2016年9月25日 更新

"世界のハンバーグ えんまん"の跡地にはフランスで修業されたシェフが腕を振るう本格フレンチ「アンペイジ」がオープン!

惜しまれつつ閉店した"世界のハンバーグ えんまん"ですが、その跡地はフランス料理店のアンペイジが9月にオープンしました。

惜しまれつつ閉店した「えんまん」

 (56166)

京都南インター近く赤池の地で、45年あまり営業され、惜しまれつつ3月に閉店した「世界のハンバーグ えんまん」。

えんまん跡地にはオシャレなフレンチのお店が9月にオープンしました。

えんまんの閉店記事は以下をご覧ください。

【惜しまれつつ閉店】大ショック!最後に食べたかった世界のハンバーグ☆洋食「えんまん」【京都南インターそば】

【惜しまれつつ閉店】大ショック!最後に食べたかった世界のハンバーグ☆洋食「えんまん」【京都南インターそば】

跡地には本格フランス料理店がオープン!

 (56168)

窓は少し狭くなりましたが、外観は大きくかわりませんね。外構工事の途中のようなので、完成が楽しみです。

お店の名前は「アンペイジ」。9月にオープンしたようです。
 (56169)

正面からです。大きくは変わりませんが、こう見るとかなりスタイリッシュになりましたね。
店内はゆったりした雰囲気で、完全オープンキッチンでライブ感が楽しめるようです。
 (56170)

逆光で少し見辛いのですが、こちらは玄関アプローチ。これはワクワクしそうですね。
 (56171)

どうやらシェフのご実家が「えんまん」だったようです。

シェフはフランスでも修業をしていたという本格派。色々こだわりが詰まったお店のようです。

駅からは少し離れていますが、一号線沿いとアクセスはよく駐車場も完備です。

基本はコース料理のみのようなので、また機会があれば寄ってみたいと思います。

えんまん へのクチコミ情報

相変わらず写真下手やけど昨日の昼飯うまかった#えんまん#世界のハンバーグ#漬物バイキング

脇本和典さん(@sasuke1219)が投稿した写真 -

アンパイジ 店舗情報

店名:フランス料理 アンペイジ
住所:京都府京都市伏見区中島樋ノ上町55
電話番号:(075) 621 2288
営業時間:12:00~13:30 / 18:00~20:30
定休日:月曜日・火曜日
店舗HP: http://www.anpeiji.com/
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

極太蕎麦とラー油がクセになる!人気ラーメン店が手掛ける新店「蕎麦ヒハマタノボル」【開店】

極太蕎麦とラー油がクセになる!人気ラーメン店が手掛ける新店「蕎麦ヒハマタノボル」【開店】

伏見稲荷の人気ラーメン店「ラー麺 陽はまた昇る」が、同じ伏見の深草に「蕎麦ヒハマタノボル」をオープン!ラーメン店で培ったノウハウを活かした変化球の効いたクセになる蕎麦です。
【新店】京都の美食家注目のガストロノミー料理!和のテイストを用いたフレンチ「Kyo gastronomy KOZO (キョウ ガストロノミー コウゾウ)」【御所南】

【新店】京都の美食家注目のガストロノミー料理!和のテイストを用いたフレンチ「Kyo gastronomy KOZO (キョウ ガストロノミー コウゾウ)」【御所南】

この4月にオープンした新しいレストラン。美食家の間で注目のガストロノミー要素を取り入れたフレンチ店。いや、和のテイストも(笑)どんなアプローチか気になってランチに行ってきました。
クラシックな洋食ランチ「ビストロ暖蘭(だんらん)」@南インター近くの巻っす

クラシックな洋食ランチ「ビストロ暖蘭(だんらん)」@南インター近くの巻っす

伏見区、南インター近くの「ビストロ暖蘭(だんらん)」で洋食ランチっす。クラシックな雰囲気がステキなレストランです。
美しく華やかな京キュイジーヌが楽しめる天空のレストランがニューオープン!!「ビュー&ダイニング COTOCiel(コトシエール)」

美しく華やかな京キュイジーヌが楽しめる天空のレストランがニューオープン!!「ビュー&ダイニング COTOCiel(コトシエール)」

京都駅にあるホテルグランヴィア京都の最上階に、2月20日、ビュー&ダイニング COTOCiel(コトシエール)がニューオープンしました。
ランチでがっつり炭火焼肉がたべたいときはココ!南インター近くの「焼肉 たか家」

ランチでがっつり炭火焼肉がたべたいときはココ!南インター近くの「焼肉 たか家」

ランチでがっつりお肉が食べたいときってありますよね?できれば炭火のおいしいやつ。そんなときにオススメなのが伏見区にある「焼肉 たか家」さんです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン