115)

セットの半チャン。しっかりと炒められていて、レンゲですくうと、ごはん一粒一粒がパラパラとこぼれていきます。
 (163117)

ごはん一粒一粒が、コーティングされているかのように、味がしっかりとついています。めちゃくちゃ美味しいです。こういうチャーハンは久々に食べました。最高ですね。

ラーメン激戦区の一乗寺で、昭和25年から続く老舗には、やはりそれだけの理由があるのだなと。納得しました。また来ます!

「珍遊」の口コミ

基本情報

店名:珍遊 一乗寺本店
住所:京都府京都市左京区一乗寺払殿町24
電話番号:075-702-2944
営業時間:11時00分~0時00分
定休日:不定休
公式HP:https://www.chinyu.jp

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TOMY TOMY