2017年1月10日 更新

京都の紅茶専門店パイオニア!創業1930年の老舗ティーハウスは京都人の憩いの場☆「リプトン 三条本店」

ここを知らない京都人はいないくらい、もう当たり前のように昔から存在するお店。紅茶専門店でありながら、ケーキやパフェ等のスイーツ類から、レストランかと思う洋食メニューも充実。使い勝手よく、昔も今も絶大な人気のお店。

買い物帰りの休憩場所の定番スポット・リプトン

 (68422)

新京極商店街・三条通。もう地元民で知らない人はモグリって言うくらい昔からある喫茶店。

創業1930年(昭和5年)、まだ回りに何もなかった時代に「リプトン本社直轄喫茶部 極東支店」として、ここ三条にティーショップをオープン。
 (68424)

リプトンというと紅茶専門店ではありますが、スイーツ類が名物というイメージ。ケーキやパフェが充実していて、よく買い物帰りや街に出た時の休憩スポットとしてリプトンに立ち寄る、というのがひと昔前の女子の定番コースというか(笑)
 (68423)

なので、今でも店頭のショーケースには色とりどりのケーキ類。季節のフルーツを使ったものも。
 (68425)

そんなことで、もともとスイーツ好きの女子が集うお店というイメージでしたが、最近はフード類が充実。サンドイッチなどの軽食類から洋食レストランを思わせるようなメニューまで。

最近知ったんですが、京都で一番メジャーで人気のトンカツ店「かつくら」はリプトンが手がけるお店。なので、最近のこのガッツリ食事系メニュー充実の流れ、わかるような。
 (68426)

昼時、ちょっと早めの入店。徐々にランチ目当てのお客も増えて席が埋まっていきます。キャパはわりと大きめですが。

フード類もいろいろ充実

 (68427)

そして、こちらはランチメニュー。けっこうしっかりな洋食メニュー。洋食弁当みたいなメニューも以前あったような。朝から夜まで通し営業で洋食メニューも充実してて、使い勝手がホントにいいんで今も人気なんでしょうね。
 (68428)

他にもパスタやオムライス、グラタン類。
 (68429)

看板メニューの紅茶もいろいろ。

お得意のスイーツメニュー

 (68432)

スイーツ類も忘れてはいけないリプトンの定番メニュー。
 (68431)

季節のフルーツを使ったスイーツ。今はイチゴみたいですね。リンゴの時もありました。
 (68433)

サンドイッチ類はテイクアウトもできます。

ランチ限定メニュー

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都の老舗ティーカフェで絶品ケーキと紅茶三昧★「リプトン ティーハウス 四条店」

京都の老舗ティーカフェで絶品ケーキと紅茶三昧★「リプトン ティーハウス 四条店」

全国的にも有名な紅茶メーカー。発祥地は京都。グルメなフードメニューに紅茶派のみならず、コーヒー派も楽しめるカフェメニュー達。有名パティスリーを凌駕する自家製ケーキと、京都を代表するエレガントなカフェレストラン。
老舗青果店が営むフルーツカフェでいちご三昧の幸福感*ARROW TREE 京都三条店 (アローツリー)

老舗青果店が営むフルーツカフェでいちご三昧の幸福感*ARROW TREE 京都三条店 (アローツリー)

西宮発祥老舗青果店が営むカフェ。果物のプロが目利きした新鮮な果物を贅沢に使用したケーキはダイナミックなワンカット。果物の旨味を閉じ込めたフレッシュジュースでいちご三昧なティータイム。
京都フォトジェニックスイーツ|年中いちご三昧、ジャンボいちごパフェ 「STAR(スター)」【新京極】

京都フォトジェニックスイーツ|年中いちご三昧、ジャンボいちごパフェ 「STAR(スター)」【新京極】

私達を魅了してやまない新京極No.1の老舗洋食店。威風堂々とした出で立ちで現れたいちごとたっぷりクリームのジャンボチョコイチゴパフェはクレイジー&スイートです。
三条富小路の京町屋カフェ|胸キュンラテアート*キッサマスター(KissaMaster)

三条富小路の京町屋カフェ|胸キュンラテアート*キッサマスター(KissaMaster)

三条通りバックブランド"マスターピース"が営む町家カフェ。日本庭園とスタイリッシュさが融合したハイセンス空間と秀逸コーヒーの最強タッグカフェタイム。
【京都カフェめぐり】京都を代表する老舗珈琲専門店の古式ゆかしいレトロプリン◎「イノダコーヒ本店」

【京都カフェめぐり】京都を代表する老舗珈琲専門店の古式ゆかしいレトロプリン◎「イノダコーヒ本店」

おおきに〜豆はなどす☆恐らく全国的に知られている京都で一番知名度の高い老舗珈琲専門店。創業1940年。昔スタイルのコーヒー『アラビアの真珠』は今も地元年配客に絶大な人気でイノダの看板コーヒー。今回はスイーツを求め、行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな