2019年2月28日 更新

静かな時間が流れる異国空間で至福のティータイム☆「Kito cafe(キトカフェ)」【出町柳】

 出町桝形商店街へ立ち寄った帰り、読みかけの本を片手にこちらのお店へ。小さな看板と、二階へ続く大きな階段が目印です。

異国の雰囲気漂うカフェ

 (136737)

出町柳駅から徒歩10分ほど。河原町通りから商店街へ入り、スーパーアイハートを過ぎて左へ曲がるとすぐに手作りの看板があります。
 (136738)

 (136760)

 どきどきしながら階段を上り、扉を開けると、たくさんの光が射し込んで明るい店内。
ショーケースにはきょうのケーキが並んでいます。店主さん手作りのケーキがあるお店にはおのずと足を運んでしまいます。
中央にはアクセサリーやチラシなども置かれていて、奥にはちいさなギャラリーも。
 (136761)

 コの字形にテーブル席やソファー席が並んでいて、こちらはどっかで見たことあるような椅子。以前のお店は美容室だったのでもしかしたら?
 (136762)

心身ともにリフレッシュしたい気分でしたので、ハーブティをチョイス。
本日のケーキのリンゴタルトとも合いそうなものをお聞きして、レモングラスやローズヒップなどのブレンドに。

「紅玉りんごの焼きタルト」

 (136763)

ケーキセット 900円(ドリンクとセットで100円off)
チーズケーキや季節のタルトなど3種類ぐらいあって、パティシエもされていたという店主さんお手製のケーキ。どれも魅力的でしたが今回は紅玉りんごの焼きタルトいただきました。ハーブティのレモングラスがすっきりリフレッシュな気分に♪
 (136764)

紅玉りんごの美しさ、たまりません。タルト生地は花形の厚めの生地ではなく、適度にさっくりした薄めの生地なのでフォークで切りやすい。いつも硬くてぼろぼろになって別で食べることが多いので、ざくざくっとしたクッキー生地とりんごとアーモンドクリームを共に味わえて美味しかったです☆

 窓際の特等席に座って、ゆっくりほっこり読書タイム。居心地最高でした!おひとりさまはもちろん、大学も近いので学生さんの癒しの場にもなっています。出町座や古本屋などができて最近にぎやかになった出町桝形商店街へ行った帰りに、ぜひ寄り道してほしい隠れ家カフェです◎ランチのフードも充実しているので次回はランチに伺いたいと思います!

キトカフェ (kitocafe) 基本情報

名称
キトカフェ (kitocafe)
住所
京都府京都市上京区一真町67 2F
営業時間
11:00~17:00(FOODL.O.16:30)
定休日
日曜日・不定休
関連URL
https://kitocafe.exblog.jp/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大満足ケーキとくつろぎログハウス空間「セカンドハウス出町店」【京都カフェ】

大満足ケーキとくつろぎログハウス空間「セカンドハウス出町店」【京都カフェ】

大きなケーキと独創的なパスタのお店として京都市内で確固たる地位に君臨した皆様お馴染みのセカンドハウス。 セカンドハウス出町柳よりその歴史は始まりました。
あっさり感が癖になる!新感覚カルボナーラ『セカンドハウス出町店』【京都パスタ】

あっさり感が癖になる!新感覚カルボナーラ『セカンドハウス出町店』【京都パスタ】

創作パスタでおなじみのパスタとケーキのセカンドハウス。こちらのオリジナルカルボナーラはトマトソースを使用した未体験ゾーンの味わいです。
ココロ踊らされるアプローチ♡鴨川のほとりに隠れ家カフェ「蒼々として」オープン!【出町柳】

ココロ踊らされるアプローチ♡鴨川のほとりに隠れ家カフェ「蒼々として」オープン!【出町柳】

看板が無かったらまず通らない路地☆素敵な隠れ家的カフェがまた一つ5/2オープンしました☆表通りからお店へと近づくワクワク感が凄い(^^)たどり着いたお店は期待以上の素敵さでした♡
京都モーニングの代表格|やっぱり美味しい『コーヒーハウス マキ』

京都モーニングの代表格|やっぱり美味しい『コーヒーハウス マキ』

京都モーニングの代表格「マキ」のモーニング。長きにわたり愛されるその魅力は真心たっぷりの料理と家庭的な素朴さにあり。
バーガーlover必食の絶品グルメバーガー、ダイナミックにかぶりつけ!アロハナカフェ【荒神口カフェ】

バーガーlover必食の絶品グルメバーガー、ダイナミックにかぶりつけ!アロハナカフェ【荒神口カフェ】

丸太町エリアのハワイアンカフェ。南国風のプチリゾート空間でダブルのとろけるチーズとビーフの旨味にノックアウト。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

omikan omikan