2018年3月25日 更新

桜の京都!しだれ桜と洋館の共演!重要文化財の「京都府庁旧本館」

京都には桜が名所がたくさんありますが、重要文化財である「京都府庁旧本館」の立派なしだれ桜も有名。歴史ある洋館と立派なしだれ桜の共演、一度は見て頂きたい景色です。

しだれ桜と洋館の共演

 (119071)

御所の西側に位置する、京都府庁旧本館。
旧本館は、明治37年(1904年)に竣工した、レンガ造りの歴史ある建物です。
まだ現役で稼働しており、執務室や会議室として使用されています。

歴史あるこの洋館も魅力的なのですが、中庭の立派な紅八重しだれ桜が有名で、桜の名所としても知られており、トップシーズンには多くの方がこの桜を見に来られます。
 (119072)

正庁から洋館に入るとそこには、大きな窓があり立派な紅八重しだれ桜を確認することができます。
窓枠がまるでフォトフレームのよう。
 (119075)

中庭にでることもできます。旧議場を背にした写真です。
風情ある洋館と立派な紅八重しだれ桜のコラボレーションがお見事。

円山公園の祇園しだれ桜の実生木(種から育った木)になり、円山公園の初代しだれ桜の「孫」にあたります。
 (119076)

紅八重しだれ桜のほかに、紅一重しだれ桜、大島桜、はるか桜が植えられています。
八重しだれ桜の奥にある桜は、紅一重しだれ桜です。
 (119074)

府庁での桜の写真といえば、この構図。
建物の一部をフレームにみたてた定番のショットですね。
 (119073)

旧本庁の2階にあがることもでき、少し違った角度から桜を楽しむことができます。
こちら旧議場向きに、窓枠をフレームにみたてた構図です。
 (119077)

旧議場を背にした一枚。
 (119078)

2階からだと角度がかわり、また違う良さがありますね。
 (119079)

横方向に角度をつけて、八重しだれ桜と一重しだれ桜の共演。
天気もよく、桜がよく映えます。

重要文化財の旧本館

 (119080)

歴史ある旧府庁内を少しご紹介。
ただの廊下ではありますが、レトロ感たっぷり。
 (119082)

2階の南東角には、旧知事室があり、窓からは比叡山をのぞむ抜群のロケーションです。
残念ながら、触れたり座ったりではできませんが、この空間を感じることだけでも、貴重な体験です。
 (119081)

明治38年(1905)から昭和44年(1969年)までは議場として使用されていました。
そののち、平成25年まで府政情報センターとして活用されました。
1階は半円状の議員席、2階は傍聴席になっています。
内部は吹き抜けになっており、アーチ型の曲線や蛇腹型の装飾が施されています。

重要文化財である旧本館と立派な紅八重しだれ桜の共演、一度はみたい京都の景色ですね。

京都府庁旧本館 クチコミでの評判

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都府庁旧本館 恒例行事「観芸祭(かんげいさい)」で芸術・文化の秋に浸ろう【11/12まで】

京都府庁旧本館 恒例行事「観芸祭(かんげいさい)」で芸術・文化の秋に浸ろう【11/12まで】

10/21からスタートしている「観芸祭」。京都府庁旧本館の秋のイベントとしてすっかり定着、今年も数多くの催しが用意され盛り上がっています。会期はあと少しですがまだまだ楽しめますよ!
4月2日まで開催中・京都府庁旧本館「観桜祭(かんおうさい)」衹園枝垂れ桜や容保桜・催し物など多彩【イベント】

4月2日まで開催中・京都府庁旧本館「観桜祭(かんおうさい)」衹園枝垂れ桜や容保桜・催し物など多彩【イベント】

京都府庁で開催中の「観桜会」をご紹介します。期間中はイベント開催はじめ旧本館のガイドツアーもあり、普段なかなか見ることができない府庁を楽しむ事ができますよ。
【観桜祭開催中】洋の旧会館と和のサクラの共演。「重要文化財 京都府庁旧本館」

【観桜祭開催中】洋の旧会館と和のサクラの共演。「重要文化財 京都府庁旧本館」

観桜祭開催中の丸太町の京都府庁旧本館へ。府庁旧本館は国の重要文化財。
「府庁旧本館」が限定公開。レトロな館内でタイムスリップしたみたい!【見学】

「府庁旧本館」が限定公開。レトロな館内でタイムスリップしたみたい!【見学】

府庁で行られたマルシェですが、国の重要文化財の旧本館では、10~16時の間、2階にある旧知事室が一般公開されていましたので覗いてみることに。
京都府庁で食にこだわる1日を☆ 「京都こだわりマルシェ」へ行ってきた!【イベント】

京都府庁で食にこだわる1日を☆ 「京都こだわりマルシェ」へ行ってきた!【イベント】

朝晩はすっかり秋の風が吹いて涼しくなってきましたが、日中はまだまだ暑いですね~。今日はお天気もよく、おでかけ日和でしたので、京都府庁で定期的に行われている「京都こだわりマルシェ」へ行ってきました!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopiカメラ部 Kyotopiカメラ部