2016年9月6日 更新

【穴場】京都でおなじみ「日本一の鰻・かねよ」の元祖!ド迫力のきんし丼は想像を絶する破壊力!!創業明治5年老舗☆「逢坂山かねよ」

京都ではおなじみの鰻の名店「京極かねよ」。じつはその元祖となる店がちょうど京都と滋賀の県境に。もちろん、京極かねよより老舗。そして、ゆったりと名庭のある離れ個室でも味わえる絶好のロケーション。

京都と滋賀の県境にある老舗うなぎ店

 (51050)

国道一号線。車で走っていると、この看板。え?かねよって京極の??まあ、知らない方はそう思うのも当然。

じつは、この逢坂山かねよが本家というか元祖。なので、京極かねよより創業も早く明治5年。もとは親戚筋の暖簾分けで京極かねよが誕生したようですが、今ではお互い全く独立した関係のようです。
 (51054)

ちょうど県境を越え、滋賀・大津市に入ってすぐ。京阪電鉄・京津線の大谷駅すぐ。このあたり一帯はかねよ地帯(笑)つーか、滋賀ネタはアウトやろ!とクレーム入れる気マンマンの方もいるかと思いますが。いちおう、代表からもオッケー出たし京極かねよの元祖ということで、いいんです!!(キッパリ笑)

こちらは800坪の庭園もある座敷側。団体用、個室離れもあり。家族などこじんまりと鰻食べたい時はよく離れを利用してました。人を気にせずゆったり食べられるのがいい。お忍びデートとか♡
 (51051)

 (51052)

そして、こちらはもっとカジュアルな感じのレストラン側。駐車場も広く、観光バスも停められ、団体客にも対応。
 (51055)

うなぎ好きならぜひ記念にハメておきたい!あと、土用の丑の日の記念とか(笑)

元祖きんし丼はさすがの破壊力!

 (53547)

はい、ドーーーーンッ!!!
初めての方なら驚愕です(笑)かなりのド迫力。
 (51057)

だし巻き玉子断面。かなり分厚いです。卵3個使ってるらしい。
 (51058)

もちろんしっかりと香ばしく焼き上げた鰻とたっぷりとご飯に染み込んだタレ。でも、とにかくこのだし巻き玉子のデカさに笑っちゃうほど(笑)
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【体験】旧東海道を歩く!ずい道はマニア必見!!峠メシは激ウマきんし丼!!目指せ京都☆前編【大津宿~山科~三条大橋】

【体験】旧東海道を歩く!ずい道はマニア必見!!峠メシは激ウマきんし丼!!目指せ京都☆前編【大津宿~山科~三条大橋】

最近、旧東海道53次を自転車や徒歩で踏破するのが密かなブームです。秋の行楽シーズンにピッタリのレジャー。今回は滋賀県大津市から終点・三条大橋までを踏破。その前編の様子です。
京都でおなじみ元祖『きんし丼』☆旧東海道の峠越えのボリューミーランチ!鰻の老舗「逢坂山かねよ」

京都でおなじみ元祖『きんし丼』☆旧東海道の峠越えのボリューミーランチ!鰻の老舗「逢坂山かねよ」

京都でおなじみの鰻の名店「京極かねよ」。じつはその元祖となる店がちょうど京都と滋賀の県境に。もちろん、京極かねよより老舗。ちょうど旧東海道、大津から三条大橋へ歩く道中、蒲焼きの香りに誘われて行ってきました。
【京都和食めぐり】創業当初から変わらぬ穴場の高コスパ懐石!破格3900円秋の味覚必食「京料理かじ」

【京都和食めぐり】創業当初から変わらぬ穴場の高コスパ懐石!破格3900円秋の味覚必食「京料理かじ」

京都府庁前にある京料理の名店。創業当初から高コスパの懐石を提供し、そのスタイルは今も変わらず健在。久々に夜うかがいました。
伏見区向島にある穴場和食店|3500円のおったまげコース「おお乃」

伏見区向島にある穴場和食店|3500円のおったまげコース「おお乃」

伏見区向島にある和食店「おお乃」でディナーなり。3500円とは思えないコースを堪能してきました。
京都のうなぎの名店・人気店まとめ!「土用の丑の日」でなくても食べたい鰻丼!【厳選5店】

京都のうなぎの名店・人気店まとめ!「土用の丑の日」でなくても食べたい鰻丼!【厳選5店】

土用の丑の日(どようのうしのひ)には、うなぎを食するという習慣が定着していますが、「土用の丑の日」でなくてもオススメしたい京都のうなぎの名店・人気店を厳選してまとめました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな