2019年10月28日 更新

【京都モーニングめぐり】地元民御用達の破格580円朝食!コーヒーは安定のワールドコーヒー☆「コロラド」

おおきに~豆はなどす☆今回は東山二条にある、古い喫茶店。京都のコーヒーチェーンでおなじみ、ワールドコーヒー系列のかつてのチェーン店。580円モーニングは地元ファースト価格。

朝7時半営業の地元民御用達モーニング

 (168152)

東山二条をさらに西へ。
この日朝食を食べようと、この界隈をウロウロしてたんですが、どこも8時以降のオープンの様子。待つこともできましたが、たまたまこの店前を通りかかると営業中とのこと。こちらは7時半から営業。

一度食べてみたいとは思っていたお店でしたが。
 (168153)

見るからに古い雰囲気の町の喫茶店といった風情。
そして、古くから京都に住む人には知られる「コロラドコーヒー」の文字。店名自体も『コロラド』ですが。

昔は「コロラド」という名前の喫茶店が京都市内にたくさんありました。要はコーヒーチェーン店。
 (168154)

看板も、そのチェーン店である証なんですが。

この看板からも察することができますが、コロラドコーヒーは京都コーヒー専門店の老舗であるワールドコーヒーの系列店。直営コロラドコーヒー店は今でも繁華街に存在しますが、それ以外のお店は徐々に姿を消し、数が少なくなっている状況と言えます。

そんな歴史あるお店の一つ。
 (168159)

店内は大きな窓から光が差し込み、植栽も配置されて、朝食にふさわしく明るい雰囲気。テーブル席とカウンター席があり、今回は二条通りに面した窓際のテーブル席へ。

年配の女将さんがおひとりで切り盛りされていました。
 (168160)

店内にはこんなマガジンラックが2カ所配置され、新聞も各種ありました。喫茶店のスペックとしては完璧。
 (168155)

モーニングメニューはこの2種類。今回は580円のモーニングセットを注文。
 (168156)

他にも、サンドイッチやホットサンド、ホットケーキなど。タマゴサンドも厚焼き系みたいです。
 (168157)

軽食類、スパゲティーやピラフ、カレーなど一通り。
ナポリタンスパゲティーのことを『イタリアン』と呼んでるあたり、老舗らしいですね。京都では古いお店ほど『イタリアン』と呼びます。
 (168158)

ジュースやスイーツ類など多彩。
 (168161)

で、しばらくして登場したモーニングセット580円。申し分ない画ですが。
 (168162)

こんがりと焼かれた山型トーストに、プレーンオムレツ、ベーコン、フレッシュなサラダ。とてもバランスのとれた朝食の定番が並んでいます。
 (168163)

コーヒーのカップ&ソーサーにはコロラドコーヒーのロゴが。
おそらくコロラド系列では、どこもこんなロゴ入り食器を使用されてるんだと思います。
 (168165)

まずはオムレツとベーコン。オムレツの卵は2個くらい使われていて、けっこうたっぷり。ベーコンとケチャップをプレーンのオムレツと一緒に食べると、なんとも家庭的な朝食感。
 (168167)

サラダは千切りキャベツをベースに、ミックスベジタブル、レタスなど。フレンチドレッシングがうっすらかかっています。ちょうどいい箸休め。
 (168169)

トーストもうっすらバターが塗られいて、香ばしい中にしっとり感。
コーヒーはわりと濃いめの焙煎と抽出で飲みごたえありのブレンド。ちょうどいいバランスで完食。

会計の際、当然消費税つくのかと思ったら、580円ポッキリの地元民ファースト価格。繁華街では580円出してもコーヒー1杯すら飲めないお店が増えつつある中、貴重なお店とも言えますね。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

住所:京都市左京区岡崎徳成町7-2
電話番号:075-761-4119
営業時間:7:30~17:00
定休日:木曜日

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな