2021年2月4日 更新

【天神信仰発祥】京都駅スグ!菅原道真を祀る北野天満宮の前身「文子天満宮」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は下京区、京都駅から徒歩10分程度。東本願寺の東側にある天神信仰発祥の神社。学問の神様・菅原道真を祀り、北野天満宮の前身とも言われています。

学問の神様でおなじみの北野天満宮の前身神社

 (200519)

下京区、東本願寺から東へ。渉成園の北西。京都駅からも徒歩10分程度の距離で、間之町通沿いの閑静な場所にある神社「文子天満宮」

学問の神様で知られる菅原道真ゆかりの神社。「天神町」にあります。
 (200520)

社伝によれば、謀反の罪により、朝廷から太宰府への左遷を命じられた菅原道真は、延喜3年(903)わずか2年ほどで無念の死を遂げました。没後、道真の乳母であった多治比文子(たじひのあやこ)は自宅に祠を建てて道真を祀っていましたが、道真のお告げ「われを右近の馬場に祀れ」から、天暦元年(947年)北野の地に鎮座。そのことから天神信仰発祥の神社、北野天満宮の前身とも伝わっています。
 (200521)

ひっそりとした神社ですが、この日節分祭ということでぽつぽつと参拝客も来られていました。
 (200535)

天満宮ということで、鳥居の両側には狛牛。さらにトレードマーク的梅のつぼみも色づき、膨らんでいました。
 (200522)

御手水舎には北野天満宮の社紋と同じ星梅鉢。
 (200528)

本殿。御祭神は菅原道真公。
創建以後、天明、安政、元治の大火で類焼し、その都度再建。現在の社殿は、1918年(大正7年)に造営された建物。
 (200523)

 (200524)

道真が太宰府左遷の途中、腰掛けたとされる腰掛石。面白いことに、石の上には星梅鉢を模してお賽銭が並べられていました。
 (200525)

 (200526)

 (200527)

他、境内には末社が五社あり、こちらは白太夫社(子宝の神)、老松社(植林林業の神)いずれも道真ゆかりの社。
 (200530)

他、相殿 には伴氏(菅公御母君)是善公(菅公御父君)多治比文子(菅公乳母)の三柱が祀られています。
 (200529)

境内全体が屋根付きになっていて、奥に社務所があります。
 (200531)

 (200532)

ここにも来歴にまつわる展示がなされています。
 (200534)

おみくじも天満宮らしい牛みくじは紅梅みくじなどあります。
 (200533)

 (200536)

御朱印も3種類。節分の日に参拝したという記念も込め、紙状ですが御朱印いただきました。
周囲住宅やビルが密集する、ちょっと隠れ家的神社でした。

詳細情報

名称:文子天満宮
場所:京都市下京区天神町400
電話番号:075‐361‐0996
公式サイト:http://ayakotenmangu.or.jp/
22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事

今注目の記事