2018年6月7日 更新

「旧邸御室」1日20名限定ビアガーデン「麦酒楽庭」【6/18〜23】

平成28年に登録有形文化財になった「旧邸御室」。敷地には見事な日本庭園があり、庭の新緑を眺めながら楽しめるビアガーデン「麦酒楽庭」が開催されます。

500坪の広大な敷地「旧邸御室」

 (125410)

右京区、仁和寺の近くにある「旧邸御室」は、昭和12年に建てられた邸宅です。
随所に趣が感じられる建物は、数寄屋造りの郊外邸宅建築。広大な敷地を有していて、その大きさは何と500坪だそうです。
 (125411)

平成28年に登録有形文化財登録され保全されるとともに、最近では落語やライブイベントが行われるなど、地域の発展や繁栄に貢献しています。
イベントだけでなくレンタルできる邸宅として活かされていて、個人での利用も可能。

7月から始まる「京の夏の旅」で特別公開が予定されているそうで、注目の施設です。

新緑をながめながらオトナのビアガーデン

 (125516)

そんな旧邸御室では、6月18日(月)~6月23日(土)の間でビアガーデンが開催されます。
事前予約制で、1日20名限定。
フリードリンクにフードが3品ついて1人3,500円(フード追加は一品+500円)で、時間は無制限です。

6/18からの第二弾に先だって、第一弾が5/28〜6/2の間で開催されました。
その時に訪問した様子を交えて紹介します。
 (125412)

メインの22畳の広間は、窓の外に見事な日本庭園が広がります。
その景色を見ながらお酒やアテを味わうことができます。
新緑が美しい庭を見てほしいと企画されただけに、それはもう見事な光景。そばの双ヶ岡の斜面がうまく取り入れられていて、立体感があるのが素晴らしいです。
 (125413)

2名利用で、縁側そばの席を用意してくださいました。これはもう特等席ですよね!
この景色だけでも、来てよかったと思いました。
ビアガーデンそっちのけで、しばらく眺め続けてしまいました。

限定20名という事で、席がゆったりレイアウトされていたので、隣が気にならずゆったりと楽しめたのもよかったです。
しっとりとした雰囲気で、オトナのビアガーデンと呼びたくなります。
 (125418)

話を聞いて驚いたのですが、お酒もフードも、飲食の会社が手配しているのではないそうです。
「山三製材所」という会社が建物を管理されているそうですが、ビアガーデンのスタッフもこの会社の方なんだとか。
 (125417)

山三製材所は賃貸業と住宅に関する会社だそうで、飲食とは無関係。通常業務が終わってからみなさん総出で、ビアガーデンの手伝いをしているそうです。

仕事後のビアガーデンでさぞお疲れと思うのですが、皆さん笑顔で丁寧に接客されていて気持ちよかったです。
話もたくさん聞かせていただきました。ありがとうございました!
 (125414)

皆さんの想いやアイディアで決められたのでしょうね。
家庭料理みたいなものばかりで…と恐縮されていましたが、ふんわりな手作りハンバーグや野菜たっぷりサラダは、どれも丁寧に作られていておいしかったです。
 (125416)

 (125415)

特に煮物は、肌寒い中だったのでとてもありがたかったです。お出汁が抜群に美味しくて、最後うどんで食べたかったぐらいでした。

派手さはないかもしれませんが、どの料理にも温かみが感じられてよかったですし、揚げ物ばかりのアテよりよっぽど味わい深いです。
 (125420)

アルコールは、奈良のあらしぼり梅酒や松本酒造の日本酒が用意されていて、どれもおいしかったです。
そしてビアガーデンなのに熱燗があり、つい1本つけてもらい…笑
うつわもとても素敵でした。
 (125419)

館内は禁煙ですが、庭に喫煙スペースが設けられているのでご安心ください。
庭を散策することも可能で、双ヶ岡の斜面に向かって登っていくと、木造平屋建の茶室もあります(内部は見学不可)。

茶室付近からはこのような景色を眺めることができ、見晴らしがよくて気持ちいいです。
この時は天気が悪く見えませんでしたが、左手奥には愛宕山の山並みも見えますよ。

 (125421)

住宅街の細い路地にあるので通り過ぎてしまいそうですが、こんな立派な建物が残っていることに驚きました。
玄関入ってすぐに茶室があったり、洋間にある天井画や、広間の富士山をかたどった欄間など、贅沢で重厚な造りなのが見て取れます。
訪問の際はそのあたりもじっくりと眺めてみてください。

すでに多くの予約が入っているそうで、残席わずかのようです。
気になる方は早めにお問い合わせくださいね。
なお、裸足での来場はNGだそうなので、靴下の準備をお願いします。

EVENT DATA

第二弾開催期間:6月18日(月)~6月23日(土)
開催場所:「旧邸御室」京都市右京区御室岡ノ裾町5
料金:1名 3,500円(フリードリンク+フード3品)◎追加オーダー:1品 500円
営業時間:17:00~21:00( L.O. 20:30 )6/23のみ 12:00~18:00( L.O. 17:30 )
予約受付:075-366-0376(受付時間・10:00~20:00)
アクセス:嵐電北野線 御室仁和寺駅下車 徒歩2分

●事前予約制
●裸足での来場は不可、靴下の準備をお願いします

H.P:https://www.omuro-kyoto.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/%E6%97%A7%E9%82%B8%E5%BE%A1%E5%AE%A4-931303686967179/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【初開催】世界遺産 仁和寺 青もみじライトアップへ行ってきました!

【初開催】世界遺産 仁和寺 青もみじライトアップへ行ってきました!

世界遺産仁和寺初の青もみじライトアップイベントが6月6日~6月16日まで開催されています。幻想的な文化財を鑑賞して、写真に収めることができました♪
m.m
【初ライトアップ】世界遺産 仁和寺 青もみじライトアップ【御室仁和寺】

【初ライトアップ】世界遺産 仁和寺 青もみじライトアップ【御室仁和寺】

初開催!仁和寺で青もみじライトアップが行われます。今まで未開催だったのが不思議ですが、東京カメラ部プロデュースだそうで、どんなイベントになるか?楽しみです♪
m.m
【限定公開】「庭鏡」が美しい「旧邸御室」【御室仁和寺そば】

【限定公開】「庭鏡」が美しい「旧邸御室」【御室仁和寺そば】

通常非公開の「旧邸御室」一般公開が始まりました!旧邸御室が最も美しい季節の公開。「庭鏡」も美しく、今回は茶室への入室も可!新緑が美しい季節に癒されるところです。
m.m
世界遺産の「御室仁和寺」桜は散っても過去から続く雄大な青空を満喫!

世界遺産の「御室仁和寺」桜は散っても過去から続く雄大な青空を満喫!

世界遺産の御室仁和寺はそろそろ桜はエンディングを迎えようとしてます。が、見上げるとなんと青空の綺麗なことでしょう!雄大な伽藍と無限に広がる青い空。今回はこれから空が綺麗なシーズンを前に 仁和寺で見た美しい青空をご紹介します。
【京都世界遺産】桜が散ったらコチラ!ハイキング感覚で京都版お遍路参拝☆仁和寺「御室八十八ヶ所霊場」

【京都世界遺産】桜が散ったらコチラ!ハイキング感覚で京都版お遍路参拝☆仁和寺「御室八十八ヶ所霊場」

桜シーズンも終盤を迎える世界遺産・御室仁和寺。そして、その裏山に四国八十八ヶ所霊場を模した巡拝コース。山登りをしながら参拝でき、1日で踏破できるのが魅力。観光客の多い境内をよそに、行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス