2018年5月2日 更新

【京都の不思議】京都御所にできたナスカの地上絵?世界で最も美しい自転車道「御所の細道」

地元民にとってはごくありふれた風景。でも、観光客や外国人の方には不思議な光景に映るんだとか。

ご存知、市民憩いの場・京都御苑

 (28544)

 (28545)

京都の中心に位置する広大な敷地。緑も豊かで、春の桜、秋の紅葉など四季折々で市民を楽しませてもくれる憩いの場。

そして、見慣れた風景ですが・・・

 (28744)

 (28546)

砂利道中央辺りに、くっきりと刻まれた幅20~30センチの一本の筋。これ、なんだかわかりますか?
 (28548)

地元民は当然のように、ここをスイスイと自転車走行。そう、これは自転車走行の末、自然にできた「轍(わだち)」。自転車に乗られる方はよくご存知のことでしょう。

通称「御所の細道」とも呼ばれているそうです。だからといって、宮内庁の方が掃き清めたり整備されたりしてるわけではありません(笑)
 (28549)

混雑する烏丸通りや丸太町通りを避けて、こちらを抜け道として当然のように利用する地元民。整備して作ったりしたわけではなく(笑)そして、とくにルールがあるわけでもなく、走行者が多い時には皆一列走行。

砂利道だと、ハンドルとられて乗りにくいですからね。効率よく走れます。私もこの周辺の高校出身で、よく部活の練習で御所内ランニングさせられてましたが、皆一目散にこの道を走ってました(笑)だって、疲労度が全然ちがいますからね。
 (28550)

 (28552)

自動車やバイクの乗り入れは禁止ですが、自転車には制限なし。これが皇居ならダメなんだとか。

外国の方には・・・

 (28551)

たまたまかもしれませんが。相当脚力に自信あり、なのか。御所の細道無視走行の外国人の方(笑)

なんでも、外国人観光客にはこの道も日本庭園の様式の一つと思われていたり、ナスカの地上絵のようなものと思われていたりするんだとか。ちょっと面白いですよね!

そして、クロスロードも

 (28553)

 (28554)

場所によっては、こんなふうにクロスするところも。
 (28547)

対向自転車には暗黙の了解で譲り合いながら、また御所の細道に軌道修正。

なんとも美しい自転車道。地元民には当然の風景ですが、ちょっと珍しい古都ならではな風景なのかもしれませんね。

ヨ~イヤサ~♪

京都御苑 への口コミ

京都御苑 基本情報

■住所
京都府京都市上京区京都御苑
■電話番号
075-861-0343
■駐車場

■詳細ページ
http://jodo.or.jp/footprint/07/index.html

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都御苑めぐり】激動の時代の壮絶な激戦ぶりを物語る銃弾痕も☆「蛤御門(はまぐりごもん)」

【京都御苑めぐり】激動の時代の壮絶な激戦ぶりを物語る銃弾痕も☆「蛤御門(はまぐりごもん)」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は京都御苑、烏丸通り沿いに位置する御門。激動の時代を物語る銃弾痕も。
【京都図書館めぐり】京都御苑『森の博物館』でアウトドア読書!バードウォッチングや森林浴も☆「母と子の森文庫」

【京都図書館めぐり】京都御苑『森の博物館』でアウトドア読書!バードウォッチングや森林浴も☆「母と子の森文庫」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回はちょっと珍しい図書館。というより文庫。京都御苑の森の中にあり、野鳥のさえずりや森林浴を楽しみながら読書できる場所。
【京都ぶらり散策】台風の凄まじさ物語る爪痕!倒木多数で立入禁止箇所も「京都御苑」

【京都ぶらり散策】台風の凄まじさ物語る爪痕!倒木多数で立入禁止箇所も「京都御苑」

京の中心地・京都御所をぶらり散策。先週猛威をふるった台風21号の影響がここにも。広大な敷地を誇る御所の大木もかなりの破損。行ってきました。
【保存版】GW中歩きたい☆京都の魅力存分に味わえる道!路!!ロード!!!【厳選5つ】

【保存版】GW中歩きたい☆京都の魅力存分に味わえる道!路!!ロード!!!【厳選5つ】

おおきに~豆はなどす☆あの有名な石畳の道から、昔も今も江戸につづく大動脈のあの道まで!京都の風情あふれる道をあつめてみました。
【京都御苑めぐり】琵琶を家職とした公家鎮守社!立命館大学の基となる私塾址地「白雲神社」

【京都御苑めぐり】琵琶を家職とした公家鎮守社!立命館大学の基となる私塾址地「白雲神社」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は京都御苑内にある神社。公家の一つ・旧西園寺家の鎮守社。現在の立命館大学の基となる私塾のあった場所。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな